因果応報の法則・必然を味方につけて人生を変える9つの方法

因果応報の法則・必然を味方につけて人生を変える9つの方法

因果応報という言葉を聞いて、皆さんはどのような印象を持たれますか?「霊的なもの?」や「胡散臭い…」と思われる方も多いでしょう。たしかに、言葉だけ見れば「霊感商法」などにも使えそうな怪しい言葉ですよね。

実は因果応報は仏教の用語。「良い行いをすれば自分にも良いことが返って来る。悪い行いをすれば自分にも悪いことが返ってくる」という意味ですが、単純に仏教用語として覚えるだけではいけません。

皆さんの周りにも「何事にもチャレンジ・成功する人」っていますよね?その人の行動や物事の考え方をよく観察してみましょう。本来であれば仏教用語である因果応報を、まさに日常生活やビジネスで実践している事が分かるはずです。

では始めましょう!



 

因果応報の法則
必然を味方につけて人生を変える9つの方法

 

因果応報で人生を切り開く1「因果応報とは?」

上記で、「日常生活で因果応報を実践している」と書きました。少し分かりにくいと思いますので、具体的に説明していきましょう。

成功している人を観察すると、以下のような共通点が見られます。

■成功するための行動を常に行っている
■後ろを振り返って落ち込むことがない
■失敗を成功に結び付ける

他にもたくさんあると思いますが、上記の点に関しては皆さんにも納得して頂けるでしょう。

成功するには、「成功する要因」が必ずあります。それそこ日常生活における因果応報であり、成功に結び付く因果応報(考え方は行動)を毎日の生活に取り入れることで、徐々に人生をステップアップさせていくのです。

以下に紹介する方法は、どれも簡単に見えます。しかし、いざ実践すると難しい物も多いでしょう。特に現代社会のように人間関係に摩擦が起きやすく、個々のつながりが薄くなっている時代には難しいかもしれません。

それでも、成功している人は因果応報を生活やビジネスに取り入れているんですよ。したがって「意味がないのでは…?」とは思わず、ぜひ継続して実践するようにして下さい。

 

因果応報で人生を切り開く2「プラス思考」

マイナス思考で成功するはずはありません。時々、芸能人で「私はマイナス思考なので…」と言われる方がいます。しかし本当にマイナス思考なら、テレビにも雑誌にも出るはずありません。あれは芸能人一流の演出であり、人前に出る人はプラス思考の人たちばかりです。

そこで、たとえ嫌な事があっても「無理やりにプラス思考に変える」という方法を実践して下さい。特に内向的な人の場合は、無理にでもプラス思考に持って行くことが大切です。

たとえば上司に怒られた時でも、「おかげで少し上司が嫌いになれた♪」と思うようにして下さい。「無理やり」であることは分かっていますよ(笑)。でもね、無駄に落ち込むよりマシです。それに、上司を嫌いになっても良いじゃないですか。それを表情に出さなければ良いだけですし、嫌いになったところで「仕事だから割り切って付き合う」と考えておけば何も問題はありません。

また、恋人や家族とけんかした時でも、「仲直りする楽しみが出来た」と思うようにして下さい。こちらも「無理やり」であることは分かっていますよ。しかし結局、落ち込んだり怒りの感情に左右されるよりマシですよね。

 

因果応報で人生を切り開く3「正しい目標」

「○○を成し遂げたい」と思わない人はいません。ダイエット、資格取得、出世、婚活、様々な目標に向かって努力する事は大切です。

しかし、努力をしても成功or失敗する人に分かれるんですね。その分かれ道となり得るのは以下の要因です。

■継続性を持たせる工夫をしていない
■間違ったスケジュールを立てている
■いきなり100%の努力から始めている
■遠い目標に挑戦して挫折する
■一人で始めて、一人で挫折する(仲間がいない

他にも色々あると思いますが、努力が挫折に終わる人に見られる共通点としては上記が挙げられます。

しかし、もう1つ大切な分かれ道があることをご存知でしょうか?それが「正しい目標」なのです。

たとえば、「あと5キロ痩せれば理想の体重になる」という人がいるとします。ところがその人は「無職」です。

いかがですか?5キロのダイエットに挑戦するべきか、あるいは先に就職活動をするべきか?多くの人は「就職活動」と思われるでしょう。「先に働く場所を見つける方が大切だ」が理由だと思いますが、ダイエットを先に始めた方が良いケースもあるのです。

5キロのダイエットをして理想体重になると、当然ですが他人からの「見た目の印象」も良くなります。とくに接遇が求められる職場の場合は、やはり見た目による印象も重要な要素の1つでしょう。

つまり、「就職活動を有利に進めるために5キロのダイエットに挑戦する」という目標の立て方も正しいのです。

このように、表面上の常識だけを見れば「就職活動が先」と思えますが、自分にとっての「成功への道」を考慮した場合、その順番が逆になることもあります。

因果応報の1つとして、「自分が成功するための道順」をしっかりと見極め、その中で必要とされる行動を積極的に行う事が大切なのです。

 

因果応報で人生を切り開く4「後悔はしない」

成功する人は常に前進しています。時として立ち止まることはあっても、「成功のための戻り道」は存在しないのです。簡単に言えば、「過去を振り返って後悔しない」ということになりますよね。

過去に失敗した事、それは覆しようのない事実なのです。ドラえもんでもない限り過去の失敗を取り戻すことは出来ません。したがって、後悔したところで得るものは何もありません。

過去の失敗は「将来への参考書」です。賢い人は、過去の失敗を絶対に覚えています。しかし決して後悔はしません。いわば「失敗しないためのマニュアル」として、過去の失敗を頭の中にストックしています。

落ち込むことで問題が解決するなら、思いっきり落ち込めば良いと思います。しかし何も解決しないなら、落ち込むだけ時間の無駄です。ならば嫌な事でもドライに割り切って、さっさと解決に向かう方法を考えた方が良いですよすね。

自分の過去は、自分の未来への「教科書」です。「反省文」ではないことを理解しておきましょう。

 

因果応報で人生を切り開く5「悲観にならない」

30代前半から若い世代は、生まれてからずっと「嫌なニュースの中で育った世代」とも言えます。バブルの頃は「明るいニュース」で日本中が埋め尽くされていました。誰もが笑顔だったと、当時を知っている人は口を揃えます。

しかしバブル崩壊以降は企業の倒産や自殺、犯罪増加などの嫌なニュースばかりがテレビで流れていますよね?そんな中で育てば、内向的&悲観的になりやすくなるのは当然です。

でも、成功している人に悲観的な人間はいません。何に対しても楽観的というわけではありませんが、「自分が傷つく必要のないことに関しては傷つかない」となります。

テレビで流れる暗いニュースは、あなた一人の力ではどうする事も出来ません。したがって、あなたが心を痛める必要はないんですよ。事件や事故、その他のニュースに共感して、時として悲しくなったとしても、あなた自身が直接傷つけられたわけではないのです。

たとえば殺人事件のニュースが流れた時も、事件そのものに腹を立てることは理解できます。しかし「危険なので護身用のアラームを買っておこう」などの「具体的な対策や行動」を考えた方が、現実社会では賢い生き方になります。

東日本大震災時でも、心を痛めたのは日本国民共通の真理だと思います。しかし悲しむだけでは誰も助かりません。心の中で犠牲者の冥福を祈ることも大切ですが、被災地に出向いてボランティアをした方が、「成果」という意味では正しい選択肢です。

心が揺さぶられることは誰でもあると思いますが、それをいかにして教訓や行動に移すか、これを常に考えることが大切と言えるでしょう。そうすれば、自然と「自分がやるべき事」が見えてくるのです。

 

因果応報で人生を切り開く6「自己批判はNG」

今は横浜DeNAの監督をしておられる中畑清さんですが、現役時代は大変な人気者だったようです。たとえ成績が悪くても、「ぜっこうちょー!!」が口癖だったんですね。持ち前の明るい性格で自分を否定せず、常に「ぜっこうちょー!!」と大きく叫ぶことで自分を納得させていたのです。

もちろん、どんな言葉も言い訳や自己保身に使ってはいけません。しかし「自分はダメな人間だ…」と自己批判をするのはもっとダメなことです。

成功する人間は自分のダメな部分を知っています。しかし自己批判は絶対にしません。むしろ自分のダメな部分を「いかにして武器として使うか?」を考えたり、あるいはそれをカバーする方法を模索します。

ダメな部分があるのは誰でも同じです。完璧な人間などいません。したがって、ダメな部分があることに悲観するのは大きな間違いなんですね。ダメな部分と共存して成功に導く方法や行動、これを考えるようにしておきましょう。

 

因果応報で人生を切り開く7「見えない努力」

「努力は必ず誰かが見ている」と言います。私は個人的に、この言葉は本物だと信じています。逆に「わざと見えるように努力する」は因果応報とは言えません。単なるアピールです。

努力とアピールは違います。アピールとは、その名の通り「注意や興味を惹くこと」です。しかし他人の注意や興味を惹くためには、他人を納得させられるだけの「実力」や「実績」が必要です。

つまり、「人から見える努力だけをする」ということは、「実力もないのに、実力があるかのように見せているだけ」となります。あるいは、「本当な努力する意思もないのに、努力する人間であることを強調しているだけ」とも言えるでしょう。

そのような「見える努力」だけでは、最初は他人を説得することは出来ても、長く信頼してもらえる人間にはなりません。一方、見えない努力をしている人に対しては、「なぜこの人はこれが出来るのだろう?」と、他人の注意や興味が自然と惹き付けられます。そのような状態で「実はあの人、こんな努力をしているんだ」と他人が知れば、その時点で厚い信頼が生まれます。

これこそ因果応報です。見えない努力は、なかなか自分に対する評価に結び付きません。また、いつ結び付くのかも分からないため、「継続する価値」を見失う方も多いのです。しかし必ず誰かが見ていますし、努力を続けるほどに他人のあなたに対する興味が増すことは確実です。「努力を決して見せない」は難しいかもしれませんが、少なくとも、「いつも努力を見せている」という行為は止めておきましょう。

 

因果応報で人生を切り開く8「積極的サポート」

因果応報を実践しない人は、どこか自信がない印象を受けます。一方、因果応報を実践している人は、優しさと強さの両方を持っているような、一言で言えば「魅力のある人」という印象を受けます。

この違いを生む1つの要因として、「積極的サポート」があります。簡単に言えば「頼まれなくても他人を助ける心」となりますね。

この時に大切なのは、「助けているんだ!」という意識を持たない事です。「冷蔵庫が空になったからスーパーに行く」と同じように、「それが自然だから」と、淡々とした気持ちで人を助けることが大切です。

すると、あなたは「当然のこと」と思っていても、周りから見れば「とても心やさしい人」に見えます。でもあなたにとっては、「別に、普通の事ですが…」と周りの反応に戸惑います。

これが積極的サポートの因果応報です。人を助けると良い気分になります。もちろん私も同じです。でも助けることが当たり前になれば、いちいち良い気分にはなりません。何度も同じ映画を見れば感動しなくなるのと同じで、何度も助けていれば良い気分も薄れてくるんですよ。つまり、「普通の事です」と、キレイごとではなく「本音」として言えるようになります。

こうして人を助けると、いざ自分がピンチになると必ず誰かが助けてくれます。因果応報の「良い事をすれば、良い事が自分に返ってくる」の意味の通り、自分がピンチになった時こそ、積極的サポートをしているかどうかが試されるのです。

私も他人にえらい事を言える立場ではありませんが、お節介にならない程度に周りを助けるようにしています。「そうすれば自分がピンチになった時に助けてくれる!」と信じておけば、色んな事に積極的にチャレンジできるようになりますよ。

 

因果応報で人生を切り開く9「困難を受け入れる」

どれだけ努力をしても、どれだけ因果応報に則して生活をしても、困難は必ずやってきます。当然ですね。全てが順風万端で進む人などいませんし、誰しも困難を乗り越えて成長・成功していきます。

しかし目の前に困難があると、そこを避けて通りたい気持ちになるのは自然です。また実際に困難に直面しても、それを受け入れずに目をそらす方も多いですね。気持ち的には理解できます。私自身も強い人間ではありませんし、時として目の前の困難から逃げようとすることもあります。

一方、成功する人間というのは、決して困難から目を背けません。むしろ「さらにステップアップできるチャンスだ!」とプラス思考に捉えているのです。なかなか難しいことですが、私はここに「成功できる人orできない人」の分かれ道があるように感じます。

目の前にあるものが困難に見えるということは、「対処策が分からない」ということになります。だからこそ逃げたくなるのであり、精神的にも辛くなります。しかし、「新しい対処策を身につけるチャンスだ!」と考えれば、むしろ困難こそ自分を成長させてくれる材料であるとも言えます。

成功する人はそれを自然と理解しており、目の前に困難があれば、むしろ積極的に自分から向かっていくタイプの人だとですよね。

私も心がけていることですが、やっぱりなかなか難しいですね。なので目の前に難しい問題が現れたら、「これはチャンスなんだ!」と自分に強く言い聞かせるようにしています。そうして対処策を考えると、ふとした瞬間に「抜け道」が見つかることもあります。

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずですよ。

自信満々になってやる気を取り戻す音声

音声のダウンロードはこちら

この音声のダウンロード版を用意しているので、よかったら下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて使って下さい。

 

いかがでしょうか?

因果応報とは、まさに上記のような事であり、これらを日常生活で実践している人は、必ず成功している人たち。現代社会の仕組みを考えればどれも容易なことではないかもしれません。しかし、「容易でない」と「諦める」はイコールではありません。ぜひ上記のことを日常生活の中で実践して、因果応報による成功を手にしてみましょう!

 

まとめ

因果応報の法則
必然を味方につけて人生を変える9つの方法

■因果応報とは?
■プラス思考
■正しい目標
■後悔はしない
■悲観にならない
■自己批判はNG
■見えない努力
■積極的サポート
■困難を受け入れる

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

Comments

  1. n.s says:

    自分は人を助けるときその行動の裏にある動機や目的?みたいなものを感じて自分自身(逆の立場の場合は相手のことも)を嫌いになってしまいます。
    ようは、『自分が困った時、助けてほしいからその人を助ける』という考えが、偽善に感じてしまうんですが、どうしたらいいでしょうか?

コメント