インスピレーションの意味を理解して新発想を生み出す秘訣

インスピレーションの意味を理解して新発想を生み出す秘訣

芸術の話題などでよく耳にする「インスピレーション」の意味をご存知でしょうか。一般的には「瞬間的に浮かぶ思いつき」「直感的なひらめき」などですが、「霊感」「神霊感応」などのキリスト教(神学)用語としての意味もあります。

また、本来は「鼓舞させる人(事)」「刺激を与える人(事)」「息を吸い込むこと」などの広い意味があるのです。確かに、急に新しい発想が生まれる時は、何らかの刺激を受けている場合や、数多くの情報を収集している最中である場合が少なくありません。

インスピレーションの本来の意味をよく考えれば、画期的な新発想が生まれるヒントになるのではないでしょうか。そこで今回は、インスピレーションの意味を理解して新発想を生み出す秘訣を5つお伝えします。



 

インスピレーションの意味を理解して
新発想を生み出す秘訣

 

ひらめきを得るための環境を整えましょう


インスピレーションの意味として「霊感による着想」というものがあります。スピリチュアルな感じがしますが、新しいアイデアや発想を生み出すというのは、頭脳労働というよりは人間の感性(五感)が深く関わる活動と言えるでしょう。

そして、より画期的なアイデアを生み出すためには、やはりクリーンで整った心の状態が好ましいのです。つまり、新発想を生むためには、心の環境を整えることが大切なのです。

身近なところでは、部屋や身の回りを綺麗にして整理整頓する。また、自分の中で新しいアイデアが生まれやすい場所を見つけて、そこに身を置く。心や頭の中がモヤっとしていたり、気持ちの良い状態でなければ新しい発想は生まれにくいものです。まずは自分の周囲の環境を見直してみましょう。

 

多くの情報や経験をインプットしましょう


インスピレーションの意味の1つに「息を吸い込む」「吸入」「吹き込むこと」などがあります。どういった分野や方面での新発想が必要なのかは人それぞれだと思いますが、それが決まれば、とにかくその分野に関する情報を数多く収集して自分の中にインプットするのです。

可能であれば自分でもできる限り経験・体験してみましょう。ビジネスの分野であれば成功事例を知り、芸術の分野であれば優れた作品を鑑賞する。

新しい発想といっても、結局はこれまでに世に出ているアイデアの組み合わせと応用から生まれるものです。何もない状態から画期的な発想を生み出すことは容易にできることではありません。新発想を必要とする分野について、大量の知識と経験、記憶をとにかくインプットする事が大切なのです。

 

情報や知識を整理しましょう


さて、インスピレーションの幅広い意味にちなんで、新発想を生む秘訣の1つとして「情報収集」「知識の蓄積」などアイデアのベースをインプットする事についてご紹介しました。

そのインプットしたデータの欠片というべきものを整理してまとめる作業も非常に大切です。大量の情報や知識を上手く結びつけることで、新しいアイデアは生まれてきます。

何と何をどう結び付ければ面白く画期的なものができるかという事を、様々な角度から何度も繰り返してシミュレーションするのです。その中から、これまでになかったような新しい発想が生まれてくるはずです。こうした、自分の中に得たモノを精査する時間というものはとても大切なのです。

 

何らかの刺激を意識しましょう


さて、インスピレーションの意味には「鼓舞させる」「刺激を与える」というものもあります。瞬間的なひらめきを得るためには、何らかの刺激を受けていることが大切なのです。

例えば、聞きなれた音楽や鳥の鳴き声、川のせせらぎといった自然の音などを聴くのも1つの方法です。また、1つの事に集中せず、あえて色んな事を同時進行で行ってみるというのも刺激になります。

また、自転車で走っている時に曲が浮かぶというミュージシャンのエピソードがあるように、脳を休ませる事も気分転換という意味では刺激になるのかもしれません。

効率的な作業を行うのと違い、創造力やひらめきに関しては要領が悪いと思える事や休息の中に、良いきっかけが眠っている可能性があるのです。

 

人からも良い影響を受けましょう


インスピレーションの意味に「鼓舞させる」というものがあるように、他の人から刺激を受ける事も新発想を得る良いきっかけになります。

いわゆる人間観察をする事で、多くの人々の色んな様子を見てイメージやアイデアを膨らませるのも1つです。また、自分の得た情報や知識について友人や家族に話す事で、自分1人で考えるのとは違う角度から頭の中が整理され、新たな発想に繋がる場合もあります。

もちろん、話した相手の反応や発言から、突然アイデアが湧いてくるという可能性もあるでしょう。1人で考える際にも、なるべく多角度から物事を捉えようと努めていても、やはりある程度の限界はあります。自分とは違う見方や考え方に触れる事は、新発想を生み出すためにとても大切なのです。

 

いかがでしたか。

インスピレーションの意味を理解して新発想を生み出す秘訣を5つご紹介しました。こうした秘訣を活かすためには、新発想のヒントや土台になるひらめきをしっかり記録しておく事が大切です。

そのために、記録するための道具を常に準備しておくようにしましょう。ふせんは後で整理したりまとめたりするためには非常に便利ですし、スマートフォンなどの録音機能を活用するのも良いですね。

今回、一般的に知られているインスピレーションの意味に加え、本来のインスピレーションの意味もご紹介しましたが、こうした広い意味を知る事で、新しいアイデアや発想を生み出すというクリエイティブな活動に対する良いヒントとして活用してください。

 

まとめ

インスピレーションの意味を理解して新発想を生み出す秘訣

・ ひらめきを得るための環境を整えましょう
・ 多くの情報や経験をインプットしましょう
・ 情報や知識を整理しましょう
・ 何らかの刺激を意識しましょう
・ 人からも良い影響を受けましょう

感情を引き出してモチベーションUP!

その為に今回はたった3分でできる『あなたの感情をググっと引き出す音声』を作りました。あなたの感情を誘導するナレーションが入っているので、音声に従って感情を出してみて下さい。スッキリした気分になりますよ。

こちらの音声は、ダウンロードすることができます。気に入った方は、ぜひ、落ち込んだ時や気分が乗らないときに聞いて下さいね。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント