人の心をつかんでプレゼンを成功させる名スピーチ、その7つの秘技

人の心をつかんでプレゼンを成功させる名スピーチ、その7つの秘技

プレゼンを頼まれてとても不安になって、どう進めていいかわからないとおっしゃる方も多いと思いますが、コツさえ掴めれば難しくも怖くもありません。それ以上に人の心をつかむ名スピーチはポイントを知っておき事前の準備と練習で誰にでもできるので、もう悩む必要はありません。

初めてのプレゼンも方法さえわかれば難なくこなせて次が楽しみになることでしょう。ここでは簡単に名スピーチができてプレゼンをせいこうさせる7つの秘技をお伝えします。詳しい原稿や方法などは「スピーチのコツを掴んで周囲の視線を釘付けにする9つの理由」も参考にしてください。



 

人の心をつかんでプレゼンを成功させる名スピーチ、
その7つの秘技

 

まずは原稿の組立から

プレゼンテーションの基本の生成は相手に興味を持って次の行動につなげてもらうことです。ですから、自分の主張ばかりで考えていては当然聞いてはもらえません。相手が何を欲しているかを軸に5W1Hと起承転結を盛り込んで考えていきましょう。参加される方の時間をいただいているのですから、制限時間を有効に使うことを重視することも必要です。

およそ一分間で100文字程度話せるのでそこで原稿も考えていきます話は結論を最初に持ってきます。長文は避けて完結に明快な表現が名スピーチのコツとなります。情報量も十分に盛り込みデータやこうゆう名刺が間違っていないかを再三チェックしましょう。

 

第一印象が明暗を分ける

登場からがパフォーマンスだと思ってください。最初に見たままの感じの印象が、聞いてもらうために集中してもらうのか、そっぽを向かれるのか決めてしまいます。名スピーチを演じるためには第一印象と出だしです。

服装はキチンと、靴も見られるポイントなのでまずは見た目を清潔にしましょう。姿勢は顎を引いて背筋を伸ばします。最初は笑顔で挨拶しましょう。出だしのアイコンタクトとボディランゲージは名スピーチの最低条件です。

 

テーマには一貫性を持たせよう

コロコロと趣旨が変わってしまっては聞いている側は何がなんだかわかりません。最初に結論を述べて、そこについてくるようなシナリオが名スピーチです。言いたいことをはじめに行ってしまいます。

そして理由や方法を後付けしましょう。その理由と方法も「これには3つの理由(方法)があります。まずひとつめは・・・」から始めます。すると聞いている側は時間や聞くための姿勢や心構えができるので安心するのです。

 

決めワードの連呼が効く

一つの心に残る言葉をあらゆる文に取り入れ始終話すことが需要です。このキャッチコピーやワードを連呼はいきすぎですが、何度も入れていき相手の心に残すのが名スピーチのコツとなります。この決めワードは言いやすい簡潔なモノにします。

何よりも終わったあとに耳に残るのは次につながりますので、よく考えて自然に盛り込んでいきましょう。とにかく聴く側の利益が感じられるか否かが重要です。わかりやすい構成の中に決めゼリフを散りばめて耳に残る言葉を植え付けられるようにしましょう。

 

謙虚な態度で会場を味方にしよう

最初は笑顔が重要でしたが、途中の伝えたい重要なところではキリッとした表情で真剣に伝えましょう。そして、何より会場を見回しアイコンタクトも取りながら説得ではなく聞いてもらっているという姿勢で訴えます。

何より、教えてやってるとか説明してやってるなどという心はすぐに伝わってしまいますので総スカンを食らうこと間違いなしです。質疑応答の時間を設けることも有効ですので、質問を受けてたじろがないような下準備もしておきましょう。

 

話す姿勢について

名スピーチをしたければ話す姿勢を重視してください。上目遣いや猫背のスピーカーには信頼も生まれません。背筋を伸ばして会場を見回しながら堂々と自信を持って話すとかなりの信頼と安心、説得力も生まれてきます。聞いている方の固有名詞や社名は絶対に間違えてはいけません。

そこでせっかくの名スピーチがマイナスに落ち込んでしまいます。服装や姿がふさわしく、身だしなみは好印象であるかどうかは自分ではなかなかわからないものですので、他の人に見てもらい客観的に評価してもらいましょう。当日では服装の乱れは直せませんので前日以前にチェックしましょう。

 

下準備と練習は抜かりなく。

いきなりぶっつけで緊張したり不備がないように下準備をして名スピーチにしましょう。会場で実際に話す練習をしておけばイメージトレーニングになりますので有効です。また、使用するPC,プロジェクター、スクリーン、ボードなどの機器やマイクが必要な場合は事前に通電確認、動作確認をしましょう。

何より自分の声がちゃんと届くかどうかが大きく作用しますのでそこだけは十分に確認してください。練習の上では時間通りだったか、原稿の内容は適切だったか、わかりやすい内容だったか、惹きつけられる話し方だったかなどを第三者に見てもらうと良いでしょう。

 

いかがでしたか?

初めてのプレゼンでも下準備と、練習、そしてコツをつかめば名スピーチになり人々の心をワシ掴みにできます。隠された才能があるかもしれません。是非コツを掴んでお役立てください。

 

まとめ

人の心をつかんでプレゼンを成功させる名スピーチ、その7つの秘技

・まずは原稿の組立から
・第一印象が明暗を分ける
・テーマには一貫性を持たせよう
・決めワードの連呼が効く
・謙虚な態度で会場を味方にしよう
・話す姿勢について
・下準備と練習は抜かりなく。

プレゼンを成功させる為に!

面接やプレゼンを行う目的意識や目標を明確にして、プレゼンテーションを確実に成功させる為のワークシート「プレゼンテーションワークシート」を作りましたぜひ活用してください。

プレゼンテーションワークシート 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント