勉強の方法を改善するだけで目標を楽にクリアできる秘密

勉強の方法を改善するだけで目標を楽にクリアできる秘密

社会人になってから、資格取得やTOEICのために勉強を始めたけれど、なかなか成果が出ず、目標が達成できない…という人はいないでしょうか。

働きながら勉強し、目標をクリアすることは至難の業です。睡眠時間や趣味の時間を削って勉強に当てても、なかなかはかどらず、成果が感じられないということも多いと思います。

勉強はしているが成果は出ない、という人は、もしかすると勉強の方法が間違っているのかもしれません。驚くほど多くの人が、「徹夜で頑張る」「気合いで頑張る」といった根性論・精神論にとらわれて、効率のよい勉強方法を実践できていません。

あげくのはてには、間違った勉強方法を続けて、成果を上げられず、「僕は頭が悪いんだ」「私には能力がないのだ」と自信を失ってしまう人もいます。

勉強の方法を改善すれば、誰でも目標を楽に達成できる可能性があるのに、もったいないと思いませんか?そこで今回は、勉強の方法を改善するだけで目標を楽にクリアできる秘密についてお伝えします。



 

勉強の方法を改善するだけで
目標を楽にクリアできる秘密

 

現状を把握して目標を立てよう


社会人が勉強をする上で大切なのは、まず「目標」と「現状」を正しく理解することです。「目標」がよくわかっていないと、無駄な勉強をしてしまいます。

たとえば、「TOIECで900点以上をとる」というのは、目標としては不十分です。リスニング・文法・読解の各分野でそれぞれどれくらいの実力が必要なのかなど、さらに詳しい分析が必要です。

目標を立てる際には、「動機」も重要です。先の例でいえば、どうしてTOIECで900点を取ることが必要なのか、その動機があやふやだと、勉強の途中でモチベーションが続かなくなってしまいます。

また、目標に対する「現状」の把握は欠かせないものです。今自分にどれくらいの実力があり、目標達成までにどれくらいの量の知識を身につけなければならないか、勉強に使える時間はどれくらいか…など、全体像を把握するようにしましょう。

効率よく勉強するためには、現状を把握した上で現実的な目標を立てることが大切です。

 

時間単位ではなく、内容単位の学習計画を立てよう


勉強の計画を立てるとき、学校の時間割のように、時間単位の計画を立てる人がいます。具体的には、平日は2時間勉強して、休日は4時間勉強する…といった計画です。

しかし、本当に大切なのは「○時間勉強する」ことではなく、資格取得や試験の得点アップに必要な知識を身につけることであるはずです。

たとえどれだけ長時間勉強しても、必要な内容が身についていなければ目標を達成することはできません。逆に、必要な内容が身についていれば、勉強時間が短くてもいいのです。

「○時間勉強する」ことを目標にしていては、本末転倒ですし、勉強の効率も悪くなってしまいます。そこで、勉強の計画は、「現状を目標に近づけるためには何を身につけるべきか」ということを意識し、内容単位で立てるようにしましょう。

 

作業ではなく、アウトプットを意識しよう


中高生の頃、クラスに一人はやたらときれいにノートをまとめる同級生がいたと思います。しかし、ノートをきれいにまとめていても、成績がいいとは限りません。覚えやすいノートを作っているはずなのに成績が上がらないのは、もはやノートまとめが「作業」と化しているからです。

もともとは知識を整理し、覚えるためにノートを作っているはずなのに、いつの間にかきれいにノートを書く作業が目的になってしまい、頭に入るかどうかは二の次となってしまうのです。

社会人になってからの勉強でも、「必要な知識を整理し、身につける」という目的を見失ってしまうと、効率が悪くなってしまいます。そこで、作業ではなく、アウトプットを意識した勉強をしましょう。

オススメは、覚えた知識が本当に身についているか、自分でチェックテストをしてみることです。過去問などの実戦問題を数多く解いてみることも大切です。

また、知識は他人に話すと整理され、定着します。そこで、その日勉強したことを他の人に説明したり、「エア授業」を行うという方法も効果的です。

 

情報・知識は1冊のテキスト・ノートに集約しよう


勉強が進んでくると、試験の過去問を解く機会も多くなってくるでしょう。過去問や実戦問題集を解くことで、試験の傾向がつかめるだけでなく、知識の抜け・漏れに気づくことができます。

その際オススメなのが、同じ分野の情報や知識をあらかじめ1冊のテキストもしくはノートにまとめておくことです。そうしておけば、問題を解いて気づいた知識の抜け・漏れをそのテキスト・ノートに戻って復習したり、後から書き足したりすることができます。

問題を解くたびに、自分の苦手部分にマーカーを引いたり、補足知識を書き足すようにしていけば、自分専用のオリジナルテキストが出来上がります。この1冊を使いこんで、ノートのどこに何が書いてあった、と思い出せるようになればしめたものです。

情報・知識が何冊ものノートやテキストにばらばらに記録されていて整理されていないと、体系だった復習ができません。情報・知識は1冊に集約するようにしましょう。

 

十分な睡眠時間を確保しよう


間違った勉強方法の最たるものが「徹夜」です。睡眠を削り、うとうとしながら勉強しても、身にならず、効率がよくありません。また、記憶は眠っている間に脳内で整理され、定着するので、睡眠時間を削って詰め込んだ知識はなかなか定着しません。

勉強ができる人は、睡眠時間をたくさん取ります。効率よく勉強して成果を出すためには、勉強時間を削ってでも睡眠時間を確保し、冴えた頭で集中して勉強するようにしましょう。

睡眠時間は最低でも6~7時間は取りたいところです。自分にとって最適な睡眠時間が分からない場合には、目覚まし時計なしで自然とおきられる時間を目安にしましょう。

 

いかがでしょうか。

勉強に当てられる時間が短く、期間も限られている社会人が、効率よく成果を出せる方法で勉強して、目標をクリアできたらいいですよね。効率よく勉強するためには、仕事と同じで、「目的を明確にする」ことが大切です。

目的を常に念頭に置いて勉強しましょう。一生懸命勉強していると、つい「1日○時間勉強すること」「毎日○分ずつでも勉強すること」など、時間や日数のノルマをこなすことに意識がそれてしまうことがあります。

それが効率の悪い勉強方法につながるのです。そこで、内容単位の時間割を組み、単純作業に陥らずアウトプットを意識するようにして、量より質を重視した勉強を心掛けることが大切です。

また、問題を解いて得たフィードバックは、1冊のテキスト・ノートに集約しておくと合理的です。そして、集中して勉強し、目標を達成するためにも、睡眠時間は十分確保しましょう。さっそく今日からこうした勉強の方法を取り入れて、目標達成を目指しましょう!

 

まとめ

勉強の方法を改善するだけで目標を楽にクリアできる秘密

・ 現状を把握して目標を立てよう
・ 時間単位ではなく、内容単位の学習計画を立てよう
・ 作業ではなく、アウトプットを意識しよう
・ 情報・知識は1冊のテキスト・ノートに集約しよう
・ 十分な睡眠時間を確保しよう

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント