職場の人間関係を良くするために試すコミュニケーションとは

職場人間関係
職場の人間関係は場合によっては仕事内容よりも重要で、毎日の生活を楽しくするか憂鬱にするか大きな分かれ道の要因になりますよね。

仕事のストレスといえばまず思いつくのが職場の人間関係、嫌いな人なら付き合わなければよいと付きはなせない点が苦労の原因です。

仕事をスムーズに進めるためにもコミュニケーションは欠かせないポイント、さらに楽しく仕事に取組むためには職場の仲間や上司との付き合い方も大事になるでしょう。

なんでもコンピュータがこなしている今の時代、人間がやらないといけないのが人とのコミュニケーションです。仕事をこなすだけでなく社会生活はうまく人付き合いすることも忘れてはいけません。

そこで本日は職場の人間で悩む人に向けた、コミュニケーションで環境を改善するコツをお伝えします。

ユーモアを持った会話を意識しましょう

職場の人間関係は仕事をするなかで緊張が漂いやすい環境があり、些細なことで気分を害する場面があります。組織のなかでは楽しく仕事をしたいと考える人は多いと思いますが、会社は仕事をするところというイメージがあり楽しさを追求する人は意外に少ないでしょう。

しかし職場の人間関係を良くするためには周囲の人から好まれる人材になることも大事、そうすると仕事を順調にこなせるようになります。

残業続きで疲れている時、はかどらない仕事ばかりでイライラする時など、ちょっとしたユーモアを交えてみんなの肩の力を抜いてあげるとよいでしょう。上司が飛ばすつまらないジョークに乗ってあげ、適度な笑いを持てる仕事環境が理想です。

 

大切な要件をまとめるスキルを身に着けよう

職場の人間関係が難しいのは友達のように気軽なコミュニケーションが取れない存在の人が多くいるためです。

年齢が上の上司、先輩、得意先の人などあくまでも仕事を基盤とした関係なので、みんなが仕事をスムーズに進められるようコミュニケーションでも要点をまとめる習慣をつけてください。

だらだらと話が続き時間だけが無駄に過ぎていくのは迷惑な行為、仕事上大切な要件などはまとめて簡潔に伝えると、仕事能力の高さを評価されるポイントにもなります。

いつプレゼンを任されてもすぐにOKできるようなワンランク上のコミュニケーションスキルを習得しておきましょう。

 

余計な噂話には参加しないようにしましょう

会社のなかでは仕事以外に社員の噂話がつきもので、自分が話題のネタにならないようつい噂話に積極的に参加してしまうことがあります。

誰と誰が付き合っている、今度誰が部署替えされるかなど、仕事の合間にはちょっとした息抜きになる場合もありますが、仕事以外の話で夢中になると後で後悔する場面も出てくるのです。

愚痴こぼし、悪口などは言った言わないで職場の人間関係に悪い影響を与える可能性が高く、仕事がやりづらくなる原因です。もし誰かに意見を求められたら中立の立場をとるか、適当に話を流しておきましょう。

 

オンとオフのメリハリをつけて個性をアピールしましょう

職場の人間関係を良くしたいけど仕事中は話をする機会がありませんよね。そんなときはメリハリを持って休憩時間を活用することがコツ。自分の性格を多くの人に知ってもらうためには、仕事以外の場面で個性をアピールしてみましょう。

たとえばランチの時間にプライベートな話をしたり、会社の飲み会に参加して普段コミュニケーションが取れない人と仲良くなるなど。

仕事中はほかの人と交流を深めるのは難しいため、きちんとオンとオフに合わせた人付き合いを意識してください。会社にいる間はたとえ休憩時間でも適切な話題や会話を心がけましょう。

 

相手の立場を理解してコミュニケーション方法を変えよう

職場の人間関係が難しいと感じるのは、色々な人が存在し相手の立場に合わせてコミュニケーションをとらないといけないためです。

学生時代のように誰にでも気軽に話せる環境ではありませんので、上司、同僚、得意先など失礼にならない態度を心がけてください。たとえば言葉遣い、年上の人に馴れ馴れしい口調で話すのは仕事場ではよい印象は残りません。

しかし同僚ならプライベートでも仲良くできるようにオープンなコミュニケーションを意識することも大切でしょう。社会生活は自分と関わる様々な人に合わせて適切なコミュニケーションをとることが大切なのです。

 

さて職場の人間関係ですが、一度溝ができるとなかなか改善するのは難しい環境があります。毎日仕事に集中して成績アップするためには、職場の人間関係を充実させてサポートしあえる環境作りを目指しましょう。

嫌な作業を率先してあげる、困っている人を助けるなど、チームワークを優先できる人は集団生活でも好かれる存在になりますよね。自分が目指す理想の人をモデルにしてよいところは積極的に吸収してください。

あくまでも自分の存在は会社という大きな組織のなかのひとり、うまく付き合うべき人は色々存在しますが難しい会話術を学ぶよりも、毎朝元気に挨拶できることが職場の人間関係での基盤になるのかもしれません。

コミュニケーションは職場でうまく立ち回るために不可欠なスキルである点を忘れずに、今日から明るい態度で仕事に向かいましょう。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました