集中力がない人必読! 簡単な生活改善で解決する7つの方法

集中力がない人必読! 簡単な生活改善で解決する7つの方法

一つの事に集中していたら、色々と考えてしまい、途中で集中が途切れ、やっていることが中途半端になってしまう。そんな経験はありますか?たとえば、大切なことが頭について離れない、仕事の前に奥様と喧嘩をしてしまった。

喧嘩の内容が頭に思い浮かび苛々して仕事に集中できない。なんて事がまれにあるかもしれません。集中力がない一つの原因としてあげられるのは、そんな不安や怒りなどの感情から、体が緊張状態になり、集中できないことが考えられます。

それではそれらの感情から自分を解き放つためにはどのようにしたらよいのでしょうか?集中力欠如は生活習慣改善によって改善することができます。今回は集中力がない時にどのような事で回復をさせていけばよいか7つのポイントをご紹介します。



 

集中力がない人必読!
簡単な生活改善で解決する7つの方法

 

瞑想をしよう。


たとえば、人前で発表するのだが緊張してしまっているとき、何度か深呼吸することによって落ち着くといった経験ありませんでしょうか?実は体の緊張状態は自律神経の動きがうまくいっていない事から集中できていないのかもしれません。

そこで仕事の合間、少し時間があるときでかまいません。5分間目を瞑って深い腹式呼吸をしてみてください。深く酸素を取り込む事により、体を緊張状態していた自律神経が正常な動きを始めます。

そうする事により、今現在の取り組むべきことに集中する事が可能になります。瞑想用の音楽を取り入れてみるということも集中力改善によいでしょう。

 

スケジュールを見直そう。


たとえば、同時進行におこわなくてはならない仕事があるとします。「あーこの仕事は○時に打合わせが入っている」「この資料を作らなければ」など数多くの仕事が貴方に舞い込み、その結果集中力が欠いてしまうという経験もありませんか?

こちらも体が自然と不安な状態になり自律神経がうまく作用していない状態になっているということですね。そうなってしまうと、質の良い仕事を実行することはできません。

そこでおすすめするのはスケジュールの見直しです。手帳を持ち、期限を決め、事細かく時間管理をする事により、一つ一つの仕事が明確になってきます。それを繰り返していくことにより、目先にある大切なものに着実になっていきます。

 

雑然とした空間を整理しよう。


自分が集中力がない。そんな事を感じるのは一体どんな時でしょうか。そう感じた時ふーと一呼吸を置き、周りを見渡してみてください。物が錯乱していた、物が少しのスペースしかなかったり、目の前にやりずらいな…なんてものがあることはありませんか?

そんな時はそんな物を整理して、また集中できる環境にする事が大切です。人の目は沢山の情報を脳に送り込もうとします。周囲にたくさんのものが雑然としていたり、目の先にやりずらいなと思うような環境であった場合、目や感覚で感じた事が脳へ伝達してしまうため、集中力がなくなってしまうのです。集中力が切れたな…そんな風に感じる時は誠意整頓をしてリフレッシュしてみましょう。

 

食生活を見直そう。


集中力がない状態。それは脳が疲れてしまい、起こっている原因かもしれません。貴方は今日何をたべましたか?昨日は?一昨日は?そんな質問の答えに貴方は答えられるでしょうか。

集中力がない状態は脳が沢山の事を感じ、処理しきれなくなった状態とも言えます。脳が疲労した状態です。そこで欠かせないのは食事です。食物の含まれている糖分は、脳の疲労を和らげ、エネルギーを補給する役割を持っています。

重要なのはバランスの良い食事です。脳の働きを活性化させるためには浅、昼、晩と偏りのない栄養素を補給する事が大切と言えます。またそのことにより脳の疲労が和らぐのです。

 

仕事の合間に軽いストレッチをしてみよう。


あなたは仕事をしているときなど、同じ態勢で長時間いるという事はありませんでしょうか。そのような時も要注意。長時間同じ態勢をしているということは、同じ筋肉を長時間使用しているということになります。

その結果神経の伝達がうまくいかなくなり、脳が動かない状態になってしまいます。そんな時に提案したいのはストレッチ。人間の集中力は1時間半しかもってくれません。

その為、そろそろ時間だなと考えた際で結構です。ストレッチをし体を動かす事により、体の違う筋肉が活性化し、その結果脳が働いてくれるようになります。

 

適度な水分補給を心がけよう。


集中力がない状態は脳の血流がよくないときに起こると言われています。それは人間の体内の水分が外に逃げてしまっている状態とも言えます。

そこで提案したいのは飲み物を飲み、こまめに水分補給をすること。コーヒーに含まれているカフェインは集中力を高める働きをしますが、かえって自律神経を緊張状態にしてしまう働きがあるようです。

そこでおすすめしたいのはハーブティなどと言ったカフェインが入っていない暖かい飲み物です。自律神経を緊張から解きほぐし、脳の疲労を和らげてくれます。

 

昼寝の時間をとりいれてみよう。


先ほども紹介しましたが、集中力のない状態は、脳の血流が悪くなっていたり、疲労状態にあります。一つの物に集中しているのはよいのだけど、長時間脳を働かせ続けることより、脳の回転が鈍くなってしまうのです。

また、たとえば昼ご飯を耐えた後眠くなってしまうということ、皆様ご経験ありますでしょうか。これはもともと人間に持っている体内リズムの一つだと言われており、食べ物を食べた後消化活動に入った際脳は「眠りたい」というサインを出すのです。

そんな時に集中しようと集中できないのは当たり前ですよね。そこで提案したいのは15分~30分程度の昼寝をしてみることです。

その6の項目で、コーヒーなどに含まれているカフェインは体が緊張してしまうと書きましたが、昼寝をする直前はコーヒーやお茶などカフェインが含んだ飲み物が良いと言われています。

それはカフェインの効果が約30分位と言われ、ちょうど目覚める時間とタイミングが合うのです。その為カフェインが効き始める頃に起きるとスッキリ起きられるようになります。

 

いかがでしたか。

集中力がなくなっている状態。それは体が色々な事を感じたり、体の働きをよくするために行われているサインとも言えます。また、うつ病などと言った心の病気にも集中力が長期的になくなってしまうという症状もあります。

その為、多種多様な状況下の中で起こる状態とも考えられ、注意が必要です。うつ病は脳の病気。頭が長い時間必要な位疲労状態が続いてしまうと、今日常的に普通に行っている事が出来なくなるという危険性も考られるのです。

今回紹介した7つのポイントをこまめに行い、健やかで快適な毎日を過ごしましょう。

 

まとめ

集中力がない人必読!簡単な生活改善で解決する7つの方法

・ 瞑想をしよう。
・ スケジュールを見直そう。
・ 雑然とした空間を整理しよう。
・ 食生活を見直そう。
・ 仕事の合間に軽いストレッチをしてみよう。
・ 適度な水分補給を心がけよう。
・ 昼寝の時間をとりいれてみよう。

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずです。

自信満々になってやる気を取り戻す音声

この音声のダウンロード版を用意しているので、よかったら下記よりダウンロードして、スマホや音楽プレイヤーなどに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント