頭の回転が遅い人必見!思考パターンを変えて悩みを解決するコツ

頭の回転が遅い
頭の回転が遅いと周囲の流れに追い付かず損をする場面がありますよね。それだけでなく、タイミングに合わせて状況が判断できないと仕事や人間関係で失敗する可能性もでてくるでしょう。

世の中には頭の回転が遅い人と早い人の2つのタイプが存在します。てきぱきと行動してその場面に合った判断を下せる人、それに対して頭の回転が遅い人は一歩後れをとっています。

のんびりした性格だから仕方ないと諦める人もいるかもしれませんが、思考パータンによってはストレスを抱え込みやすくなり快適な生活が送れない場合もあるのです。

そこで本日は頭の回転が遅い人に知ってほしい脳の鍛え方をご紹介し、効率的な思考パターンを持つ秘訣をお伝えします。

観察力を磨き素早い状況判断をしよう

頭の回転が遅い人は生活全般でのんびり行動したり、周囲に注意を払わない特徴があります。足元を見ずに転びそうになるなど、ちょっとした注意力散漫な性格は仕事でも影響が出てしまうでしょう。

そんな人はまず観察力を高める心がけをもってください。周囲の様子、人間関係などを普段からチェックしておくと素早く対応できる場面が色々あります。

結果がすぐに出せないのは状況判断に時間がかかることも要因になっていますので、待ち時間、通勤時間などを活用して自分の置かれた状況を観察する練習をしてください。

頭の回転が早い人は的確なアプローチをしています。それは普段から自然に身についた観察力があるためなのです。

 

オンとオフの切り替えで脳を刺激しましょう

だらだら仕事したり一日寝ている生活は、脳の切り替えができないため、なにか考え事が出来た時にも迅速な対処がとれません。頭の回転が遅い人は生活のなかでオンとオフの切り替えをはっきりつけるように意識してください。

たとえば休み明けは頭のなかがまだリラックスした状態。このままでは仕事に取り掛かるまで時間が無駄にかかり、効率も悪くなります。

頭の回転が遅い人は、思考パータンのサイクルを見直し考える時とボーッとするときの一線をはっきり引くことが改善のコツになります。

まず悩み事を抱えた時を思い出してください。頭が切れる人は困難な場面でもオンとオフがあるので、脳がいつも刺激されスピーディに問題が解決できます。

 

無意識にタイムリミットを持つ習慣を心がけよう

頭の回転が遅い人は瞬時の判断が苦手、気が付いたらみんなが自分とは違う行動をとっていたなんてことがありますよね。思考パターンがのんびりしている頭の回転が遅い人は、普段からタイムリミットをつける習慣をはじめてください。

たとえばでかける準備、頭が切れる人はどこに出かけるか、誰と出かけるか、天気や気温までも幅広く短時間に考える習慣があります。のんびりタイプだと、いつまでも取り掛かれず結局後回しになる場面もあるでしょう。

ここでタイムリミットがあればゴール設定になりますので、時間内で効率的に作業を終える習慣が出来ます。すると必然的に思考パターンも順序良く、スピーディにできるようになるのです。

 

新しいことにどんどんチャンレジしよう

新しい環境に置かれたとき、私たちは無意識にあらゆることを一度に吸収しようとします。たとえば新しい職場の初日、仕事を憶えるだけでなく周囲の人の名前や性格、会社の規則など短時間でどんどん頭に詰め込まないといけませんよね。

このような環境は脳を鍛えるメリットになりますので、頭の回転が遅い人は新しいことにどんどんチャレンジしてください。

たとえば一度も行ったことがないレストランで食事をする、新しい趣味をはじめるなど、情報収集と観察力は頭の回転を速くする良いトレーニングになります。

 

脳の疲労回復をしっかり続けましょう

脳が疲れていると考え事をしても答えがなかなかでてきません。体が疲れている時は脳も同じく疲労が溜まっているサイン。頭の回転が遅い人は脳の疲労回復も意識してみませんか。

たとえば炭水化物、ごはんなどの糖質は脳の働きに必要なエネルギー減となります。頭がすっきりしない時はおにぎりやパンを食べるとよいでしょう。

そして脳の疲労回復に大切なのは毎日の睡眠、質の高い眠りは心身や脳の疲れをとるために欠かせないものです。

 

このように頭の回転が遅い人は思考回路をうまく機能させるように、あらゆる角度からアプローチしてみましょう。そのうち頭の切れがよくなるだろうとのんびりしていると、いつまでたっても一歩出遅れてしまいますよ。

なにから手を付けてよいかわからない時は、頭が切れる人の様子を観察して特徴を真似するのも方法のひとつです。頭の回転が早いということは頭が良いということとは違います。

高学歴がなくても思考パターンが飛びぬけて早い人もいますし、博学で周囲から頼られるタイプも少なくありません。

すべては脳の働きを常に活発にしておくことが基盤。頭の回転が遅い人は今日からできる簡単な改善策からはじめ、徐々にスピードアップしていきましょう。

連記事

コメントをお書きください