バイトに行きたくない時に試してみる7つの気分転換術

バイトに行きたくない時に試してみる7つの気分転換術
「バイト行きたくない」と感じることはどんな人にとってもあり得ることですよね。勤勉は大事だとはいえども、進んで仕事をしたいという人は少なく、仕事やバイトに行きたくないという人のほうが圧倒的に多いもの。どんなに真面目な人でも、できたらバイトや仕事のことを考えず、リラックスしていたいものですよね。

しかし、いくら「バイトに行きたくない」と思っていても、望み通りバイトに行かなくて済む、というわけにはいきません。バイトとして雇用関係がある以上はそれなりに働かなくてはなりませんし、何度も休むわけにもいかないからです。

それでは、バイトに行きたくないと感じるとき、どのように気分転換をすればよいのでしょうか。この記事では、効果覿面な7つの方法についてお伝えします。



 

バイトに行きたくない時に試してみる
7つの気分転換術

 

「バイト行きたくない」なら:①とりあえず出かけてみる


バイトに行きたくないとぼんやり感じているときでも、何とか家を出てバイト先に向かいましょう。出勤したくないという思いにはいろいろな理由や背景がありますが、それでもバイト先に着いてみれば働かざるを得ないからです。

最初は嫌でも、だまされたと思って通常モードで仕事をし始めれば自然と気分が変わってきます。そしていつも通りに仕事をしていれば、勤務時間も飛ぶように過ぎていくものです。

 

「バイト行きたくない」なら:②あまり心配しない


バイトや仕事に行きたくないと感じるのは、仕事をするということに対しネガティブになりすぎてしまっているからかもしれません。もちろん、過労などで気分が落ち込んでいるのなら、休みが必要でしょう。しかしそうでなく、ただ単純にだるいというだけなら意識の改革が必要です。

バイトや仕事に対してあまりにもネガティブになるのではなく、少しリラックスしてとらえましょう。それだけでもほっとし、気分が落ち着いてきます。

 

「バイト行きたくない」なら:③バイトを楽しむ


バイトや仕事を苦しいと感じるのは、仕事そのものに対しマイナスイメージを持っているから。この気持ちを変え、どうすれば楽しく仕事ができるかを考えれば、仕事への思いやモチベーションが次第に変わっていきます。

実際、いわゆる仕事ができる人はある程度仕事を楽しんでいるもので、だからこそ結果を出すことができるのです。目標を設定したり楽しめるポイントを探したりと、仕事へのモチベーションをどうしたら上げられるか考えましょう。

 

「バイト行きたくない」なら:④バイト代で何が買えるか考える


バイトのモチベーションを上げたいときにおすすめなのは、稼いだバイト代でどんなことができるかを考えることです。そのお金でどんなものを買えるか、憧れのものを買ったときの気分はどんなかをイメージしましょう。

生活費や学費などのためにバイトをしている場合でも、その日にバイトに行くことでどれくらい稼ぎ、それによってどんな余裕が生まれるのか考えるという手があります。いずれにせよ、バイトで稼げば金銭的な余裕が増えていくのは確実なのですから、損はないと考えましょう。

 

「バイト行きたくない」なら:⑤周りのことを考える


どうしてもバイトに行きたくないと感じるときは、バイトを休むことによって周りがどれだけ困るのか考えたいものです。仕事が多く忙しい職場なら、たった1人欠員が出るだけでもてんてこまいになってしまうかもしれません。そしてその原因に自分がなるというのは少々恥ずかしいものです。

もちろん、病気だったり精神的に疲れすぎていたりするときならしっかり休むべきですが、そうでない場合はほかのスタッフへの影響も考えましょう。

 

「バイト行きたくない」なら:⑥上司に怒られるかもしれない


バイトに行くのがだるいからといって無断欠勤をしたり仮病を使ったりすると、上司にバレて怒られる可能性があります。そのダメージはだるくて休んだ代償よりもはるかに大きくなってしまうこともあるでしょう。そうなっては元も子もありませんし、長い目で見れば休んだだけ無駄になってしまいます。

 

「バイト行きたくない」なら:⑦ご褒美を考える


バイトに行きたくないと感じたけれどそれでも何とか出勤したのなら、頑張っている自分にご褒美をあげましょう。欲しいものを買ったり、好きな映画を観たりとなんでも構いません。少し贅沢な食べ物やお菓子を楽しむのも良いでしょう。ちょっとしたご褒美でモチベーションを上げられれば正解です。

 

バイトに行きたくないときに試すべき気分転換術7つ、いかがでしたか。

まずおすすめなのは、バイトが嫌でも何とか出かけてみることです。外に出てみるだけでも気分が変わりますし、職場に着いたらもう普段通りに働くしかなくなります。そしてそれから少し時間がたつと、出勤前の嫌な気持ちなどもう覚えていないものです。

また、バイトをいやいやするのではなく、どうにか楽しむ姿勢を持ちましょう。仕事ができて生き生きしている人は、たいていは仕事を楽しむ術を持っているものです。目標達成や楽しむコツなどどんなものでも構いませんので、仕事を最大限楽しみましょう。

さらに、バイトを休むことでどのようなデメリットがあるかも考えます。周りから嫌がられたり、上司に怒られたりとさらに苦しい思いをするかもしれません。バイトをしてお金を稼いだほうがいろいろと楽になることは確かですので、何とか頑張って、その後ご褒美を自分にあげるほうがよほど楽しい生き方と言えます。

 

まとめ

バイトに行きたくないときは

・とにかく出かける
・あまり心配せず、リラックス
・どうすれば仕事を楽しめるか考える
・稼いだお金で何ができるか考える
・周りへの影響について考える
・バレたら怒られる可能性がある
・自分へのご褒美を用意する

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント