人生で失敗したときに読む。挫折を経験した成功者の話

人生で失敗したときに読む
人生で失敗した体験はきっと多くの方に覚えがあると思いますが、挫折や失敗から立ち直るのは苦労が伴いますよね。そんな時自分に強くならないと失敗から学ぶことはゼロで、いつまでも引きずりながら人生を過ごすことになるのです。

人生で失敗したことは、皆さんどのように受け止めて自分のなかで解釈しているでしょうか。二度と思い出したくないと過去に葬ってしまうか、失敗経験と向き合い、将来に役立てるかは自分次第です。

世界的に有名な成功者が数多く存在していますが、ほとんどの人に共通することが人生で失敗した体験。彼らはうまく失敗をプラスへ変えて見事頂点に立つまでに努力しています。そこで本日は人生で失敗した時に励ましになる、成功者の教えをお伝えします。

失敗は自ら進んで経験しよう

人生で失敗を経験した成功者たち、失敗の度合いは皆さん違いますが、最初から最後まで全く失敗せず成功したとい人はいないでしょう。成功者たちが良く言う言葉に、「自ら進んで失敗体験をしよう」ということがあります。

人生が結果重視になってしまうと、人としての価値観がなくなり物事の本質がわからなくなってしまうでしょう。

でも人生で失敗することは、再び成功に向けて努力をして人に優しくなったり、人としての器が大きくなるなど、人生の財産が増えることと同じなのです。

しかし失敗を財産にするためには自分の考え方や努力が大切で、失敗からいつまでも立ち直れない人はいつまでも成功することはできません。。

 

人生の立て直しで本当に大切なものを見つけましょう

人生で失敗した時は、二度と立ち直れないとショックを受けることもあるでしょう。たとえば受験で失敗、結婚で失敗、事業で失敗など、結果だけを見ると決して楽しくはありません。

しかしそこから人生を立て直すためのプロセスでは、本当に自分にとって大事なものが見つかる貴重な瞬間。失敗を招いた不要なもの、成功に向けて必要だったものなどがクリアに見えてくるのです。

失敗したまま諦めた人には、この素晴らしい瞬間は訪れません。人生で失敗した時は、その後何を得るかドキドキするほど楽しみになることが理想です。

 

失敗を怖がらずに挑戦しましょう

人生で失敗した時には、もちろん失うものがあるでしょう。それを怖がって挑戦できない人は、失敗しそうなことを自然と避けて通っています。もしくはすでに自分が失敗しているのに、あえて自覚せずそのまま同じ間違いを繰り返してしまうでしょう。

失敗を失望に変えてしまうのは周囲の人でなく自分自身。失敗しそうな場面を回避し続けていると、自分が持っている才能に気が付くことは一生ありません。

成功するためには失敗経験で感じた気持ちを大切にして、今度は違う方向から挑戦していけばいいのです。クリエイティブな人生観を持つことが成功への第一歩につながるでしょう。

 

反省と後悔の違いを知ろう

人生で失敗した成功者は、失敗から何か必ず学んでいます。だからこそ成功までのプロセスがあり、後戻りせず前向きに人生を送っています。成功しない人に共通することが、反省と後悔を一緒にしてしまう点。

このふたつは一見同じようでも本質はちょっと違い、反省は前向きに次のステップを踏むための行為。後悔はいつまでも後ろを振り返り悔やみ続け前進していない状態です。

人生で失敗した時は反省はたくさんしても、後悔はしないように意識してください。やらなければよかった、と思うよりもどこが悪かったか反省して二度目は成功につなげましょう。

 

自分を褒めて育てよう

人生で失敗した時は周囲の視線や評価がとても気になります。たとえば受験で失敗して第二希望の学校に進学した時、周りではどんなことを言ってるのかとても不安になるでしょう。

私たちはネガティブな思考を持ちやすい生き物で、人の成功よりも失敗を喜んでしまう面もあります。人生で失敗した時、周囲の評価を気にしているといつまでたっても自分の努力が報われません。

価値観を人にゆだねてしまうよりも、いつも自分の物差しで測れる人のほうが人生が充実しています。

そのためには、ネガティブな思想をなくし人の成功を喜べるような広い心を持ちたいですよね。成功者は挫折を経験しているからこそ、優しさや感謝の気持ちに気が付いているのです。

 

さて、人生で失敗した時は誰に頼っていいのか、挫折を乗り越えるためになにから始めるべきか、迷ってしまうことがほとんどでしょう。成功とは世界一番のお金持ちになることではなく、自分のゴールにたどり着いた人のことです。

そこまでの道のりは決して楽なものではなく、ベストを尽くして頑張っても成功しないことがほとんどかもしれません。

しかしそれでもあきらめずにゴールに向かい、何が足りないのか、何が余分なのか、客観的に自分を観察して再度トライできる人は成功以上に人間としての素晴らしい価値を得られるのです。

失敗できるチャンスが自分に与えられたことに感謝して、昨日の自分よりもさらに賢い今日の自分になりましょう。小さな一歩でも前進を続けていれば、必ずゴールが見えてくるはずです。

連記事

コメントをお書きください