苦手な人でもがんばれる!1時間で部屋を片付けるコツ

片付ける
部屋を片付けるコツを習得して、散乱した室内をすっきりさせたいと思っている人は意外に多いですよね。

雑誌や新聞が乗ったままのベッド、飲みかけのグラスが乗ったキッチンテーブル、洋服の脱ぎ捨てなど、部屋を見渡した時にどこから手を付けていいのかため息がついてしまうでしょう。

部屋を片付けるコツですが、決して難しく考える必要はありません。これから一大イベントを始めるのだというような心構えをすると、さらにハードルが高く感じてしまいます。

生活空間は散らかっているより、いつも整頓されて視覚的に気分的にもすっきりしたほうが何かとメリット。疲れて散らかった家に帰ってくるとさらに疲れもどっどやってきます。そこで本日は苦手な人でも短時間でできる部屋を片付けるコツをお伝えします。

一番目立つ問題を把握しましょう

部屋を片付けるコツは、一日かけてのんびり楽しみながらできる余裕があれば気分次第でどこから手を付けてもよいのですが、短時間で集中して行う場合は要点を押さえることがコツです。

あっちもこっちも手を付けてしまうと結局どこも片付かずに終わってしまう場合もありますよね。まずは部屋を見渡し、何が一番部屋を乱雑に見せているか把握してください。

たとえば山積みになった雑誌、洗濯物の山、散らかっているデスクなど、最初に目に飛び込んでくるところから責めていけば、次に取り掛かる場所もわかりやすくなります。

 

パーソナルグッズはなるべく隠そう

部屋を片付けるコツを習得するメリットは、自分の快適な暮らしのスペースを作る点があります。疲れた時にホッしたい家、そんな癒しの空間は毎日の生活に欠かせない条件になるでしょう。

また乱雑な部屋はお客さんが来た時にとても恥ずかしいもので、意外な印象を人に与える場合もあるのです。散らかっている印象を与えるものとして、パーソナルグッズがあります。

たとえば歯ブラシやメイク用品、食べかけのお菓子など、これらのアイテムはとても目につきやすくライフスタイルまでも想像されてしまいます。部屋を片付けるコツはこれらのパーソナルアイテムをできるだけ人目につかないところに保管しましょう。

 

時間がない時は一か所にまとめよう

短時間で一気に部屋を片付けるコツにやる気はなによりも大切なポイントですが、計画的にスタートしないと時間が無駄になってしまいます。まず1時間とタイムリミットを決めたら、散らかっているものを一か所に集めてください。

たとえば洗濯かごや空の衣装ケースなどを使い、机の上のものなどすべてを一か所に保管して部屋をすっきりさせましょう。残りの時間を使い、まとめたアイテムを元の位置に戻し、回収と分散を同時進行させないことが時間短縮のメリットになります。

散らかった部屋は整理整頓するだけでなく、併せて掃除する点も忘れてはいけません。汚れが目立つ机の上、床のほこりなどは手早く掃除してください。

 

不要か必要か判断しながら片付けましょう

部屋を片付けるコツは整理整頓をしながら、不要なアイテムを分別して処分してください。必要ないものをいつまでも保管していても、また部屋が散らかる材料が増えるだけ。

余分なものを持たない習慣は、部屋の片づけを楽にする秘訣になりますので、掃除をするたびにどんどん不要なものと必要なものを見極めてください。

たとえば洋服、つい買い込んでしまうアイテムンのひとつ、セレクションが多いのはファッションの楽しみを広げるメリットになります。

しかし実際には1年以上も着ない洋服はたくさんクローゼットにあり、これらの洋服は将来的に着ない可能性も。散らかる原因から改善していく点は常に快適な暮らしの環境を作る秘訣です。

 

使ったらしまうの原則を守りましょう

部屋を片付けるコツがわかっても、どうしても苦手意識があり積極的に整理整頓が出来ない人もいます。いつかやろう、時間があったら始めようと後回しにすると部屋の片づけは進みません。

こんなタイプの人は予防策として普段から使ったものを必ず元の位置に戻す習慣を始めましょう。出しっぱなし、使いぱっなしを減らすことで余計な掃除のストレスが減り短時間で部屋を片付けるコツにつながります。

 

このように部屋を片付けるコツは効率的に進めることが何よりも時間短縮の秘訣になります。たまに掃除が趣味という人がいるように、嫌なことを楽しみながらやる工夫も必要ですね。

たとえば好きな音楽を聴きながら部屋の片づけをする、片付けが終わったら好きなデザートをのんびり食べるなど、自分なりのゴールを設定すると片付けのモチベーションがアップします。

部屋を片付けるコツを習得するメリットは、誰かに見られても安心できる点だけでなく、なによりも自分が一番居心地がよいスペースを作る目的になります。

乱雑な家のなかではいつも何かを探している状態、こんな暮らし方では自然とストレスが溜まってしまいますよね。今日からは整理整頓を心がけ、すっきりした空間を大切にして生活をスタートしましょう。

連記事

コメントをお書きください