性格悪い友達と揉めずに付き合う5つの方法

性格悪い友達と揉めずに付き合う5つの方法
性格悪い友だちって、どこにでもいますよね。人は表裏一体なので、性格悪い面もあれば、良い面も必ず持ち合わせているはず。とはいえ、性格悪い友だちと長く一緒にいると、精神的にたまる毒素が強すぎて、気疲れしてしまいます。

性格悪い友だちと「合う」のなら問題ないのですが、合わない場合はどのように対応すればいいのか。性格悪いだけに、適度な距離を保たなければ、悪口や陰口の対象になってしまうことも起こりうるのです。そうなってくると他の交流関係にも影響し、とても厄介です。

そこで性格悪い友だちと、当たらず触らずもめずに付き合う上手な方法をお伝えします。性格悪い友達でも、長く上手に付き合うことで、相手の良い部分を引き出すこともできるはずです。以下の方法を参考に、上手に友人関係を築いてください。では早速、性格悪い友達と揉めずに付き合う5つの方法を見ていきましょう。



 

性格悪い友達と
揉めずに付き合う5つの方法

 

相手の目を見て話す


性格悪い友人で会っても、自分まで品性を落として付き合うことはありません。周囲にどれだけ性格悪い人が多かろうとも、自分の品位や礼儀は損なわないようにしたいですよね。そこできちんと相手の目を見て対応することをおススメします。

目を見て話す人は、「正直」で「真面目」な人だという印象を与えます。また、瞳は魂を表わすとも言います。真っ直ぐに目を見つめられると、性格悪い人も「自分の内心を見透かされるのでは?!」と落ち着かない気持ちになり、自然と正直に物を言うようになるのです。

そうでない時は、目を反らしてしまうことでしょう。目と目をしっかりと見つめ合っての話し合いは、人間の内面をしっかりと反映した対応になるため、信頼感が生まれますよ。

 

性格悪い友だちにも、きちんと挨拶する


性格悪い友だちは、周囲に嫌われていることが多いですよね。苦手意識を持つ人も多いため、仕方がありません。しかし性格悪いどうしでタッグを組んで、仲間に囲まれているケースも多々あります。自分がそこから外れていては、格好の悪口対象になるのではと心配になってしまいますよね。

そこで、性格悪いからとその友だちを避けるのではなく、きちんと挨拶をするようにしてください。目を合せてきちんと挨拶をするだけで、相手に「この人、自分を嫌っていないな」という印象を与えることが出来ます。相手に勘違いさせることで、自分を悪口対象から外すことが出来るのです。

 

他の人の悪口を言わない


性格悪い友だちといるからといって、自分まで他人の悪口を言ってはいけません。つられて言いたくなる気持ちもわかりますが、それでは自分の評判を落とすことになってしまいますよ。「○○が○○の悪口を言っていたよ」と裏でうわさを流される可能性も。

性格悪い友だちが他人の悪口やうわさ話をしているからと言って、自分まで流されて付き合わないようにしましょう。「へぇ〜知らなかった!」と驚くリアクションに留めておくべきです。

 

付き合いを端的にする


性格悪い友だちと長く一緒にいると、自分まで性格が悪くなってきます。袖触れ合うも多少の縁、と言いますよね。袖が触れ合う程度の他人との接点であっても、それすらもコミュニケーションとして立派に影響しあうという考え方です。

毎日すれ違うだけの人からさえも、あなたは多少の影響を受けているのです。たまたま電車の同じ車両に乗り合わせただけの人も、服の色や立ち居振る舞いを自然と観察していることがあるでしょう。そしてそれを自分に活かすこともあるのではないでしょうか。

そのように、時間を共有すればするほど、一緒に過ごす相手から多くの影響を受けるのです。単純な話、性格悪い友だちと長く一緒にいると、あなたも相手と同じような人間になっていくという事です。

そんなの、嫌だと思うのならば、離れるべきなのです。しかし周囲の人間関係もあり、簡単に距離を置くことはできませんよね。そこで、端的な付き合いをおススメします。「この人性格悪くて嫌いだ」と思う相手とは、挨拶してちょっとおしゃべりして適度な関係を保つのです。長い時間を共有しないけれども、相手に「避けられている」と感じさせない程度の距離感を、探ってみましょうね。

 

性格悪い友だち自身の悪口も言わない


性格悪い友だちだからと言って、他の仲間内で悪口対象にすることは避けましょう。誰かが悪口を言いだしても、「そうなの?知らなかった!」とそ知らぬふりをしましょう。

性格悪い人は、性格悪いだけに悪口に敏感です。当然自分も言われているだろうと考えて、周囲を警戒しています。周りの人間を信用できないなんて、切ないですがそのような生き方をしている人もいるのです。妖怪でいえば疑心暗鬼、という事ですよね。

性格悪いからと陰で悪口を言わずに、人生そのものを関わらないためにもうわさ話も避けることにしましょう。巡り巡って本人の耳に入ることも多々あるからです。

 

さて、性格悪い友だちと、穏便に揉めずに付き合うための5つの方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

人間は2面姓を持ち合わせているため、いいところもあれば悪いところもあります。上に紹介した5つの方法を実践して、性格悪い友達とも適度な距離を保って付き合うことで、相手の良い面が見える瞬間もあるかもしれません。人間は成長しますから、長く付き合うことで意外と気の合う親友へと発展する可能性もありますしね。簡単に人間関係を遮断せずに、上手に付き合うことをおススメします。

しかし、性格悪い人と長い時間を共にすることも、やはりお勧めできません。「適度な距離」と書きましたが、自分なりに適切な距離を模索していくのは大変ですよね。そんな友人をもったこの機に、あなたの人との距離の取り方も、一度考え直してみるといいでしょう。

 

まとめ

性格悪い友達と付き合うには

・相手の目を見て話すことで、信頼関係が生まれる
・性格悪い友だちにも、きちんと挨拶することで、相手に良い印象を与えられる
・他の人の悪口を言うと、相手からも「性格悪い」と認識されてしまうため、避けよう
・付き合いを端的にし、適度な距離を保つ
・性格悪い友だち自身の悪口も言わないように気を付ける

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント