会話での注意ポイントを知り人間関係を円満にする社交術

会話での注意ポイントを知り人間関係を円満にする社交術

会話の中でどこを意識するかで会話の流れや最後に来るであろう答えが大きく変わってくるのは日常でよく感じることでしょう。人間関係を円満にするためには相手を満足させられるかが重要なポイントですよね。

日常の会話で話したいと思ってもらえなければ、必要な時に頼みづらかったり逆に頼んでもらえないために何らかのチャンスを失ったりします。

相手が何を求めているかを明確にすることが会話をお互いにとって有益なものにし関係を円満なものに変えていく重要な要素になるのです。

コミュニケーションというとほとんどの人が「会話」を思い浮かべると言っても良いほど様々な場面で人と人とを繋ぐ役割を果たしています。

では会話の中でどのようなポイントに注意すれば関係を円満にできるのでしょうか。お困りの人や新たな見識を得たい人のために今回は会話の中で注意すべき5つのポイントについてお伝えします。



 

会話での注意ポイントを知り
人間関係を円満にする社交術

 

否定の言葉を見つけよう


納得のいっていない顔に注意しましょう。言いたいことがあるか今の会話に不満をもっている証拠です。「それで?」や「だけど?」と相手の言葉を繰り返して話の続きを促したり、すかさず「やっぱり他の人はそう思わないものなのかな。」など自分の意見とは逆の立場の意見を尊重したフレーズを会話に盛り込みましょう。

話してくれればあとは聞き役に集中できます。自分が少数派であるかもしれないというアピールが出来れば、相手は反対意見を言いやすくなるんです。

「言いたいことを言えないとき」や「自分の意見が弱者の意見であると感じるとき」自分を理解してもらえないと感じたりその場にいることに不満を感じたりしますよね。

つまり、意見が言えてなおかつ尊重されていると認識できるような会話でなければ続けたいとは思えないのです。相手の意見を尊重する言葉は相手が望んだ時に発するのが効果的です。

話している中で、要所要所に相手の言葉を促してあげることも大切ですが、それ以上に否定の言葉や不満な顔に合わせて相手の言葉を促してあげるのが最も効果の得られやすい方法と言えます。

 

相手の言葉に共感しよう


共感を得ることを目的として会話をする人は決して少なくありません。悩みを打ち明けているのか悩みを相談しているのかを捉え間違えると大変なことになります。

打ち明けてこられる場合は、相手は聞いてもらいたい、ただ共感してもらいたいだけですが、ここで反省点を述べたり反対意見を伝えると「勇気を出して言ったがやはり受け入れられなかった。」と相手を追い詰めてしまったり、または、「もう、あなたには話さない。」という状態を作ってしまいます。

まずは、相づちをうったり「そうだね」、「私もそう思う」など共感していることを意識した言葉をかけてあげましょう。議論の場合でも共感できる部分を探してそこを強調すればお互いに聞く姿勢を整えやすくなるんですね。

 

相手の話を聞いて質問しよう


聞いているかどうか判断したり、打ち明けているか相談しているかを判断するうえでも質問をしてみるのが一番です。相手が自分の言葉に興味を持っていなければ自然と意見は減ってしまいます。

自分が話をするうえでも再度何を話したいのか、何を聞きたいのかをまとめた状態で話し始めるのが最も効果的に会話の中で有益な情報を得る手段となります。

もし自分が共感を求めて話をしている場合は、「最後に共感できたところを三つ聞くから教えて。」とあらかじめ言っておくことで自分の望む会話に近づけることができます。そうすれば相手にとってだけではなく自分にとっても会話を有意義なものにできます。

 

間をとって話の流れを作ろう


「何か話さないと。」と思うと言いたくないことを言ってしまったり相手を慌てさせてしまい相手が本当に話したかったことを聞き逃してしまうことになったりします。

お互いに冷静に話す中で楽しい会話がさらに盛り上がったり議論の争点が浮き彫りになり本当に重要な部分がわかるようになります。ときには、あえて話さない時間を数秒つくって話の流れを変えてみましょう。

 

手に気を配って会話をしよう


ホムンクルスの絵について知っているでしょうか。脳がどの部位をコントロールしているか占める割合に合わせて身体の大きさを描いた妖精のような絵です。顔、手、足が大きく腕や胸などが小さな異様な絵となっています。

そこで意識してもらいたいのが手や足です。会話の時、相手の感情を顔から判断しようとする方は少なくありませんが会話中に手や足に気を配っている方は少ないのではないでしょうか。

手や足には癖がつきやすく「気持ち」や「嘘」を判断するうえでの判断材料になることもしばしばです。しかし、会話中にテーブルをはさむことも少なくない中で足をいちいちチェックしていれば不振に思われることでしょう。

「下に何かあるのかな?」みたいに。見える状態でも足を見られることに抵抗がある人もいるため見すぎないように気を付けなければなりません。したがって、手に気を配ることがおすすめです。

ここでポイントになるのが相手の手だけではなく自分の手にも気を配ることです。ジェスチャーなどで表現を加えてあげればただ話すだけよりも相手に気持ちを伝えやすくなります。

興味のない話でも手ぶりを加えることで興味を持ってもらえることがあります。相手の手を見て自分に対する気持ちを読み自分の手で伝えたい部分を強調しましょう。

 

いかがでしたか。

円満な人間関係を作るためには会話の中身に気を付けることも重要ですが、ほんの少しの工夫でネタ探しや根回しをせずとも大きな効果を得ることができます。

最初からすべてのポイントを意識して会話をするのは至難の業ですが、相手の手を気にしてみたり共感の言葉を意識して使うようにするだけでも印象をよくすることができるため円滑な人間関係が作りやすくなります。

円満な人間関係を築ければ自分一人では気づけなかったことやできないことを気づかせてもらえたり手伝ってもらえるようになりますよね。

質問もあらかじめメモ帳などに書いておくといざというときに新たな話題の提供につながります。自分だけでなく相手にもこれらのポイントを意識してもらえばお互いに会話を楽しめるようになるわけです。

これらのことに意識して会話を楽しめるようになれば日常も充実してきますし、コミュニティも豊かなものになりますよ。しっかり取り組み会話で円満な人間関係を築くなかで居心地のよいコミュニティを作りましょう。

 

まとめ

会話での注意ポイントを知り人間関係を円満にする社交術

・ 否定の言葉を見つけよう
・ 相手の話に共感しよう
・ 話を聞いて質問しよう
・ 間をとって話の流れを作ろう
・ 手に気を配って会話をしよう

人間関係を円満に!

人間関係を改善して、人生を充実させるためのエクササイズ形式のワークシート、リレイションマップを作りましたので良かったら使ってください。リレイションマップのダウンロードはこちらから。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント