感謝の気持ちを日常で爽やかに伝える5つの表現の仕方

感謝の気持ちを日常で爽やかに伝える5つの表現の仕方

周りに対する感謝の気持ちは心にあるけれど、それを日常で伝えているかというと…そうでもないという人は少なくありません。

特に自分の気持ちをオープンに表現するのが苦手な国民性というのもあって、感謝の気持ちを素直に伝えるのは何だか照れくさいという人も多いようですね。

少し恥ずかしいと思う気持ちも分かりますが、実際に伝えないのなら相手に気持ちが伝わることはありません。自分のプライドが…とか照れくさいから…という理由で大切な人に感謝の気持ちを伝えられないよりも日常の至るところで感謝の気持ちを伝えた方が自分の心も相手の心も爽やかで晴れやかな気持ちなります。

伝えておけば良かった…と後悔しないためにもその都度気持ちを伝えたられたら良いですよね。そこで今回は感謝の気持ちを日常で爽やかに伝える5つの表現の仕方をお伝えします。



 

感謝の気持ちを日常で
爽やかに伝える5つの表現の仕方

 

素直にありがとうと伝えよう


感謝の気持ちを伝えるための表現としてやはり一番良いのは「ありがとう」と伝えること。シンプルでありながら感謝の気持ちはダイレクトに相手に伝わりますよね。

家族や同僚などこれまであまり感謝の気持ちをありがとうという言葉では伝えていなかったため今更ありがとうと言うのをためらう人もいるかもしれません。

唐突にありがとうと言うのを難しく感じるのであればまず「〜してくれて…」という言葉を発しましょう。例えば「迎えに来てくれて…」という感謝している事柄を口にだすならそれから「ありがとう」の言葉が続いて言いやすくなります。

それにこのようにして具体的に何に対する感謝なのかも伝えるなら相手としても感謝されていることをより嬉しく感じるはず。感謝の気持ちが心にあるなら相手に伝えるようにしましょう。

 

自分がどう感じているのか感情を伝えて感謝の気持ちを表そう


感謝の気持ちを日常で伝えるため、「ありがとう」と素直に言う他にも様々な方法があります。その中でも感謝している事柄、相手がしてくれた事柄でどのような感情を心に持っているか具体的な自分の感情を伝えることによっても感謝の気持ちを伝えることができます。

例えば「〜してくれたから、とても嬉しかったよ」とか「〜のおかげですごく助かった」など相手の言動で自分の心にどんな良い感情がうまれたのかを伝えることができます。

そうすると感謝の気持ちが伝わると同時に相手としても自分の言動で人の心を喜ばせることができたということが明確に伝わり嬉しく思うはず。

気持ちを伝えた自分も、そしてその言葉を聞いた相手も2人とも同時に爽やかな気持ちになれるこの表現方法を試してみましょう。

 

行動を通して感謝していることを示そう


感謝の気持ちを日常で伝えるために、シンプルに「ありがとう」の言葉を述べたり「嬉しい、幸せ!」など感情を伝えるなどの方法を考えました。

しかし口ではそう言いつつも自分の行動がその言葉と伴っていないならその感謝の言葉はあまり相手に伝わらないものとなってしまうかもしれません。

例えば誰かに贈り物をしたとして「すごく嬉しい、本当に気に入った」という言葉が返ってきたのにも関わらず、その人はその贈り物を全く大切にしておらずどこに置いたかも分からない状態、ゴミと一緒に置いている…という状況を目にするなら本当に喜んでもらえたとは感じませんよね。

それで何に感謝の言葉を述べるにしても心からそう思っていることを行動によっても示すようにしましょう。感謝の気持ちが心からのものであることが伝わりますよ。

 

感謝の気持ちに動かされてより積極的に人のためとなることを行おう


感謝の気持ちが心からのものであることを示すため、前述のように感謝の言葉と調和した行動を取りたいですよね。

それは「美味しいご飯を作ってくれてありがとう」と言いながら全く食べないよりも食べ残すことなく美味しそうに食べた方がその言葉の真実味が伝わるということ。

しかし本当にいつも美味しい食事を作ってくれていることに感謝しているならその気持ちを動機に次は自分もその人のためにご飯を作るなど、より一歩前に進んだ積極的な行動によって感謝を表しましょう。

「ありがとう」「嬉しい」と言いながら美味しそうに食べることだけでも十分に感謝の気持ちが伝わるかもしれませんが、「いつも美味しい食事を作ってくれるあなたに感謝の気持ちを込めて今日は私がご飯を作ってみたよ!」というふうに行動するならそれだけいつも感謝してくれているんだなという事が相手に確実に伝わりますよ。

 

いつまでも残る文字にして感謝の気持ちを伝えよう


日常で感謝の気持ちを伝える表現の仕方としてやはりまずは言葉で伝えることがあげられますが、たまにはメールや手紙など相手が何度も見返せる形で感謝の気持ちを伝えてみましょう。

短いメッセージであっても気持ちは伝わるので、「いつもありがとう」とのメッセージを含めてメールや手紙の形で気持ちを書き表してみましょう。

文字にして「ありがとう」という言葉を見るとき相手の心は温まりますし嬉しく感じるもの。確実に感謝の気持ちを伝えられるという点も文字にする方法の良いところ。

贈り物に小さなメッセージカードを添えたり、ケーキのデコレーションや料理のデコレーションでありがとうの文字を含めるのも良い方法ですね。

口にして伝えるのが恥ずかしいと言う人でも事前に書き表したものを渡すだけの方法なので簡単です。互いに爽やかな気持ちになれるこの方法も試してみましょう。

 

いかがでしたか。

感謝の気持ちは日々周りの人に対して感じるものの、確実に伝えるようにしているかというと…そうでもないという人は多いよう。

本当は伝えたいと思いながらその方法が分からないという人もいるかもしれません。それにしても感謝の気持ちを伝える表現の仕方は一つだけというわけではなくいろんな方法がありますよね。

これなら自分にもできる!と感じるものから早速試して周りの人に感謝を伝えるようにしましょう。「ありがとう」「嬉しい」などと感情を伝えたり、それに伴った行動をすること、また一歩進んでその人ために贈り物をしたり積極的に行動することによっても伝えることができました。

また小さなメモやメールなどで文字の形で伝えることも効果的。素直になって気持ちを伝えてみると自分も相手も爽やかになって関係性もグッと近くなるので伝えて良かったと思えますよ!積極的に感謝の気持ちを伝えてみましょう。

 

まとめ

感謝の気持ちを日常で爽やかに伝える5つの表現の仕方

・ 素直にありがとうと伝えよう
・ 自分がどう感じているのか感情を伝えて感謝の気持ちを表そう
・ 行動を通して感謝していることを示そう
・ 感謝の気持ちに動かされてより積極的に人のためとなることを行おう
・ いつまでも残る文字にして感謝の気持ちを伝えよう

人間関係を円満に!

人間関係を改善して、人生を充実させるためのエクササイズ形式のワークシート、リレイションマップを作りましたので良かったら使ってください。リレイションマップのダウンロードはこちらから。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント