会話の苦手意識を克服する3つのテクニック

会話の苦手意識を克服する3つのテクニック
話したいことはあるのに会話は苦手という人いますよね。特に女性に多く、性格の大人しい人や口下手な人にとっては、ちょっとした会話も冷や汗モノ。知らない人と会話することを考えただけで嫌な汗が出るという人もいるようです。

もともと、日本人は欧米人と比べ、会話を苦手とする人が多いのです。新学期や部署替えのときなど、初対面の人に囲まれるとぞっとしてしまうという人も少なくありません。

一方で、話すのは好きなんだけど、会話がまとまらなくて続かないという悩みを持つ女性もいます。社会人として、スマートな会話を続けるということは、誰にとっても難しいことなんですよね。そこで今回は、会話の苦手意識を克服する3つのテクニックをお届けします。



 

会話の苦手意識を克服する
3つのテクニック

 

会話の苦手意識を克服するには、真面目に考えすぎないこと


話したいことはあるのに、何故か会話が続かないという人がいます。これは真面目な人に多い特徴です。真面目すぎて、相手の話を完全に理解しようとし、会話のテンポが悪くなるのですね。会話というのは相手との掛け合いですので、相手のテンポに合わせられないと続かないのです。

こういうタイプの人が会話の苦手意識を克服するには、相手の話を深く受け止めすぎないようにするのがコツです。勿論、話を真面目に受け取るのは良いことなのですが、一つ一つの言葉に反応すると、会話が続きにくいのですね。特に、「こういうことがあってね」といった経験談には、下手につっこまず、「面白いですね」「珍しいですね」といった一般的な返しをしておくのが無難です。

会話の苦手な人というのは、こういうときに、「私ならそんなことがあったら・・・」と延々と話してしまって、会話の流れを壊してしまうのです。

相手の話をいちいち強く受け止めすぎて、大きなリアクションをする人も、会話が続きません。軽く話しているのに、「えっ?!本当!?」などと大袈裟に言われると、会話相手は引いてしまいます。これも、会話の流れを壊す話し方です。会話が続かない、そして、自分は性格的に真面目だなぁと思う人は、自分が相手の会話の流れを壊していないか見直してみてください

 

会話の苦手意識を克服するには、合いの手を上手に挟もう


話すのは好きなのに会話が続けられないという人がいます。話好きなのに会話が続かないなんて不思議ですよね。これはどういうことかというと、自分の話と相手の話がかみ合っていないときに良く起こることなんです。

相手は相手のリズムで自分の話したいことを話し、自分は自分のリズムで自分の話したいことを話していると、どこまでいっても会話のリズムが整いません。会話上手と言われる人の話し方をみていると、自分はあまり話していないのがよくわかります。こういう話上手さんは、相手のリズムに合わせて、自分の会話を添えるのです。

では、相手と話を合わせるにはどうしたら良いのかというと、上手に合いの手を使うのがコツなんです。「そうなんだぁ~」「面白いですね!」「すごいですね!」「かわいいですね!」といった当たり障りのない合いの手を入れて会話のリズムを作れるようになると、そのリズムに合わせて自分の話を続けられるようになります。

たとえば、「さっきこんなことがあってびっくりしちゃった」と会話をふられたら、「そうなんだぁ~」といったん軽く受けて、「それでそんなに焦ってるんだね」と話を続けます。一拍置くのが大切で、その間に何と続けるかを考える余裕ができますよ!

 

会話の苦手意識を克服するには、笑顔を使おう


楽しく会話を続ける最大のコツは、笑顔です。会話をするときは、常に笑顔を意識しましょう。簡単なことのようですが、これができるかできないかで会話の流れは違ってくるんですよ。

自分では気がついていない人も多いのですが、会話の苦手な人というのは、話しているときに顔がこわばってしまっていることが多いのです。特に初対面の人と話すのが苦手という人は、緊張から、知らず知らずのうちに歯を食いしばった怖い顔になってしまっています。

会話に苦手意識のある人、何故か会話が続かないという人は、一度鏡の前で目を閉じて、普段のように話してみてください。そして、目を開けてから、もう一度同じ調子で話してみます。その顔を鏡で確認してください。たいていの人は、自分が仏頂面で話していることに気付くはずです。

会話を上手に続けるには、相手に楽しく話してもらわないといけないですよね。そのためには、気持ち良い笑顔で話すことがとても大切なんです。鏡で自分の話している顔を確かめて、「うわ、怖い顔!」と思った人は、テレビのトーク番組などを見て、楽しい顔で話す練習をしてみましょう。笑顔で話すというのは、結構難しいことですので、普段何気なく見ているタレントさんたちの才能が実感できますよ!

 

女性には話し好きな人が多いですよね。にもかかわらず、会話に苦手意識を持っている人もまた多いのです。これはどうしてかというと、会話のテンポやリズムが合わないからなんですね。会話の苦手意識をなくすには、相手と合わせるようにすれば良いのです。

まず、女性には真面目すぎて会話の流れを壊す人が多いので、これに気をつけましょう。相手の言葉にいちいち反応せず、まずはしっかり相手の話を聞きます。

上手に話をつなげるには、合いの手を適宜挟みましょう。特に、相手の話に共感した際は、いったん「面白い!」「同感!」といった言葉を挟んで、相手が続けなければ、自分のことを話すようにします。合いの手を上手に入れられるようになると、相手の話を横取りすることがなくなります。

会話を続ける上で一番大切なのは、笑顔です。会話が詰まったとき、相手が自分を見ているとき、気がついたら、笑いましょう。笑顔は常に会話の潤滑油になります!

まとめ

会話の苦手意識を克服するには

・考えすぎない!
・上手に合いの手を入れる!
・笑顔で話す!

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント