性格悪いと思われないために気をつけたい言動とは?

性格悪いと思われないために気をつけたい言動とは?
性格悪いなあと感じる人っていますよね。人の悪口ばかり言ってたり意地悪をしたり、そういう人を見ると、嫌だと感じることが普通でしょう。

しかし、「人のふり見て我がふり直せ」ということわざがあるように、あなたも他の人に性格悪いと思われているかもしれません。性格悪いと思われる基準とは案外難しいものです。悪口や意地悪は性格悪いと思われて当然ですが、自分では大したことないと思っていることが他人からは性格悪いと感じられていることはあるのです。

「そんなつもりじゃないのに」とならないよう、今回は性格悪いと思われないために気を付けたい言動を5つお伝えします。自分はその5つに当てはまっていないかチェックしてみましょう。



 

性格悪いと思われないために
気をつけたい言動とは?

 

その1:人の悪いところを見つけて言わない


人の悪いところを見つけて言うというのは、多くの方が性格悪いと思っていないでやってしまっている言動のひとつでしょう。例えば、「ここの商品、Aさんがいいってオススメしてくれたんだけど、すごくいいんだよ」と友人に言われたとき「Aさん、パートしてるのにこの商品買う余裕あるんだね」と返事をしたとします。

これは単なる感想であり、疑問を口にしただけと思うかもしれませんが、その返事を聞いた人は性格悪いと感じてしまいます。商品ではなくAさんをピックアップしたり、買う余裕があるかどうかなどは話しかけた人からしたら話の焦点が違うわけです。

わざわざそのことを言うという点においても性格悪いと思われてしまいます。これはクセになっている方もいるのでぜひ気を付けましょう。

 

その2:感情の起伏を抑えましょう


嫌なことがあると不機嫌なオーラを隠さずに出す人っていますよね。おかげで周りの空気も悪くなってしまいますが、当の本人はそれに気付かなかったり、空気が悪くなったのは私のせいか!とさらにイライラを募らせます。こういった方は性格悪いと思われるでしょう。

また、不機嫌なオーラというのは自分が思った以上に周りに漏れてしまうものです。ですから、自分が不機嫌なオーラを出していることに気付いていない可能性があります。自分のイライラが外に漏れていないか親しい人に確認したり、人のいない場所に行って気持ちを落ち着かせるよう努力するべきです。

 

その3:損得勘定をするのをやめましょう


仕事にしろプライベートにしろ、何かをするときには面倒だなあと感じることや自分がやってあげるという状況になることがあります。買い出しや荷物の運搬、お茶出し、書類のコピーなど様々です。

そういった自分でなくてもいいこと、やったからといって特に評価されないことを何かと理由をつけてやらない人がいます。自分にとって得ではなく、むしろ労力をかける分損だと感じるからです。つまり、損得勘定をしているのです。

とても小さなことですが、意外と周りは気付いているもので、「あの人いつも逃げるよね。性格悪い」と陰で言われているということはよくあります。無意識に損得勘定しているなと感じた方は気を付けましょう

 

その4:自分のことばかり考えていないか見つめ直しましょう


自分が忙しいときには周りに助けてもらい、周りがヘルプを出しているときは「私忙しいから」と言って助けなかったり、買い出しを頼まれた際、自分がわざわざ行っているのだからといって自分の好きなものばかり買うなど、自分中心の人がいます。

これは悪意があってやっているのではなく、それが当然だと思って無意識にやっている場合がほとんどです。しかし、これも当たり前ですが、性格悪いと思われます。誰だって自分が一番です。しかし、度が過ぎてはいけません。自分のことばかり優先していないか今一度考え直してみましょう

 

その5:人の失敗についてあれこれ言わない


他人が仕事や恋などで失敗したときに、その人を励ましたり改善点を伝えるわけではなく、ただ失敗したことに対してダメだったところをぐちぐち言ったり、「○○だから失敗したんだ」「失敗すると思った」などと相手の失敗を喜ぶような言動は性格悪いと思われます。

人は他人の失敗について厳しく、また、他人の不幸は蜜の味という言葉があるように、他人の失敗が好きな傾向にあります。ですが、それを前面に出してしまうと性格悪いと言われても仕方ありません。

自分だって失敗することがあります。他人の失敗についてもあれこれ言わず、自分もそうはならないようにしようと気を引き締めるきっかけにすることをオススメします。

 

いかがだったでしょうか。

誰だって周りの人や友人に性格悪いやつだと思われたくありません。むしろ、性格がいいと思われたいと願っている人の方が多いでしょう。しかし、悪口言ったり意地悪をする以外にも性格悪いと思われるポイントはいくつもあります。そして、それは本人が気付いていない、悪気がない、クセになっているということが多いため、知らず知らずのうちにやってしまっているのです。

今回お伝えした5つのポイントですが、思い返せばやってしまっていたと感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、気付いたのならばそのポイントを直すこと、気を付けることができます。

また、当てはまらなかった方もこの5つを今後とも気を付ければ性格悪いと思われないでしょう。今回の記事を読んで、性格悪いと思われないために気を付けたい言動を知っていただければ幸いです。

 

まとめ

注意すべき言動は

・クセになってるかも!人の悪いところばかり言わないようにしましょう
・不機嫌オーラを抑え、感情をコントロールしましょう
・損得勘定せず、すすんで行動しましょう
・常に自分中心の考え方はやめましょう
・人の失敗を喜ぶことはやめましょう

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント