人間関係につかれた人が試すべき5つの交際術の基礎

人間関係につかれた人
人間関係に疲れた時こそ人間関係や自分の交際方法を見直すタイミング!これを機に疲れやストレスの原因になる人間関係を整理したいものですよね。

人間関係に疲れた時、大食いをしたりパーッと買い物をして疲れやストレスを解消するのも一つの手ではありますが、これらはあくまで対症療法、根本的な解決にはなりません。

人間関係の疲れやストレスは人間関係を見直す中で解消していくことが必要なのです。そして、新しい疲れやストレスを抱え込まないために、ときには断固とした態度で人間関係を断ち切ることも必要ですよ。

ということで今回は、人間関係に疲れた方が試すべき交際術の基礎をお伝えします。これ以上人間関係に煩わされたくない方、人間関係でストレスをためやすい方、ぜひお試しください。

メリットのない人間とは交際しないこと

人間関係に疲れた時、まずは自分の人間関係や交際範囲を見直すことから始めます。交際範囲を広げすぎた方、「この人と交際してもストレスを抱えるばかりで一つもメリットがない」という友人がいるときには、人間関係や交際範囲を整理しましょう。

また、自分にとってメリットがない・むしろその人と会うだけでストレスがたまるという相手との交際は断ち切りましょう。人間関係や他人との交際は、相手のためや周りの目を気にしてすることではなく、自分のためにすることです。

自分のためにならない相手とは、たとえ相手からの熱烈なラブコールがあっても、交際する必要はありません。特に、人間関係に疲れている時は、ね。

 

相手のペースに合わせたり、相手のペースに巻き込まれないこと

誰かのペースに合わせたり、相手のペースに巻き込まれると疲れるしストレスがたまりますよね。人間関係に疲れた時は自分のペースではなく相手のペースに合わせていることが多いので、相手のペースではなく自分のペースで行動するようにしましょう。

せわしい人のペースに合わせてあなたまで忙しく動いたりイライラする必要はありません。相手が待ち合わせ時間の30分前に到着する人だからといって、あなたまで30分前行動をする必要はなし!

待ち合わせ時間に間にあうようにあなたのペースで準備をしたり待ち合わせ場所にむかえばよいのです。

 

相手の気持ちを深読みしないこと

日本での交際術では「本音と建前」がありますよね。そのため「彼は口ではこう言っているけど、腹の中は違うに決まっている」「いつも優しく接してくれる同僚、でも本音はどんくさい自分にイライラしているのでは?」など、相手の態度や言葉を額面通りに受け取らず相手の気持ちを深読みしてしまうことも多いです。

しかし、どこまで考えても他人の本心なんて分からないし、相手が心の中ではどう思っているのかまで忖度する必要はありません。人間関係に疲れた方、相手の気持ちを深読みしすぎたり、相手に嫌われないようにあれこれ気を回しすぎていませんか。

気持ちの深読みはやめて、相手の態度や言葉を額面通りに受け取ってみてください。本音と建前を使い分ける以上、「本当の気持ちを分かってくれない」はお互いさまです。

 

自分の都合で断れるようになること

友達からの遊びの誘いや飲み会の誘い、「この日はやりたいことがあったけど、誘われたから自分の予定を変更しよう」とか「せっかく誘ってくれたのに断れるのは悪いから」というのはストレスがたまる交際術!

遊びの誘いや飲み会に誘われても、それより先に自分の予定が決まっていたのなら、勇気を出して断りましょう。

それがどんなに小さな予定でも、キャンセルしたり予約を変更することが可能な予定であっても、自分がとても楽しみにしていた予定があるのなら自分の予定を変えてまで誘いに応じる必要はありません。

たとえば、「今度の休日は部屋にひきこもってゲーム三昧」という予定で飲み会や遊びの誘いを断ってもよいのです。もちろん、その誘いがあなたにとってとても魅力的なら話は別ですよ。人間関係に疲れた時は、自分の都合で相手からの誘いを断れるようになりましょう。

 

人間関係の休日をもうけること

いくら仲のよい親友や恋人でも、毎日一緒だと疲れてしまいますよね。人間関係に疲れないためには、ときには人間関係の休日が必要!誰にも会わないし、誰とも連絡を取らない、誰にも気を使わない日をもうけましょう。

人間関係の休日には、自分のやりたいことを自分のペースで、相手にどう思われるかなんて一切気にせず楽しんでくださいね。

 

人間関係に疲れた時こそ人間関係を見直す絶好のタイミングです。人間関係が原因の疲れやストレスを抱えずに済むよう、人間関係を整理したり、交際の仕方を変えてみてくださいね。

人間関係を整理するときは、自分にとってメリットがある相手かどうかを基準にするとよいです。自分にとってメリットがない・むしろこの人と付き合うと損ばかりしてしまうという相手との人間関係は思い切って断ち切りましょう。

人間関係に疲れた時は、相手のペースではなく自分のペースや自分の都合を優先することが大切です。このとき、相手にどう思われているか・嫌われないかを気にし過ぎると自分のペースで行動できなくなりますよね。

相手の気持ちを深読みしないようにしましょう。また、人間関係に疲れた時は人間関係の休日をもうけることも必要!誰にも会わない日を作ってリフレッシュするのがおすすめです。



連記事

コメントをお書きください