深層心理を活用して、職場の辛い人間関係を解消する方法

深層心理を活用して、職場の辛い人間関係を解消する方法

職場で気が合わない人がいたり、派閥があったりして人間関係がつらくないですか。多かれ少なかれ職場にはさまざまな人が存在しているので、人間関係が大変になってきます。

人数が多いとか、少ないとかいうのは関係なく人間関係に悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。今人間関係で悩んでいる人は必見です。今日は深層心理を活用して、職場の辛い人間関係を解消する方法についてお伝えします。

深層心理とは人間の意識している部分が10パーセントだとすると、無意識に自分に影響を与えている部分の事で、残りの90パーセントを占めているそうです。この深層心理を利用すれば職場の人間関係も少しずつ解消することができますよ。



 

深層心理を活用して、
職場の辛い人間関係を解消する方法

 

上司のまねをしてみよう


尊敬する先輩や上司はいますか。尊敬する上司や先輩の事は無意識にまねしてしまっているものです。それは自分があんな風になりたいと思っているからです。そして自分に似ている人を相手は好意を持つ傾向があります。

そこで、嫌いな上司や先輩のまねをしてみましょう。嫌いなのに真似したくないという気持ちはわかりますが、いいところが一つくらいはあるはずです。

そうすることで、真似している上司や先輩はこいつ気があうなと感じはじめ好意を持ってくれるはずです。出世したい時にも活用しましょう。

 

温かいものを一緒に食べたり飲んだりしよう


もしも一緒に食事をしたりお茶をしたりすることがあるなら、温かいものを一緒にとるようにしましょう。ニュースなどでも紹介されていましたが、温かいコーヒーと冷たいコーヒーを数秒もって飲んだ時、目の前にいるあいての印象がよかったのは温かいコーヒーを飲んだ時だという報告がされています。

体が温まると他者への友好度が増すということは、苦手な人ともお互いにいい印象をもつことができるということです。苦手な人と一緒にお茶をしたり、食事をするときはチャンスです。間違ってもアイスは頼んではいけませんよ。

 

相手の個性的な部分を徹底的にほめよう


長所をほめられて悪い気がする人はそうそういません。口ではそんなことないよ、そんなお世辞いう人は嫌いだよなんてもし言っていても、心の中では喜んでいるものです。そこで、相手の長所を徹底的にほめてみましょう。

また、ちょっと変わっているなというところも、ほめるポイントです。そういうところは誰もほめてくれませんが、相手はこだわりがある場合があるからです。一気に場の雰囲気が和やかになりますよ。

 

相手の視線をみてみよう


話をしているとき相手はどこを見ていますか。相手の視線の先をつきとめることで、今相手が考えている事がわかります。

右上を見ている場合は、未来のこと、これからのことを想像しています。左上を見ているときは過去の出来事を思い出しているんです。

さらに、左下をみているときは音楽を聴いているような感覚になっています。右下を見ているときは身体的な苦痛に耐えているような感覚になっています。

また、瞬きをする場合は緊張しているか、うそをついている可能性があります。視線を合わせようとしない場合はあなたのことを嫌いかもしれません。どうでしょうか。心当たりはありますか。相手の視線をみて相手の深層心理を理解していきましょう。

 

腕組みをしている人は実は不安でいっぱい


会議や仕事中に腕組みをしてふんぞり返っている人がいます。すごくエラそうに見えたり、威圧的な態度に見えますが、実はこのポーズは内心不安でいっぱいなんです。驚いた時や不安な時は他人に触りたくなったりしませんか。

この時触れなかった場合、自分に触るしかないんです。そう、このポーズをしているときは不安感やつらいことに耐えているんです。もしもお客さんなどにこのポーズをされた場合商談はうまくいかないとおもって早めに引き揚げましょう。

 

眼鏡の形を変えてみよう


今では数千円から眼鏡が買えるようになり、TPOにあわせて眼鏡を変えている人も少なくありません。眼鏡の形が相手に与える印象も違います。例えばぎすぎすしている職場ではまるい眼鏡をはめて優しい印象を出してみてはどうでしょうか。

また、できる印象を与えて、一目置かれるような人物になりたい場合はデザイナーズ眼鏡など一風かわったデザインでほかの人とは違うと思わせましょう。安心感を与えたい場合は眼鏡ではなく、コンタクトのほうが良いです。目がよく見えるほうが安心感が得られやすいのです。

 

話をうやむやにしたいときは直接会って話そう


何かとんでもない失敗をした場合や迷惑をかけてしまった場合、できれば気まずいので相手に会いたくないですよね。しかし、ここで電話やメールで誤ってしまうと逆効果です。

顔が見えないと余計な感情や表情が伝えられないので、ミスしたという事実だけがメインになってしまいます。そこで、直接会って申し訳ないような顔をしているとそちらの印象も加わるのでミスをしたという事実が隠れてしまうのです。嫌かもしれませんが、何かある時は直接話しましょう。

 

いかがでしたか。

深層心理を少し理解していただけましたか。職場では人間関係に悩んでいる場合どうにか今の状況をよくしたいと考えますよね。悩みすぎて病気になってしまう人も増えています。

そうなる前に、今日お伝えした方法をひとつでも試してみてください。こんなことで解決できるのかと疑問に思うかもしれませんが、試してみるときっと解決策が見つかるはずです。

また、今はつらくても状況は毎日変わるものです。自分にできることをしてみたらあとは無理をせずに悩まず、気分転換して自分の気持ちをリフレッシュさせましょう。今日記事をよんでくれた方の幸せを願っています。

 

まとめ

深層心理を活用して、職場の辛い人間関係を解消する方法

・ 上司のまねをしてみよう
・ 温かいものを一緒に食べたり飲んだりしよう
・ 相手の個性的な部分を徹底的にほめよう
・ 相手の視線をみてみよう
・ 腕組みをしている人は実は不安でいっぱい
・ 眼鏡の形を変えてみよう
・ 話をうやむやにしたいときは直接会って話そう

人間関係を円満に!

人間関係を改善して、人生を充実させるためのエクササイズ形式のワークシート、リレイションマップを作りましたので良かったら使ってください。リレイションマップのダウンロードはこちらから。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント