心理学で恋愛をひもといて彼女の気持ちを理解するヒケツ

心理学で恋愛をひもといて彼女の気持ちを理解するヒケツ

異性の気持ちを完璧に理解することは難しいですよね。それが、気になる異性ともなるとなおさらです。気になる相手が、自分のことをどう思っているのか?脈はあるのか、ないのか?気になってしまう…という人も多いでしょう。

そんなとき、心理学で恋愛をひもといてみましょう。たとえば、人の無意識の行動やしぐさには、無意識が影響しているといわれています。

つまり、心理学で研究されている知識を応用することで、彼女の行動やしぐさに現れる心の動きを理解するのに役立ちます。また、心理学では、人の印象や感じ方に影響を与える条件なども研究されています。

これらの知識をうまく恋愛に取り入れることで、気になる異性の心を動かし、ハートをつかむことも不可能ではないでしょう。

異性の気持ちはなかなか分かりづらいものですが、心理学で恋愛をひもとき、ちょっとした行動やしぐさをよく観察することで、理解のヒントが得られるとしたら素敵ですよね。

また、心理学の知識を知っておくことで、異性に好印象を与えることもできるんですよ。そこで今回は、心理学で恋愛をひもといて彼女の気持ちを理解するヒケツを5つお伝えします。



 

心理学で恋愛をひもといて
彼女の気持ちを理解するヒケツ

 

座り方に注目しよう


心理学で恋愛をひもといて、彼女の気持ちを理解する1つめのヒケツは、「座り方に注目する」ことです。心理学を恋愛に応用するときには、一緒にいるときの、ふとした異性の行動やしぐさをよく観察することがポイントです。

無意識の行動に、あなたへの気持ちが表れている場合があるからです。特に注目すべきは、座るとき。人って座るときに脱力しますよね。力を抜いてくつろいで座っているときの姿勢には、人の無意識が出やすいんですよ。

たとえば心理学には「ブックエンド効果」というものがあります。これは、好意を持っている相手の方に視線や身体が向いてしまう、というものです。

なので、隣の席や斜向かいの席に座っているときに、身体(つま先)が自分の方に向いていたら、脈ありのサインといえます。

また、向かい合わせで座っているときに、膝をつけずに脚を少し開いて座っていたり、膝から下を開いて座っていたりするのは、相手が心を開いて接していることのサインです。何気なく座ったときの姿勢に注目するようにしましょう。

 

距離感に注目しよう


心理学で恋愛をひもといて、彼女の気持ちを理解する2つめのヒケツは「距離感に注目する」ことです。心理学では、人の身体の半径45cm以内の空間を「パーソナルスペース」といいます。

人は、このパーソナルスペースに知らない人・苦手な人が入ってくると不快感を感じます。逆に、パーソナルスペースに入っても拒否されない場合や、彼女の方から半径45cm以内に近づいてくるような場合には、多少なりとも好意を持っていると考えてもいいでしょう。

また、パーソナルスペースの範囲は男女でも異なっています。男性は前後に長い卵型であることが多いのに対し、女性は完全な円形に近いといわれています。

つまり、女性は男性以上に身体の側面(横側)に近づかれることに警戒する、ということ。まだ親しくない関係のときには、不快感を持たれないためにも、相手のパーソナルスペースを尊重した距離の取り方をしましょう。

 

会話の時の一人称に注目しよう


心理学で恋愛をひもといて、彼女の気持ちを理解する3つめのヒケツは「会話の時の一人称に注目する」ことです。一人称とは、「私」「ぼく」といった自分を指す言葉のことです。

好意を持っている相手には、自分を知ってほしいという気持ちが働くので、会話の中での「私は…」という一人称が増えるんですよ。

 

ギャップを利用しよう


ここからは、心理学の知識を恋愛に利用し、彼女の気持ちを引き寄せるコツをお伝えします。1つめは、「ギャップを利用する」ことです。

心理学に、「ゲイン・ロス効果」というものがあります。人は、実際の数値よりも「変化の幅」によって影響を受ける、という法則です。

たとえば、容姿は大してよくないけれど、接してみると気配りやユーモアのセンスがあった…という場合には、その人の印象がとてもよくなりますよね。「ギャップ萌え」という言葉もあるくらいです。

最初に好印象が与えられなかったとしても、意外性を狙ってアピールしていくことで、彼女の気持ちを引きつけることは十分可能ですよ。

とはいえあまりに印象を操作しすぎ、初対面の印象を下げ過ぎると、リカバリーができなくなるので注意が必要です。

 

「好意の返報性」を利用しよう


心理学の知識を恋愛に利用し、彼女の気持ちを引き寄せる2つめのコツは「好意の返報性を利用する」ことです。好意の返報性とは、心理学用語で、好意を受けたときにそれを返したくなる習性を指します。

プレゼントをされたり、お世話になったりすると、無意識に「お返ししなくては…」という気持ちが働きます。極端に言うと、好意を持っているだけでも好意が返してもらえる可能性がある、ということです。

好意の返報性をうまく利用するためには、さりげなく自分の好意を伝えること。率直に告白しなくても、相手を褒めてあげたり、悩みを聞いてあげたりするだけで、それとなく好意は伝わるものです。また、気配りを絶やさないようにするのもポイントですよ。

 

いかがでしょうか。

お伝えした通り、心理学で恋愛をひもとく際のポイントは、彼女のふとした行動・しぐさを観察すること。お伝えした以外には、視線の動き(上目づかいになる)なども参考になりますよ。

また、会話の際の脈ありサインとしては「過去の話題を覚えていてくれている」、「個人的な悩みを打ち明けてくれる」などが挙げられます。

逆に自分から「そういえば前に○○が好きだって言っていたよね」などと、相手が過去に話していたことを思い出して話を振ってみたり、個人的な悩みや他の人に言わないようなことを打ち明けてみたりすると、それとなく好意を伝えることができますよ。

このように、心理学で恋愛をひもといて彼女の気持ちを理解し、また引きつけられたら素晴らしいですよね。さっそく今日から応用できるように、5つのヒケツを復習していきましょう。

 

まとめ

心理学で恋愛をひもといて彼女の気持ちを理解するヒケツ

・ 座り方に注目しよう
・ 距離感に注目しよう
・ 会話の時の一人称に注目しよう
・ ギャップを利用しよう
・ 「好意の返報性」を利用しよう

好きって言われたら嬉しいですよね?

女の子が好きと言ってくれる音声:

いかがでしたか?気持ちが落ち込んだり、クヨクヨしたりしている時は、この音声を聞いて元気を出して下さい。この音声のダウンロード版も用意しているので、iPhoneやiPodなどのお手持ちの携帯音楽プレイヤーに入れていただければ、いつでも聞くことができます。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント