人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するコツ

人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するコツ
人に嫌われるのは誰だって嫌なものですよね。だけど、嫌な気持ちを通り越して、「人に嫌われるのが怖い。嫌われたらどうしよう」と、いつも人の目を気にして自分を出せないと、心の健康に支障をきたしてしまうことがあります。

もちろん、自分らしく生きたいと思うことでしょう。人に嫌われることを恐れず、自分の言いたいことはしっかりと発言し、やりたいことを我慢することなく、思うように行動できたら、今のモヤモヤとした気持ちから解放されるかもしれません。

「周りの人は、皆堂々と自分を表現しているのに、どうして自分は人に嫌われるのが怖いと思ってしまうのだろう…」そう悩むあなたのために、今回は人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するコツについて、お伝えします。



 

人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを
克服するコツ

 

人に嫌われるのが怖いと思い始めたきっかけを探してみよう


人には生まれながらの気質というものがあります。人に嫌われるのが怖いと感じてしまうあなたは、生まれながらに人のことを考える優しい心の持ち主かもしれません。しかし、悩んでしまう程、嫌われるのが怖いと思うようになってしまったのには、何かきっかけがあるはずです。

何かを克服するために、その原因を追究するというのは効果的な方法です。あなたが嫌われるのを極度に恐れるようになってしまったきっかけは、大人になってからとは限りません。場合によっては、幼少期にさかのぼるかもしれません。もしかしたら、親子関係に何か問題を抱えている場合もあります。

ずっと前の記憶を遡らなければならない骨の折れる作業で、しかも辛い記憶を呼び起こす可能性もありますが、成長したあなただからこそ、嫌われることを怖いと感じるきっかけを冷静に分析し、「今思えば大したことではなかった」と思えるかもしれません。

 

万人に好かれる人などこの世に一人もいないことを知ろう


嫌われるのを極度に恐れる人は、「誰からも好かれたい」「万人に愛される人であることが理想」という考えをどこかで持っています。もしかしたら、あなたの中で誰からも愛されている理想の人がいるかもしれません。

だけど、どんな人も万人に愛されることは不可能なのです。善良でカリスマ性のある人でも、ごく一部の人から強く嫌われるものです。絶対に誰からも嫌われず、万人に好かれる人などこの世に一人もいません。

その理由は、人間は千差万別だから。皆が同じ志向や考え方をしているわけではなく、好ましく思うタイプも人によって違うからです。

嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するためには、全ての人から好かれることは不可能であり、誰かに嫌われてしまうのはむしろ普通だと認識することが必要です。

 

好かれるための自分は偽りの姿であることを自覚しよう


先ほど万人に好かれる人などこの世に一人もいないと書きましたが、人に合わせて自分を変幻自在にでき、しかもそれを誰にも悟られないという技術を持った人間ならば、万人から好かれることが可能かもしれません。

しかし、やっぱりそんなことは不可能ですよね。八方美人という言葉があるように、誰に対しても良い顔をしていると、必ず誰かからそれを見破られるものです。それに、人に合わせて自分を変えるというのは、偽りの自分の姿を見せていることも同等。

人に好かれるために自分を偽るというのは、本末転倒ではないでしょうか。例え偽って人に好かれたとしても、それは本当の自分ではないのです。

人に対する礼儀や思いやりと、人に好かれるために自分を偽る行動は、全く別物です。嫌われるのが怖いから、好かれようとして自分を見せないのは、自分を偽り、自分本来の希望からかけ離れていることを自覚しましょう。それが、自分を変えるための第一歩になります。

 

自分の大切なものを守るためには、時には人に嫌われる必要がある


あなたにとって大切なものはありますか?今はいなくても、今後の人生で自分より大切で、何に変えても守りたいという存在ができるかもしれません。それは、自分ではない誰かかもしれないし、人ではない生き物や命のない物質、時には形のないプライドや気持ちだったりするかもしれません。

状態は関係なく、自分が何より大切にしているものを守りたいと思った時、人からどう思われようが構わないという強い気持ちがなければ全うできないものです。人は、守るものができたときに、思わぬ強さを発揮します。

今、あなたは嫌われることが怖くて、そればかり気にしてしまっているかもしれませんが、きっかけがあれば、克服できる可能性は大いにあるのです。嫌われることは悪いことではありません。何かを守るために強くなりたいと思った時が、嫌われることが怖いと思う気持ちを克服するチャンスです。

 

どんな嫌われ者でも、その人を大事に思っている人がいるという考え方のススメ


嫌われるのを極端に恐れるのは、嫌われることで自分がひどい仕打ちをうけるかもしれないという恐怖心があることはもちろんですが、それ以外に、あなたの中で嫌われ者に対するイメージが酷く悪いというのも大きな原因になっています。

他人の目を気にしてしまうあなたは、誰かから嫌われてしまったら、そんな自分を見て、今まで良好な関係を築いてこられた人からマイナスの印象を持たれ、嫌われてしまうかもと考えてしまい、尚更人に嫌われることに恐怖を持ってしまうのです。

だけど、多くの人から嫌われている人でも、そんな嫌われ者を大事に思っている人が必ず一人はいるものです。誰かにとっての嫌われ者は、別の誰かにとっては大切な存在なのです。あなたが誰かに嫌われたとしても、あなたを変わらず愛し、あなたの味方になってくれる人は必ずいます。

だから、嫌われることを恐れるのではなく、どんなことがあっても自分を愛してくれる人を大切にしていくことを考えましょう。誰かに嫌われることよりも、大切な人を悲しませる方が辛いことなのです。

 

人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するコツについておつたえしましたが、いかがでしたでしょうか。

現代では、インターネット環境の普及により、人との関わりは薄く、そして広くなりました。実際に顔を見ず、本名も知らないまま深い悩み事を相談したかと思えば、ほんの少しの情報から相手の人間性を決めつけ、ひどい言葉を投げつけることもあります。

友達同士ではLINEやSNSの文字だけのやり取りで、かえってすれ違いを生んでしまうこともあります。このような環境から「人に嫌われるのが怖い」と思い、極度に人の目を気にする人が増えているのです。

そんな難しい現代で、嫌われるのが怖い気持ちを克服するためには、欲張らないことです。自分が大事にしていることをしっかり認識し、それだけは守ろうという気持ちが大事。万人に愛されるという夢を捨て、強くならなければなりません。

人に嫌われるのが怖いと思う気持ちは誰もが持つものです。そういった気持ちがあるからこそ、人は良好な人間関係を築くことができるのです。しかし、人に嫌われるのが怖いという気持ちが大きすぎて、その恐怖心から思うように行動できず、精神を病んでしまう程になると、話は別です。

どうしても、人に嫌われるのが怖いという気持ちに捕らわれ、抜け出せず辛い状態が続くのであれば、専門のカウンセリングを受けるなどの具体的な行動を起こしてくださいね。

 

まとめ

人に嫌われるのが怖いと思う気持ちを克服するには、

・人に嫌われるのが怖いと思い始めたきっかけを探してみよう
・万人に好かれる人などこの世に一人もいないことを知ろう
・好かれるための自分は偽りの姿であることを自覚しよう
・自分の大切な人を守るためには、時には人に嫌われる必要がある
・どんな嫌われ者でも、その人を大事に思っている人がいるという考え方のススメ

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント