部屋の片付け方を学んで、快適な空間で暮らすポイント

片付け
部屋の片付け方が上手な人の家はいつ行っても綺麗に整頓され掃除も行き届いていますよね。そんな理想的な生活環境を作るためには最初に大がかりな掃除をして、理想的な空間をセットすることです。

ちょっとした模様替えなども加えて、いつもとは違った生活風景に変えるのは気分転換効果もあり楽しくなるでしょう。しかし大変なのは、そんな快適な家の中をずっと維持する点、いつのまにか物があちこちにちらばり乱雑になってしまうのです。

そんな悩みを抱えている人を助けてくれるのが、効率的な部屋の片付け方です。重い腰を上げずにささっとできる片付け方法があれば、整理整頓された室内はいつまでもキープできます。そこで本日ですが、部屋の片づけ方を習得してきちんと整った生活環境を作るポイントをお伝えします。

不要なものを処分してスペースを広げよう

部屋の片付け方がわからないとどこから手を付けるべきなのか、またなにが原因で散らかっているのか判断すら難しいでしょう。乱雑な生活空間で暮らしていると必要なものを見つけるまでに時間がかかり、とても効率が悪くストレスになります。

快適な暮らしとはすっきりして機能的なスペース、これを作り出すためには最初に不用品を処分してください。断捨離ブームがあるように、近年私たちの生活はいらないものであふれかえっていますよね。

ものを持ちすぎると大切にする心も失われてしまうので、本当に必要なものだけを残して暮らしましょう。しばらく着用しない洋服、邪魔な家具、処分する古雑誌など、こだわりを捨てて思いっきり断捨離してください。

 

毎週掃除の日を決めて習慣にしましょう

後でやろう、明日掃除しよう、誰も来ないからいいや、という気持ちでは部屋の片付け方はいつまでも習得できません。快適な空間は人に見せるためのものでなく、自分が健康で幸せに暮らすために欠かせないもの。

整理整頓をしてもほこりだらけやキッチンが油汚れではなんとなく達成感が感じられませんよね。快適な暮らしは清潔で綺麗であることも大事なポイントになりますので、面倒な掃除は必ず曜日を決めて習慣にしてください。

一年に一度の大掃除のようにおおがかりにしてしまうと掃除は大変。しかし習慣的に続けておけば、手軽にできます。気が付いたらやろうではなく、掃除の日に定期的に整理整頓も含めて生活環境を綺麗にキープしてください。

 

整頓した状態を写真に残しておこう

部屋の片付け方のコツはあったものを元の場所に戻す心がけです。一見簡単そうに思えるアイデアですが、この法則がしっかり守られていれば部屋の片づけで困ることはないでしょう。しかしなぜか毎日暮らしている間に室内にはあれこれと物が出しっぱなしになってしまいます。

どこにしまうもの?と忘れてしまい、最初の位置とは違うところにどんどん移動し結果的に散らかる場合があります。

このような要因をなくすためには、きちんと整えた室内を写真に撮り、わからなくなったら写真を見ながらその状態に戻してください。お手本が残ってれば部屋の片付け方で困った時のガイドになるでしょう。

 

不要なものを保管する場所を決めましょう

部屋の片付け方が手早く急なお客さんが来てもいつも整頓されている家があります。そのような環境を作るには効率的な片付け方を習得して、ささっと空間を広げましょう。

コツは不要なものをまとめる場所を決めておくこと、または後でまとめて片付けするようにおおきいコンテナやバスケットを用意してなんでもそこにいったん保管しておきます。

これなら細かいアイテムをそれぞれの所定位置に戻す手間が一度で解決されますので、急な掃除が必要な時やなんとなく周辺が乱雑で落ち着かない時などさっと部屋の片付け方ができるでしょう。まとめた不要なものは掃除の日に必ず処分するか、元の位置に戻してください。

 

カバーを活用して見た目をすっきりさせよう

本棚、パソコンデスクなど視覚的にごちゃごちゃしているところがあります。整理整頓しようがない部分はカバーを付けて見えないようにすることもすっきりさせるコツです。

たとえば本棚ですがおおきいタペストリーやカーテンサイズの布を使い前面をインテリアに合わせてカバーしておくと視覚的にすっきり。この方法でラックにかかった洋服やキッチンエリアも見た目を効率的に綺麗にごまかし、部屋の片付け方がスピーディにできるでしょう。

 

さて部屋の片付け方ですが、苦手に思っている人ほど整理整頓や収納をとても大変に考えがちです。手をつけるまでのモチベーションがなく、つい散らかったままの空間を放置してしまうでしょう。

これからは物を増やさない心がけを基盤にして、いらないものを処分、使ったものは元に戻すというポイントを繰り返し実践してください。一度生活しやすい空間が完成すれば、自然に自分に合った暮らしのスペースが生まれ快適に変化していきます。

掃除や収納のストレスを抱えながら過ごすと家にいても落ち着けませんよね。部屋の片づけ方を面倒がらず、楽しみながら生活習慣の一部にプラスしていきましょう。余裕が生まれたら好みのインテリアに変えるなど、室内のおしゃれも楽しめるようになります。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました