会社での人間関係を良好に保つ7つのコツ

会社での人間関係を良好に保つ7つのコツ
どんな仕事でも、会社の人間関係が上手くいっていないと、単なる義務として出勤するだけの苦しい毎日が続きますよね。会社での人間関係は、仕事へのやり甲斐に直結するものでもあります。

そんな会社での人間関係を良好にするため、みなさんはどのような工夫をしているでしょうか。あちらを立てればこちらが立たずで、人間関係とは本当に難しいもの。中には、すぐ人と比べたがるようなタイプや、妬みや僻みから意地の悪い質問をしてくるような人だっていますよね。自分が常に一番にならないと気がすまないようなタイプは周囲も飽き飽きしてしまうものです。

こちらは仕事に集中したいのに、そんな人たちに邪魔をされてしまっては折角の時間がもったいありません。そこで今回は、会社での人間関係を良好に保つための7つのコツをお伝えします。



 

会社での人間関係を
良好に保つ7つのコツ

 

仕事をしすぎない、なんでも引き受けない


「気のきく人」というのは印象こそ良いものの、一人だけ目だってしまうと周囲の人間の脅威と判断されてしまい、会社での人間関係を悪くしてしまう場合があります。

周囲から悪く思われないためにも、気配りをするものなのですが、気配りのレベルも自分ひとりで考えるのではなく、他の人の出方を探ってからにした方がよいでしょう

 

マウンティングには参加しない


どんな場所でも、人間は序列を気にしてしまうもの。会社での人間関係も序列を意識している人が多いからこそ、誰がどのポジションを取るかでマウンティングがおこなわれることは日常茶飯事ですよね。

誰かに比較されると、つい立ち向かいたくなるのが人間ですが、会社での人間関係を良好に保ちたいなら、極力、マウンティングには参加しない事をオススメします。感情的になって、ボロがでてしまうと取り返しがつきません。

張り合ってくる人たちは柔らかく交わして、時には違うタイプの人を味方につけてマウンティングには参加しないように工夫をしてください。

 

レベルを周囲に合わせる


複数の人間がチームになって仕事をしていると、個々のレベルの差が会社での人間関係のトラブルの元となってしまう場合があります。

そこで、会社の人間関係を良好に維持するためには、コミュニケーションだけでなく仕事のレベルもある程度は周囲にあわせることが必要です。一人だけ突出していれば目だってしまうし、一人だけ足を引っ張ってしまっても人間関係のバランスがとりづらくなってしまいます。

自分の周囲の仕事レベルをしっかり見極めて、手を抜くところは手を抜いて、勉強する事は勉強するなどの努力は、周りに合わせた視点でおこないましょう。

 

話をあわせる為には、毒を吐くことも必要


会社のような多くの人が集まる場所で人間関係を良好にするには、共感力が大切。個人プレーだけをしていればよいという仕事なんて、業種にも寄りますが、そう多くは無いですよね。

実は、簡単に共感力を得やすいのは愚痴や毒を吐くときなんです。だからと言って言いだしっぺになる必要もありませんが、愚痴を言い合うのも「仕事のうち」と割り切っておくべきです。

 

適切な距離感を保つ


いくら会社での人間関係を良くしたいからといって、我慢をしすぎてしまうのも良くありません。自分の中で線引きをして、合わせるところは合わせる、でも無理なところは無理のままでよいんです。

そのためにも、距離が近づき過ぎないような工夫が必要ですよね。人間関係は集団の中で起こるものなので、距離感の目安は全体の平均を割り出して、他の人と同じような存在である事を意識しましょう。

 

上下関係は絶対


会社での人間関係というと、同僚や、先輩後輩などとの自分に近い存在との関係がクローズアップされてしまうことも多いです。特に女性が多い職場などでは、上司よりも同僚と上手くやれないと、痛い目に合う場合もありますよね。

しかし、会社での人間関係の全てを握っていると言ってよいのが上司。人間関係でトラブルがあったときに、解決できる権限を持っているのは上司だからです。だから、上司との関係は別に考えてでも、上下関係を大切にしなければいけません。周囲がいくら結託して、上司を無能だと主張しても、その人たちも回りに気付かれないように上司との上下関係に気を使っているはずです。

どんな場合でも、上下関係だけは絶対に大切にしてください

 

和を保つために妥協することもある


たとえ自分の仕事にポリシーをもっていたとしても、会社での「持続できる人間関係」を考えた時、どんなに良い提案も妥協したり、迎合したりしなければいけないのが社会人の辛いところですね。

ただ、長い目で社会人としての自分の人生を考えた時、その妥協は決して無駄にはなっていません。周囲と上手くやることも、将来の良い仕事のため、家族や生活のためだと考えれば、すばらしい努力になります。

 

会社での人間関係は、一番と言ってよいほど大切な要素です。信頼できる関係性があればこそ、自分の目指す仕事へ向けて、努力ができますよね。仕事も人間関係も、両方が上手くまわっている状態がベストな状態となりますが、そのバランスが偏ってしまうと自分にとって何が重要なのかわからなくなってしまいます。

トラブルが多い人間関係に揉まれてしまうのも、自分のどこかに隙があるからかもしれません。

人間関係での迷いのなかで、あまり欲張らずに誰にでも好かれようとしないで、面倒なタイプに絡まれないようなやり方や、尊敬はされるけども嫉妬されないような振舞い方で程よい距離を保ちながら、自分の仕事に集中できるような空間作りが大切ですね。

まとめ

会社での人間関係を良好に保つには

・仕事をしすぎない、なんでも引き受けない
・マウンティングには参加しない
・レベルを周囲に合わせる
・話をあわせる為には、毒を吐くことも必要
・適切な距離感を保つ
・上下関係は絶対
・和を保つために妥協することもある

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント