就職面接質問で緊張しない為に、リラックスするコツ

就職面接質問1
就職面接質問は緊張していると、簡単な質問でもつい間違った回答をしやすくなりますよね。大切な場面はなるべく落ち着こうと思って、無意識に自分自身でプレッシャーをかけてしまいます。

でも失敗が許されない就職面接質問、あらかじめ準備をしたはずなのに緊張のせいで頭が真っ白になることもすでに想定済みでしょう。こんな時でもなかには余裕でリラックスしているように見える人が必ず存在します。

就職面接質問をすらすらと答え、まったく緊張していない人達。どうすればリラックスできるものか、就活中は色々頭を悩めることがありますよね。

そこで本日は、普段緊張しやすい人に向けて、就職面接質問で落ち着いて回答できるリラックス方法をお伝えします。

事前の準備を納得するまでやっておこう

就職面接質問をされるシーンは新卒の就活、中途、またパートやバイトなど、あらゆる緊張の場面がありますよね。緊張する理由は「失敗が許されない」ためで、この不安を取り除くには事前の対策がとてもメリットになります。

たとえば就職面接質問の対策本や過去の質問例などを何度も読み直して練習をしておく、または友達や家族に面接のシュミレーションをしてもらうなど、納得できるまで準備をして面接に挑んでください。

少しでもやり残しがあると当日不安になり、それが緊張感へとつながってしまいます。うまく面接が出来なかった、というのは自分の準備不足が影響することが多々あるのです。

 

深呼吸を繰り返して副交感神経を活発にしよう

就職面接質問ではどんなことを聞かれるか準備しても、まったく想定外の内容で言葉が詰まってしまうことがありますよね。でもリラックスしていれば思考回路に余裕がありすらすら回答できるはずです。

そのためには緊張感を取り除くことが何よりも面接で成功する秘訣、その場でできるリラックス方法としては呼吸法がオススメ。腹式呼吸で何度も深呼吸を繰り返すと、自律神経の副交感神経が優位になり緊張感が和らぐといわれています。

あまりにもドキドキしている時はさほど効果が実感できないかもしれませんが大切なのは思い込み。深呼吸で心臓の鼓動が落ち着いてきたらもう大丈夫だと、自分に暗示をかけてみましょう。

 

時間に余裕を持って会場入りしましょう

普段から緊張しやすい人にとって、就職面接質問はとても高いハードルになりますよね。冷静に考えられず思っていることとは全く違うことを言ったり、考えておいた回答が間違ってしまうなど失敗しやすい場面です。

緊張は生まれつきの性格なども関係しているものですが、それ以上に自ら生み出す環境が緊張原因になる場合も。たとえば時間ギリギリに行動をすると、遅刻しそうで緊張してしまいます。

就職面接質問でもなるべく時間に余裕を持ち、早めに会場入りして環境に慣れること、また知らない場所は道に迷ってしまうこともありますから、最初に面接会場を確認してから時間をつぶすなど余計な緊張感を出さないように心がけてください。

 

発声練習をして準備しよう

就職面接質問のやりとりでは、どんな内容の返答をするかよりもどのように面接官とやりとりをするかが判断の基準になる場合があります。

自分がもし面接官だとしてイメージするとわかりますが、声が小さい人よりも大きな声ではきはきと答えるほうが仕事に対してもやる気を感じますよね。就職面接質問では答え方も意識して、話すスピードや声量なども注意してください。

自己紹介するときの声がいつもの自分とは違うので、余計に緊張したなんて場面もあるでしょう。面接会場入りする前にトイレや公園などで軽く発声練習をして自分の声に慣れてください。

 

楽観的な発想をして緊張を和らげましょう

就職面接質問で緊張するのは、失敗できないと自分自身にプレッシャーをかけるためで、完璧主義の人だとなおさら緊張しやすくなりますよね。もしこの試験で通過しなかった場合、そんな万が一の場合次の策を計画して面接に臨んでいますか。

全力を出し切っても必ず期待通りの結果がでるとは限りません。少し楽観的な発想をしてダメなら次がある、と余裕を持ってみましょう。過度な期待をするから緊張感がどんどん増えてしまうものです。

この悪循環を減らすためにはダメでも精一杯やってみよう、と少しだけ楽観的な考えを持つとスムーズに就職面接質問が答えられます。

 

このように就職面接質問はどんな質問をされるか、どのように自分が見られているかあらゆる点が気になり、その場にならないとどれほど緊張するかわかりません。

でも事前の準備、心構えなどをしっかりやっておけば「なんとかなる」と心の余裕につながるのです。就職は人生のターニングポイントになる大切な時、失敗しても自分らしく人生を過ごせればそれが一番の幸福です。

リラックスするにはあらゆる角度からアプローチして、普段の自分以下でも以上でもない姿を心がけてください。

緊張しないようにと何度も言い聞かせているうちに余計にドキドキしてしまう大切な面接の瞬間。プレッシャーを与えるよりも、絶対に大丈夫だと自分自身を励まして就職面接質問をクリアしてください。



連記事

コメントをお書きください