恥ずかしがり屋を改善して素敵な友達をたくさんつくるコツ

共
恥ずかしがり屋でなかなか友達ができない悩みは、子供から大人までコンプレックスになる場合があります。本当はもっと友達が欲しいけど自分からアクションを起こせない恥ずかしがり屋の性格は、相手が近寄ってくれないといつまでもひとりのまま。

これでは自分の魅力を誰かに知ってもらえず、なによりも毎日の生活がつまらなくなってしまうでしょう。しかし性格をいきなり変えて積極的になるのはとても無理。誰かに自分の存在を発見してもらうまで、楽しい友達付き合いはスタートできません。

そんな悩みを解決するには恥ずかしがり屋の人ににできる友達の作り方を習得すること。おとなしい人が知り合いを増やすのはハードルが高いことですが、本日はシャイな性格を克服しながら友達を作る方法についてお伝えします。

SNSを活用して知り合いを増やしましょう

恥ずかしがり屋の共通点として相手と視線を合わせられないことや、声が小さくて聞き取れないなんて場面がよくあります。こんな時に相手がもっと圧力をかけてくると、さらにコミュニケーションをとるのが怖くなるでしょう。

恥ずかしがり屋の人が友達を作るにはまずできることから始める気持ちが大事、相手が目の前にいなければプレッシャーも少なく応対できます。

SNSはあらゆるコミュニケーションツールとして活用されていますので、恥ずかしがり屋はFacebookなどを使い積極的に友達リクエストすると良いでしょう。ネットの世界から自分の居場所を確保できれば、身近なところに友達が作れる可能性があります。

 

知り合いの人が誰もいないところで出会いを見つけよう

恥ずかしがり屋は周囲の視線を気にする傾向がありますので、おとなしい生活だと思われている自分をいきなり変えるのは抵抗になるでしょう。「あの人今日はおしゃべりだね」なんて陰口叩かれるとやる気も失せてしまいます。

恥ずかしがり屋の苦手な周囲の反応、これを取り除いて本来の自分の意志通りに行動するには新しい環境に飛び込むことが改善策のひとつ。

まったく知らない人だらけのなかでは不安がありますが、新しい自分をアピールする良いチャンスになります。第一印象で積極的なイメージを植え付けておけば友達もどんどん増えていくのです。

 

友達になりたい人には自分から挨拶しましょう

話しかけて無視されたらどうしようと考えると、なかなか最初の一言って出てこないものです。こんな緊張感を感じるのは恥ずかしがり屋だけでなく友達が多い人にも共通する点。

いきなり会話を振るのはハードルが高いので、まず知り合いを増やしたい時、または仲良くなりたい人にはよい印象を与えるために自分から挨拶をしましょう。「おはようございます」たった一言ならたとえ相手が無視しても聞こえなかったのだと納得できるでしょう。

元気よく挨拶してくれる人は相手も好感を抱き、積極的に話かけてくれるかもしれません。いつも下を向いて暗いイメージだと、周囲の人は距離を置きたくなります。

 

一度だけ勇気を出して話かけてみよう

恥ずかしがり屋が友達を作るにはきっかけが大切で、どうしても乗り越えないといけない壁があります。それは勇気を出して行動をすることで、必要なのは最初の1回だけ。誰でも苦手を克服すると次のステップに進みやすくなり、さらに高い壁に挑戦したくなります。

恥ずかしがり屋も同様に最初の勇気を振り絞ればあとはさほどプレッシャーを感じなくなるものです。苦手は回数をこなして慣れていくこと、坂を転げ落ちるボールのように最初のワンプッシュが今は必要ですよね。

そんな時は自分と共通点がある人、話しかけやすそうな人を選び「なんか今日寒いですね」と気軽にひとこと言ってみましょう。友達作りだけでなく、これは大事な自分へのチャンレジにもなります。

 

自信が持てることを増やしましょう

自信がないと人の視線が気になり、自分からアクションを起こすのはとても不安になります。恥ずかしがり屋を克服して自分から話かけるようにするには、自信回復をしましょう。

得意なことを生かしたり、新しい趣味をはじめスキルを磨くなど、人に自慢できることがあると行動力も自然についてくるものです。話しかけたら相手がどう思うだろうと不安を抱くよりも、楽しく会話ができるはずだと自信を持って最初の一言を考えておきましょう。

 

このように恥ずかしがり屋はすぐに行動力をつけるのは難しいかもしれませんが、友達を増やしたいと思う願いにフォーカスしてください。欲しいものを手に入れるためには、いつまでも待っているだけではやってきません。

それは幸福な人生と同じで努力するからこそ、願いが叶うのです。恥ずかしがり屋の性格が悪いのではなく、自分をアピールして魅力を知ってもらうためのちょっとした思考転換が必要です。何十人も友達がいるよりも、心から信頼できるわずかな大切な友達がいれば大丈夫。

自分の魅力を本当に理解してくれる人がそばにいれば、自然に「類は友を呼ぶ」で無理をせずに付き合える人が現れるでしょう。その日がやってくるまでは少しの勇気と素敵な笑顔を意識して生活してください。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました