面接やプレゼン前に行うと良い、効果的な緊張のほぐし方

面接やプレゼン前に行うと良い、効果的な緊張のほぐし方
就職や学校の面接、会社でのプレゼンを任されたときなどは誰しもが緊張しますよね。こんな時、事前に緊張のほぐし方を知っておきたいと強く思うことでしょう。

緊張することはしょうがないのですが、特に人前で話すことが苦手という方ならなおさら硬くなってしまいます。「上手く話せなかったらどうしよう」という不安からどんどん緊張が高まってしまい、ますます不安が出てきてしまうものです。もうすぐ自分の番が来るという時、心拍数はマックスとなるでしょう。

しかしそんな時に行うことで気持ちが落ち着く、緊張のほぐし方があります。そこで今回は、その場で簡単にできる、面接やプレゼンを控えている方には必見の簡単な緊張のほぐし方をお伝えします。

体を軽く動かしたり柔軟体操をする

まず最初にお伝えする緊張のほぐし方は、出番が近くなったら体を動かしたり柔軟体操をすることです。これは緊張している状態と言うのは、体の筋肉も固まっていて血流が悪くなっていることでもあるのです。

ストレッチや手足をぶらぶらさせることで、体の血流が良好に戻り緊張も和らいでいくでしょう。もしなかなか大きく動けるスペースが無かったり、他の人がいる前で大きな動きは恥ずかしいと言うなら、その場で軽くジャンプするだけでも良いです。

スポーツ選手などが、試合に臨む前にやっている姿を見たこともあるのではないでしょうか。これは緊張をほぐしていたのです。

 

意識をして呼吸をする

もう一つ簡単にできる緊張のほぐし方として、呼吸があります。よく緊張したら深呼吸をしようと言うことを聞いたこともあるでしょう。

深呼吸をすることで自律神経のバランスが整えられていきますので、自然と緊張が和らいでいきます。いつでもすぐにできる緊張のほぐし方ですよね。

この時に気を付けてほしいことは、吐くという行為を特に意識して行うことです。深呼吸をするときには、吸う方はしっかりやるのですが、意外と吐くことが中途半端にしてしまうことがあります。

鼻から吸ってゆっくり口から吐き出すことを意識的に行いましょう。

 

開き直りの暗示をかける

こちらは脳で行う緊張のほぐし方になります。プレゼンや面接の前には開き直ってしまおうという強引な方法と言えますが、自分に暗示をかけてしまうのです。

具体的に言いますと、「上手く話せなかったらどうしよう」と思うところを、「上手く話せなくても死ぬわけでは無い」と考えてしまうのです。

「上手に話すことが全てではない、伝えることができればよい」と、本番前に考えておきましょう。完璧にしようとするから、逆に上手くいかないのです。

開き直ることを暗示にかけてしまえば、緊張もほぐれていくでしょう。

 

緊張している状態を客観視する

こちらも考え方を変える緊張のほぐし方です。出番が近づいてきてだんだん緊張している自分自身を客観視しましょう。

心臓の鼓動が早くなってきた、今の自分は汗もかき始めて緊張してきている、落ち着きが無くなってきた…などというように、自分の状態を解説するのも良いでしょう。今の状態をしっかり受け止めるのです。

これにより、もう一人の自分が冷静に自分自身を見ることができますので、緊張がほぐれていくのです。この方法は舞台に立つ方やスポーツ選手も実行しています。

逆にやってはいけないことが、「緊張するな」と自分に言い聞かせてしまうことで、これはかえって緊張を呼んでしまいます。緊張のほぐし方としては逆効果になりますので注意が必要でしょう。

 

楽しくこなしている自分の姿を想像する

最後にお伝えする緊張のほぐし方は、いわゆるイメージトレーニングです。面接やプレゼンなど、自分が楽しく話してこなしている姿を想像しましょう。

この時にコツとしては、言葉巧みにスマートな話をしているというよりかは、自分がいる空間を楽しんでいるという感覚で想像するのです。

先ほども言いましたが、上手く話そうとすると逆に緊張を呼んでしまいますので、あくまで楽しんでいる自分を頭に描いていきましょう。

イメージトレーニングは色んな場面で取り入れられている緊張のほぐし方です。少しずつ肩の力が抜けていくでしょう。

 

緊張のほぐし方には、体を使うものや考え方を変えるものなど様々あります。知っているだけでもいざという時にとても役に立つでしょう。

知らない人の前や大勢の人の前では、どうしても緊張してしまいます。ガチガチになりすぎて何も伝えられなかったという事は避けたいものでしょう。そのためにも緊張のほぐし方は存在しているのです。

体を動かしたり開き直ったりなど、その場で簡単にできるものばかりですので、決して難しくはありませんよね。緊張するからこそ楽しめると考えることができれば最高でしょう。

このような緊張のほぐし方を実行しながら場数を踏めば、だんだん緊張に強くなる自分ができあがってきます。どんな時でも最高の自分を出せるようにするためにも、緊張のほぐし方を頭に入れておきましょう。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました