会社を辞めたいと決断したら行動しよう。5つの正しい知識

会社を辞めたいと決断したら行動しよう。5つの正しい知識
“会社を辞めたい”と感じたことは誰にでもありますよね。しかし、会社を辞めるための決心はなかなかつきません。思い切って会社を辞めたとしても、会社を辞めたいという感情が先走り、辞めてしまって後悔する人もいるでしょう。

もちろん辞めた後は安定した給料も社会保障もありません。せっかく辞めるのであれば、「辞めてよかった!」と前向きな人生を送りたいですよね。

「働く環境が悪くても、上司に罵られても、毎日同じ電車に乗って会社に行き、クタクタになるまで働き、週末はお酒を飲んでストレス発散!」そんな生活に終止を打つために会社を辞めたい、と考えている人はたくさんいます。

会社を辞めたいと考えている時間を、どのように行動するか考える時間に充ててみましょう。そこで今回は会社を辞めたいと考えている人が知っておくべき5つの知識をお伝えします。



 

会社を辞めたいと決断したら行動しよう。
5つの正しい知識

 


失業手当を受け取る準備をしましょう


「会社を辞めたいけど、毎月の安定した給料がなくなる」と考えると不安に感じるでしょう。しかし雇用保険料を一年間払っていれば、退職後に失業手当を受け取る資格があります。

会社勤めをしている人は、基本的に雇用保険料を毎月払っており、雇用保険料は社会保険料と一緒に給料から差し引かれています。勤労日数や毎月の給料の額によって、失業手当としてもらえる額が変わってきますが、支給金額は失業手当申請時に確認できます。

自己都合退職の場合と、会社都合退職の場合で失業手当の受け取り開始日が変わり、自分の意志で辞める場合は3ヵ月間失業手当の受給を待たなければなりません。

会社を辞めたいという理由で辞める場合は、自己都合退職なので、失業手当を充てにして無職を続けていると、3ヵ月間収入がなく困ることがあります。失業保険に頼らなくていように、会社を辞める前に3か月間の生活費は必ず貯蓄しておいてください。

スムーズな申請手続きのために、失業手当申請時に必要なものは辞める前に確認し、退職前に手配できるものは早めに手配しておきましょう。

 

有給休暇を使いましょう


優良企業に勤めていると、会社から「有給を消化してください!」と催促される場合もあるでしょう。しかし実際に有給休暇を使えていない人は多いですよね。休みがないことも会社を辞めたいと感じるきっかけになります。

誰にでも有給休暇を使う権利があるので、辞める前に有給休暇を消化しましょう。退職する前に数日間有給を取るのが気まずいと感じるのであれば、最終出勤日の後に有給消化ができます。その際は最後の会社出勤日が退職日ではなく、有給消化最終日が正式な退職日になるので注意しましょう。

(例)3月31日が退職日で、有給休暇が7日あるとします。25日から31日の期間は有給休暇中になり、雇用されている状態になるので、24日が最終出勤日になります。

このように有給休暇を最終出勤日の後に消化することで、有給休暇の後に会社に出勤する必要がないので、気が楽ですよね。

 

保険証が失効する前に病院に行きましょう


会社勤めをしている期間は、平日に通院のために休みを取ることは難しいですよね。しかし会社を辞めた後は社会保障がない状態になり、保険証ももちろん失効します。

会社を辞めた後に病院に行こうとしても、保険証がなく全額負担になるか、国民保険に加入して高い保険料を払わなければなりません。体の不調がある場合は、退職する前に病院に行きましょう。

しかし辞めることを会社に伝えた後に、通院のために休みを取るなど罪悪感がわきますよね。その際は、有給休暇中も正式に雇用されている状態なので、有給が残っている場合は退職前の有給消化中に行くことをオススメします。

 


退職前に引継ぎや身辺整理、退職後の様々な手続きの準備をしましょう


「会社を辞めたいと思って辞めたけど、業務の引継ぎがきちんとできていなく、辞めた後も会社から連絡が入って辞めた気がしない」「辞めた後もやり残したことがないか気になる」など、中途半端に辞めてしまうと、辞めた後もダラダラと働いている気分になってしまいます。引継ぎや報告はきちんと行い、退職後に自身も同僚も困らないようにしましょう。

辞めた後に会社とのやりとりは億劫ですよね。しかし辞めた後に様々な書類が必要になります。そこで辞める前に確認しておく必要なものを5つご紹介します。

年金手帳
雇用期間中は厚生年金を払っていましたが、退職後に国民年金の支払いに切り替えをしなければなりません。役所での手続きの際に年金手帳が必要になります。

健康保険被保険者資格喪失確認通知書
健康保険から国民健康保険への切り替えも役所でしなければなりません。こちらも手続きの際に必要な書類です。

源泉徴収
基本的に退職後に会社から届きます。支払いすぎた税金の返金手続きの際に必要になるので、受け取れるようにしておきましょう。

雇用保険被保険者証
失業手当申請時に必要になります。退職後の仕事や予定が決まってないという場合は、必ず手元に準備しておきましょう。

離職票
失業手当申請時、会社を辞めたことを証明するために必要な書類です。退職後に届くのできちんと届くよう確認しましょう。

 

クレジットカードを作りましょう


クレジットカードで買い物をしたり、様々な支払いをカード払いにしているという人は多いですよね。クレジットカードを持っていない人ももちろんいますが、高価なものは分割払いで購入できますし、クレジットカードを作ろうとしても難しくはないはずです。

しかしクレジットカードを作りたい、高価な買い物だから分割払いを使用したいと思っても、無職の状態だと簡単ではないでしょう。会社に勤めていると、世の中で信用を得ることができるのです。クレジットカードが必要になる可能性がある、クレジットカードを作ろうと考えているという人は、会社を辞める前に作っておきましょう。

 

会社を辞めたいと思って辞めるまでに、準備しておくべきことや、やるべきことがたくさんありますよね。会社を辞めた後も必要であれば失業手当の申請や、再就職のために職業訓練を受けたり、もちろん就職活動などやらなければならないことがたくさんあるでしょう。辞めた後にバタバタしないよう、辞める前にできることは早めにしておきましょう。

退職後に会社から様々な書類が届くはずです。様々な手続きの際に必要になるので、引っ越す際は必ず会社に新しい住所を伝えるなど、手元に届くようにしておいてください。

また届いた書類は捨てずにきちんと保管しておきましょう。会社を辞めたいという気持ちのまま働き続けるのは辛いものです。充実した人生を送るために、覚悟を決めて辞める決断をし、行動してみましょう!

まとめ

会社を辞めたいと決断したら

・失業手当を受け取る準備をしましょう
・有給休暇を使いましょう
・保険証が失効する前に病院に行きましょう
・様々な書類の準備や整理をしましょう
・クレジットカードを作りましょう

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれると話題の「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。

プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

近日中に起こる運命を知りたい方は、初回無料ですので是非お試しください!

コメント