ヒーリング音楽を職場に取り入れて業績改善5つの秘策

ヒーリング音楽を職場に取り入れて業績改善5つの秘策

仕事に限らず、何らかの作業を続ける際に音楽を聴きながら行う方は多いと思います。もちろん、音楽によっては作業に適さないものもたくさんありますし、静かな方がいいという方も少なくないでしょう。

ただ、ヒーリング音楽と呼ばれる心を落ち着かせたり、リフレッシュさせたりする効果のある音楽を取り入れることが、作業環境にはプラスになるという事実があるのです。

有線ラジオ放送最大手の株式会社USENでは、「音で空間を最適にデザインする」というコンセプトのもと、音楽でオフィス環境を快適化するサービスを提供しています。

その場で働く人にとって快適な職場環境作りは、業績改善にも繋がりますよね。そこで今回は、ヒーリング音楽を職場に取り入れて業績改善する5つの秘策をお伝えします。



 

ヒーリング音楽を職場に取り入れて
業績改善5つの秘策

 

メンタルヘルス対策として音楽でストレスを和らげましょう。


職場環境を快適なものにするために、ヒーリング音楽が担う大きな役割としてはメンタルヘルス対策があります。

身体と同じ様に精神面の健康診断とも言えるストレスチェックが義務化されるなど、職場におけるメンタルヘルス対策については重要視されています。

ヒーリング音楽を取り入れることもその対策の1つとして注目されているのです。リラクセーション効果のある音楽によって業務中のストレスが緩和され、それが疲労感の軽減につながるわけです。

また、シンと静まりかえった無音の環境も圧迫感があり、相談や質問など声を掛けづらくコミュニケーションを取る上でストレスになる場合がありますが、ヒーリング音楽が流れていることでそういった面でのストレスを和らげることにもなるのです。

 

休憩時間には音楽で気分をリフレッシュしましょう。


快適な職場環境を整えるためのヒーリング音楽といっても、あらゆる場面でいつも同じような音楽ばかり流すのは逆効果になることがあります。

単調な雰囲気がかえってストレスになる場合があるからです。休憩時間や休憩できる場所では、気分をリフレッシュさせるような明るく爽やかな音楽を活用しましょう。

業務中ではありませんから、人を不快にさせたり極端に偏っていたりしなければ、ある程度幅広いジャンルから音楽を選ぶ事もできますね。

昼食時もなかなか外へ出ることができない場合、職場と同じ建物やエリア内にずっといるわけですから、気分転換できる環境はなおさら大切です。

休息の時間にちゃんとリフレッシュできることは、その日の後半の業務のモチベーションを高め、効率をアップさせることに繋がるのです。

 

集中力が下がりだす頃を狙って効果的に音楽を流しましょう。


先の項目で、単調な雰囲気になることはかえってストレスになるとお伝えしたように、ヒーリング音楽をさらに効果的に業務改善に活用するには、音楽を流すタイミングにも工夫が必要です。

一般的に人間の集中力は30分から60分を経過すると下がる一方になると言われています。5分程度の休憩を定期的に取ることが理想ですが、実行できない時も多いですよね。

そんな長時間の連続作業を行う際には、集中力が下がりだす頃を見計らってヒーリング音楽を流し始めたり、違う音楽に切り替えたりすることで、再び集中力を取り戻す効果が高まります。

業務の内容的に支障がなければ、リラックスできることを念頭に、気分を高揚させるような音楽を流すのも良いでしょう。

 

周囲の雑音を遮断する“音のカーテン”として活用しましょう。


幹線道路や鉄道沿線、繁華街周辺などにお住まいの方は経験があるかもしれませんが、日常的に防ぎようのない生活騒音に囲まれている環境では、音楽を聴いたりBGMを流すことがそうした騒音をマスキングする(遮断する)方法の1つとなっています。

職場でも同じです。周囲の騒音はもちろん、職場内のオープンなフロアで急な会議や打ち合わせを行う際などにも、ヒーリング音楽が周囲の雑音や別の会話の声を遮断する役割を果たします。

騒音や雑音は集中力の持続を阻害するもので、業務の効率にも悪い影響を与えてしまいますよね。このように円滑な業務の邪魔になる雑音を遮る“音のカーテン”としても、ヒーリング音楽は有効なのです。

 

業務に支障のない音量など適材適所を心がけて利用しましょう。


ここまでヒーリング音楽を取り入れて職場環境を快適にすることが、業務改善のための1つの方法だとしてお伝えしてきましたが、色々な活用の仕方をご紹介してきました通り、ただ、漫然とヒーリング音楽を流せば良いというものではありません。

音楽にも適材適所というものがあるのです。作業や業務の内容に合わせて、流す音楽のジャンル(雰囲気)、流すタイミングや長さなど、気を配らなければならないことはたくさんあります。

特に、音量に関してはヒーリング音楽がどれほど穏やかで心地よいものであっても、業務に支障が出ない程度に抑えておかなければいけません。

また、それでもやはり静かな環境を好む人はいますし、音楽が流れていること事態が適切でない状況もあるはずです。そんな場合は、水の流れる音や森林の中の小鳥の囀りなど、自然音(環境音)と呼ばれるものを活用するのもいいですね。

 

いかがでしたか。

ヒーリング音楽を職場に取り入れて業績改善する5つの秘策をお伝えしました。効果的な業務改善のためには、やはり働く人が快適に仕事を進めることができる職場環境を整えることが大切です。

職場環境の快適化には様々な方法がありますが、ヒーリング音楽を効果的に用いることは、その有効な手段の1つとなっています。

音楽を流すという方法であれば、設備を充実させるほどの費用も時間もかかりませんし、手軽に導入することができますね。

今回は、業務改善の秘策ということで企業やオフィスをテーマにお伝えしましたが、普段の生活の中でも何か長時間の作業をする場合などに応用することができますので、ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

ヒーリング音楽を職場に取り入れて業績改善の秘策

・ メンタルヘルス対策として音楽でストレスを和らげましょう。
・ 休憩時間には音楽で気分をリフレッシュしましょう。
・ 集中力が下がりだす頃を狙って効果的に音楽を流しましょう。
・ 周囲の雑音を遮断する“音のカーテン”として活用しましょう。
・ 業務に支障のない音量など適材適所を心がけて利用しましょう。

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント