職場の人間関係で孤立しない為に行うべき9つの行動

職場の人間関係で孤立しない為に行うべき9つの行動
ストレス社会と言われる現代、その中でも職場の人間関係はストレスの大きな要因となっています。毎日顔を合わせるのが苦痛、昼休みのおしゃべりが億劫、飲み会に参加するのが嫌でたまらない、、、

そんな風に感じている人はたくさんおられると思います。または、同僚とうまくやっているつもりが、なぜか場違いな自分を感じる、、、

そんな方もいらっしゃるのでは?そんな方たちにぜひ読んで頂きたい、職場の人間関係で孤立しない為の9つの行動です!



 

職場の人間関係で
孤立しない為に行うべき9つの行動

 

話すより聞く

良い人間関係を築くための基本になりますが、職場の人たちの話をよく聞くようにしましょう。孤立している人、友人があまりいない人というのは、人の話を聞かない傾向があります。

人は自分の話を聞いてもらえる相手に心を開きます。まずは、”自分の話より相手の話”を心掛けましょう。

 

流行りの話題を把握する

職場での楽しいおしゃべり、毎日顔を合わせる人たちだと、自然とその話題も仲間内でわかる内容のものになってきます。そこで、職場での流行りの話題は何かをちゃんと把握しておきましょう。

興味のないことだとしても、”自分にはわからない話題だ”という態度ではなく、”今はこの話題が面白いのか”と目を向ける努力をしましょう。目を向けることで、自然と会話に入れる時が来るはずです。

 

気を遣いすぎない

自分が中に入ることで、場の雰囲気を乱すんじゃないか。自分みたいな面白みのない人間が会話しても、、、なんて悶々と考えすぎて、何か言われても答えがYesかNoのみ、もしくは相手の求める返事しかできない。

または気に入ってもらえるよう、差し入れを常に持ってきたり、ついついおごったり、、、そんな空回りの気遣いはやめましょう。それは自分勝手な気の遣いであって、相手を思いやる気配りではありません。

職場では適度な気遣いが好まれ、極端なそれは反って、”この人は面倒だ”と思われます。それよりも、会話が少しでもはずむような気配りができるように心掛けて下さい。

 

言葉遣いに気をつける

仲良くやっているつもりが、気付くと孤立していた、、、そんな事はありませんか。その時に思い出して頂きたいことの1つに”言葉遣い”があります。

いくら先輩と気心が知れた仲になったとしても、職場でのタメ口や、冗談でのからかいは御法度。またかわいがっている後輩も、慕ってくれているから何でも言っていい、という訳ではありません。

職場は学生の部活動の場ではありません。社会人として正しい言葉遣いをしましょう。また、上司に対して適切な敬語を使えていない人は、同僚から白い目で見られることも。正しい敬語の使い方などの本を参考にして、マナーある振る舞いをしましょう。

 

聞き取りやすい発声をする

4で挙げた言葉遣いにも通じますが、聞き取りやすく明るい話し方をするのも大切です。語尾がはっきりしなかったり、口の中でもごもご話す、そんな話し方では相手にも自分のことをよくわかってもらえません。

それが孤立につながります。自分の話し方は癖になっているからどうしたらいいか、、、という人は、まず声の大きさと話すスピードを意識しましょう。相手に理解してもらおうという心づもりで話すと、自然と声量もスピードも適度になるはずです。

その際、相手の目を見て話すとより効果があります。

 

飲み会には程よく参加

職場でのストレスの原因にもよく挙げられる飲み会。アルコールが苦手だったり、飲み会の雰囲気が嫌だ、という方も多いと思います。しかし、職場での人間関係を円滑にする方法のひとつがお酒であることも否定できません。

飲み会の場では、アルコールは飲まずソフトドリンクを頼む人もいますし、その場の雰囲気も”和んだ場”と思えば苦手意識も薄れていくのではないでしょうか。

お誘いを毎回断ってしまうのではなく、”早めに帰りますが。”と一言伝えておいて、程よい間隔で参加できるようがんばってみましょう。自分のことを知ってもらえるにつれ、アルコールを無理に飲まされることもなくなり、その場の雰囲気にも付いて行けるようになります。

 

自分のことを少しは知ってもらう

”職場では友人を作るつもりはないから、自分のことを知ってもらう必要はない。””相手の話を聞いていればいいのだから、自分のことは話さなくてもいい。”そんな考えを持っていませんか。

相手の話を聞くことが大事だと前項でお話しましたが、それだけではなく自分を知ってもらう事ももちろん大事です。自分の話を聞いてもらった後は、相手にもその人の話をしてもらい信頼関係を築くのが人間です。

プライベートな話を色々とするという意味ではなく、自分の好みや興味がある事など、差し障りのないところからで良いですから、孤立せず職場の輪の中に入るために自分を少しは出す努力をしましょう。

 

人の悪口は言わないようにする

彼は話が面白くて仕事もできる、人気者だ。そんな同僚が近くにいることもあるでしょう。しかしその同僚が人の悪口ばかり言う人間だったら?人気者というのは表面的なもので、実際の彼は孤立していると断言しても良いでしょう。

そう、職場での人間関係で”人を悪く言う”というのは、気をつけないといけない行動です。仕事の愚痴や、上司の文句、同僚に対してのちょっとした苛立ちは”人を悪く言う”という部類に入りません。

ここで言う”悪口”というのは、人の欠点ばかり見つけたり、悪く言うことを面白がったりストレスの発散にしていることです。

人間は、人の悪口ばかり言う人に対して”自分も同じように言われているはず”と思い、相手から離れていこうとするのが当然ですから、職場の輪に入るために面白可笑しく言う冗談めいた悪口も、孤立をまねく行動になることを肝に銘じておきましょう。

 

仕事はきっちりとこなす

”職場での人間関係”ということですから、仕事をきちんとこなすというのは何よりの前提となります。いくら人柄が良くて面白い人間と思われていても、職場の土台となる仕事を不真面目にしているようでは、職場で孤立するのは時間の問題です。

逆に、人間関係をうまくするのが性格的に難しいという人は、まず自分の仕事をきっちりとこなすことを心掛けましょう。仕事に真摯に取り組む姿勢を見せると、周りの人たちは必ず近くに来てくれます。

そこから少しずつ人間関係を築いていければ良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

職場での人間関係、難しいようですが、ほんの少しの心掛けで孤立した状態は遥か彼方に飛んで行きますよ!もちろん、自分の努力と言うのは必要ですが、人と人との関係は努力なしでは築けません。

また、その努力が自分のためであることを忘れず前向きに捉えるようにしましょう。仕事があり、収入があり、また職場での人間関係も良好、そんな素晴らしい環境は自分で作ることができます。

職場の人間関係で孤立しない為に行うべき9つの行動にぜひ挑戦して見て下さい!

 

まとめ

職場の人間関係で孤立しない為に行うべき9つの行動

・話すより聞く
・流行りの話題を把握する
・気を遣いすぎない
・言葉遣いに気をつける
・聞き取りやすい発声をする
・飲み会には程よく参加
・自分のことを少しは知ってもらう
・人の悪口は言わないようにする
・仕事はきっちりとこなす

人間関係を円満に!

人間関係を改善して、人生を充実させるためのエクササイズ形式のワークシート、リレイションマップを作りましたので良かったら使ってください。リレイションマップのダウンロードはこちらから。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント