マンネリから抜け出す恋愛倦怠期の乗り越え方

マンネリから抜け出す恋愛倦怠期の乗り越え方
「倦怠期の乗り越え方ってどうすれば良いんだろう」という女性の悩みをよく耳にします。恋愛関係におちいった当初は何をしても楽しかったものですよね。ところが、やがてマンネリ化してしまうと、何をしても心が浮き立たなくなってくるものです。デートも惰性、会話も惰性、まるで同性の友達と遊んでいるよう。

こうした恋愛の倦怠期はどんなカップルにも訪れるもの。倦怠期を乗り越えて、安定期に入ってくれば、その先に結婚も見えてきます。結婚にゴールしたカップルは、倦怠期を乗り越えたカップルなのです。

とはいえ、恋愛期間が長引いて倦怠期に突入すると、先行きが不安になってしまうものです。特に結婚を意識している女性は、上手な倦怠期の乗り越え方を模索しているものではないでしょうか。

そこで今回は、マンネリから抜け出す恋愛倦怠期の乗り越え方についてお届けします。

倦怠期の乗り越え方は「チェンジ」!

チェンジ
倦怠期の乗り越え方、もっとも一般的なのは「チェンジ」です。

倦怠期はマンネリとともにやってくるものですので、マンネリを脱することができれば、倦怠期も脱することができます。そのためには、何かを変えてみるのがポイント。

変える対象は何でもOK。髪型を変える、ファッションを変えるというのは、自分一人でもできることですよね。さらに、会う場所を変える、会う時間帯を変える、二人だけではなく、友達を呼んで盛り上がるなど、会い方を変える等々、相手と一緒にチェンジしていくのも楽しいものです。

また、普段と役割を変えて、彼女が彼を送っていったり、彼が彼女にモーニングコールをしたり、関係性をチェンジするのも脱マンネリに効果があります。

ポイントは、マンネリ打破、倦怠期打破といった硬い発想を捨てること。「倦怠期の乗り越え方」を実行しているという考え方ではなく、いつもとちょっと違う方法で楽しむといった軽いアプローチが成功を導きます。

もう一つ、何かを変えようとするあまり、相手を変えようとプッシュするのは禁物です。倦怠期を乗り越えるために貴方も変わってといわれると、一層重荷になってしまうもの。「チェンジ」はあくまでも自主的かつ硬すぎない変化にとどめましょう。

無理をして関係性を変化させようとすると、相手に負担を与えてしまいますので要注意です!

 

会わない時間をつくるのも倦怠期の乗り越え方の一つ

会わない
倦怠期には無理して相手に合わせたり、新境地を開拓しようとせず、自然に任せるのも倦怠期の乗り越え方の一つです。

とりわけ、会っても楽しくない、気持ちが盛り上がらないというときは、敢えて会うのをやめて、休憩時間を作る方が効果的です。長く付き合っているカップルはついつい惰性で会ってしまいがちですが、気持ちが乗らないまま、義務感であっていても、心は通じ合いません。

むしろ、無理して会うことで会うことの楽しみが減ってしまい、いよいよ気持ちが離れてしまいます。それよりは意識的に会わない期間を作り、お互いの時間を尊重しましょう。付き合いはカップルの思いあう「結果」であって、付き合うことが「目的」になってしまっては本末転倒です。

人生には波がありますよね。良い時もあれば、悪いときもあります。人と人との付き合いも同様です。浮き沈み、良い時と悪い時があるのが普通なのです。

私たちは、普段の生活で悪いことが重なるときには思い切った買い物などは控えますよね。無理して運を呼び寄せようとしても逆効果になることが多いものです。

カップルの運も似たようなものです。無理して元の道に引き戻そうとするより、機運が止まったときには敢えて進めようとせず、流れに沿って止まってしまう方が長い目で見ると自然なのです。無理せず、一歩身を引いてみると、二人の関係がよく見えてくることもあるものですよ。

 

空気感を楽しむ、これぞ大人の倦怠期の乗り越え方

空気感を楽しむ
倦怠期というと悪いこと、頑張って乗り越えないといけないものと考えている人が多いようですが、そうとばかりはいえません。倦怠期特有の空気感を逆に楽しんでしまうのも、大人の倦怠期の乗り越え方といえるかもしれません。

確かに、女性誌などには、倦怠期の乗り越え方に関するものがよくありますよね。彼の好む下着を身に着けるとか、サプライズでドッキリさせるなんていう記事を頻繁に見かけます。そうした作戦が功を奏することも確かにあるでしょう。

ですが、倦怠期を必ずしも悪いものと考える必要はないのです。倦怠期というのは、相手の存在が当たり前になってしまっている頃に訪れます。最初は顔を見ただけでドキドキする相手だったのが、空気のような存在に変わってしまった頃です。

この空気感というのは、そんなに悪いものではありません。実際、男性にアンケートをすると、結婚相手には「空気のような人、いても存在は感じないけど、いなくなると困るような人」を求める人が少なくないのです。

恋愛の先には同棲や結婚など、より長い関係が待っているものです。そして、どの関係にも倦怠期はつきものです。付き合い始めてから付き合いが終わるまで、ずっと変わりなく熱々のカップルというのは、殆どいないといっても過言ではないでしょう。

一方は熱々でも、他方は時々冷めているのが普通で、どちらも熱々というのは、日本人同士のカップルではかなり稀だといえます。

恋愛期間の倦怠期というのは、こうした長い付き合いの端緒についた証だと思って、その空気感を楽しんでしまうのも倦怠期の乗り越え方といえるのかもしれませんね。

 

倦怠期の乗り越え方を意識するあまり、頑張りすぎるのは禁物です。長続きしているカップルの多くは、さりげない気づかいで倦怠期をサラッと乗り越えているもの。一方が無理してどうなるものでもないのです。

もっとも一般的な倦怠期の乗り越え方は、交際のなかにちょっとした変化を持ち込むことでしょう。いつもとはちょっと違う自分を見せたり、いつもと違う場所に行ったり、そうした変化のなかでお互いを見直すことができれば、マンネリを脱することができるでしょう。

一方で、いっそ会わない時間をつくってしまうのも倦怠期の乗り越え方の一つです。女性はついつい倦怠期を乗り越えようと頑張りすぎるものですが、定期的に会うのをやめて、お休みしてみる方が効果的な場合もあります。デートが義務になってしまわないように気を付けましょう。

永く付き合っているカップルの場合、空気感を楽しむのも一興です。下手にじたばたせず、相手の存在を当たり前と捉えてしまうことで、次のステップに移れることもあります。大人のカップルには大人なりの倦怠期の乗り越え方があるもの、無理してじたばたする必要はないのです。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました