第一印象を上手に操り、仕事の成果を3倍にする7つの方法

第一印象を上手に操り、仕事の成果を3倍にする7つの方法

こんにちは。仕事で成果を倍にしたいと思ったことはありませんか。仕事で成果をあげることは簡単なことではありません。しかし、心理学を利用して仕事をする環境を快適にしたり、取引先によい印象をもってもらい仕事がスムーズにすることができるのです。

第一印象という言葉を聞いたことがないでしょうか。人の印象は出会った時に7秒できまるといいます。そして、その印象が今後ずっと続くそうです。

最初にいい印象をもってもらわなければそのあとどんなにいいことをしたとしてもいい印象に上書きされないんです。そこで今日は第一印象を上手に操り、仕事の成果を3倍にする7つの方法についてお伝えしたいと思います。



 

第一印象を上手に操り、
仕事の成果を3倍にする7つの方法

 

身だしなみに気をつけよう


第一印象で印象に残るのはまず身だしなみです。清潔感がないと汚い人という印象を与えてしまい完全にマイナスです。仕事でスーツを着る場合、よれよれしたものではなく、ぴしっとしているものを着るだけで印象がまったく違います。

また、髪形がぼざぼざしているとそれだけで不潔に見られがちです。清潔感を大切にしましょう。また、アイテムも大切な身だしなみのひとつです。なりたい自分になれるのです。たとえば、知的に見せたい場合、眼鏡をかけるとそれだけで知的に見えるといった統計もあるそうです。

 

女性には共感を感じさせよう


女性と男性では、「この人自分と気があうな」と思うポイントが変わってきます。女性には共感が大切です。共感をする前に準備としてまず聞き上手になることが大切ですので、まずは相手の話をしっかりと聞きましょう。

相手が女性ならこの時点でだいぶ相手のあなたにたいする印象は良いはずです。なぜなら女性は自分の話を聞いてほしいといつも思っているからです。

そして、話を聞いたら余計な解決策や提案をせずに「わかるわかる」といって共感しましょう。そうすると簡単に心を開いてくれますよ。

 

男性には解決策を提案しよう


女性とは逆に男性は会話をコミュニケーションのツールとして使用しているのではなく、問題の解決や情報交換のツールとして認識している場合が多いのです。

そこで、女性のように無駄に話を長々として、結果共感だけではこいつと話していても全然問題が解決しないと感じられ、あなたにメリットを感じない場合があります。

そこで、男性と話す時ももちろん相手の話をしっかり聞き、その上で解決策を提案してみましょう。また、相手がこうしたらどうだろうと迷っている場合は背中を押してあげると喜ばれますよ。

 

自分の長所は謙遜しないようにしよう


日本人は自分の良いところをなかなか他人に伝えない文化があります。自分のいいところを自分で言うなんて恥ずかしいと思っていませんか。

もちろん自分を過大評価しすぎて自分の自慢話ばかりだと嫌な人と思われてしまいますが、自分のいいところは謙遜せずにアピールしていきましょう。

はじめてあった人には自分をアピールしなくては次に会うことはできませんし、相手がこの人にまた会いたいと思わせなくてはいけないんです。

自分はこういうことが得意だとか、こういう分野なら任せてほしいなどさりげなく伝えていきましょう。何かあったらこの人に聞こうと思ってくれるはずです。

 

相手の行動にあわせよう


ミラーリングという言葉を知っていますか。ミラーリングとは心理学の分野でよく使われる言葉で、人は自分と似ているものに対しては好意を抱き、親密になるという心理です。そこで、初対面でもこのミラーリングをしてみましょう。

例えば、相手が水を飲んだら自分も水を飲む、相手が髪の毛を触ったら自分もずかさず触るという行動です。ただしあんまりやりすぎるとまねていることがばれてしまいますし、逆効果になるので気を付けましょう。

 

良いことをしよう


昔話やことわざにあるように、いいことをすると自分に返ってくるといいますよね。これは本当の事なんです。なにか相手にしてあげたり、好意を示している場合、相手に好意を感じたり、なにか自分も相手にいいことをして返さなくてはいけないという心理が働きます。

返報性の原理といいます。しかし、四六時中好意を見せることは大変ですよね。そこで、話の中でも最初は好意的な事をしなくても、最後に少し好意的な事を言ったり、したりするだけでよいのです。会話の途中でさりげなくごみをとってあげたり、優しくしてみましょう。

 

ハロー効果を利用しよう


ハロー効果とは、たとえば出身大学や、いままでの経歴、コネクションなど自分の後ろ盾となるものを相手が認識してそれだけで高い評価を得られるというものです。

これはビジネスにも応用できます。もしも肩書きがあったら自分の肩書きを名刺などでさりげなく相手に伝えましょう。

また、自分の得意なこと、たとえば日常で英語を話す、資格を持っている、難関大学を出ていたらのそのことを伝えてもいいかもしれません。相手にすごいと思わせたらいいんです。後ろ盾をどんどんアピールしていきましょう。

 

いかがでしたか。

第一印象がいかに大切かわかっていただけたんではないでしょうか。第一印象を良いものにするといいことだらけです。仕事がスムーズにいくこと間違いなしですよ。逆に第一印象が悪いとなかなかそれを変えることが難しくなってしまいます。

緊張するかもしれませんが、自分ならできるという気持ちを持ってくださいね。今日お伝えした方法は大変効果があるので、どれかひとつでも明日からやってみることをオススメします。今日記事を読んでくれた方のお役に立てることを祈っています。

 

まとめ

第一印象を上手に操り、仕事の成果を3倍にする7つの方法

・ 身だしなみに気をつけよう
・ 女性には共感を感じさせよう
・ 男性には解決策を提案しよう
・ 自分の長所は謙遜しないようにしよう
・ 相手の行動にあわせよう
・ 良いことをしよう
・ ハロー効果を利用しよう

第一印象を改善しよう!

あなたの第一印象を劇的に改善するためのワークシート、「ファーストインプレッションチェックシート」をつくりましたので、もし良ければこれを使ってあなたの第一印象を最高のものに変えていきましょう!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント