言霊で人間関係が楽になる・人付き合いが変わる言葉の魔法9ステップ

言霊で人間関係が楽になる・人付き合いが変わる言葉の魔法9ステップ

言霊で人間関係が楽になる・人付き合いが変わる言葉の魔法9ステップ

言霊・・コトダマ。
ちょっと霊的な言葉ですよね。。

言霊とは日本で「言葉に宿ると信じられている霊的な力」の事です。声に発した言葉が、何らかの影響を与えると信じられていて、いいことを言うと、いいことが
悪い事を言うと、悪い事が起きるとされています。



結婚式のスピーチに、使ってはいけない言葉でいくつか挙げられているのも、こういう「言霊」があるという前提でのマナーなのですね、さすが、日本の奥深い文化です。

これを、人間関係に活用するために、ちょっと考えてみましょう!!

言霊で人間関係が楽になる
人付き合いが変わる言葉の魔法9ステップ

 

1、 ありがとう

まずはダントツ筆頭にあげられる「ありがとう」

何気なく使っている言葉ですが、意味をじっくり考えてみたことありますか?2通りの解釈ができると思うのです。

① 「有ることが難しい」=「滅多にないこと」
滅諦ない事だからこその感謝、ありがとう

② 「難しいことが有る」=「どうしてこんなに難しいことがあるのだろう」
だからこそ、気づく大切な事、ありがとう。

後者は後からじっくり気づく「ありがとう」なのかもしれません。あの時、どうしてあんなに辛かったのか、今になればわかる。だから「ありがとう」

「ありがとう」を使うとき、どちらの思いで使っているかちょっと考えてみましょう。やってくれるのは当たり前、そういう思いがあったら、本当の「感謝の思い」がのらない表面的な言葉になっちゃいますよ。

 

2、 ごめんなさい

この言葉、実は歴史がながいです。鎌倉時代にはもう原型があったそうです。

接頭語の「御」に「免」(=許す)という言葉で「御免」と使われていました。元は許してくれる相手の寛大さを期待して尊敬をこめて使っていた言葉だと言われています。=「どうかあなたの寛大さで許して下さい」と願う言葉だそうです。
これまた、深い言葉ですよね。

「ごめん、ごめん」と軽く使われるようになった現代。これからは言霊を意識して、そこに相手への尊敬の念を込めて使ってみませんか

 

3.大好きです、愛しています

西洋の人は、日常の挨拶で「I Love You」を使います。
一方、日本は「言わなくてもわかるでしょ」という、察する文化が妙な形で
残ってしまっているので、大切な事ほど、大切な人ほど言わないパターンが多いです。

または、遠回りな言い方をする。本当はすごく謝りたいのに「そういう考え方も悪くないけどね」とちょっと上から
言ったり、本当は会いたくて仕方ないのに「時間があったらね」と大きくでたり。

これでは、コトダマが台無しです。「大好き」「愛している」の言葉に、たくさんのLOVEが乗って、相手に飛んで行ってくれるのに。。

もう一度、思い出してください。「発した言葉が影響を与える力」なんですよ。こんないい手、つかわないのはもったいないですよ

では、ここからは言霊との付き合い方です

4.マイナスな言葉を発しない

気づいていない人が多いのですが、発した言葉は相手が聞くと同時に、あなた自身にも響いているのです。

相手を批判した言葉、相手に向けたキツイ言葉は、そのまままっすぐに、あなたに突き刺さり、その言葉が持っている「影響力」をあなたに与えます。

だからこそ!!マイナスになる言葉を発するのを今日からやめてみましょう。グッと我慢です。飲んでしまいましょう

 

5.心に響いた言葉を書きとめる

心に響く・・と言う事はすなわり、その言葉の霊的な力をあなたが受け取ったという事です。忘れてはもったいないですよね。すぐにメモしましょう。

いつか、あなたが辛い時、またはお友達が困った時に、その霊的な力をもった言葉は、かならずや再び力を発してくれるでしょう。そして、そんな素敵な言葉をくれたあなたに、その人は大きな感謝をしてくれるでしょう

 

6.相手にマイナスを発せられた時の対処法

どうしても避けられないのが、このパターンです。

自分から発する事をどんなに意識できても、相手の発する言葉まではコントロールできません。相手にとってもキツイ事を言われたら「ありがとう」と思いましょう。言葉にすると、逆に怒らせてしまう事にもなり兼ねないので、心の中で言うのです。

さっき書きましたよね。「難しいことが有る」=なんでそんな事を言われるかわからない、としても、あなたには言われた方が良かった事なのかもしれません。でも、それはずっと先にわかる事。だから今は「ありがとう」と心の中で言うのです。「キツイ事をいってくれてありがとう、いつかその意味が分かる日が来る」って信じて

 

7.言ってしまったら「キャンセル、キャンセル」

そうはいっても、聖人君子ではないので、思わず言ってしまうヒドイ言葉もあると思います。そういう言葉は、言った瞬間に自分がいい思いをしないので、すぐにわかると思います。自分が発する言葉はそのまま自分に突き刺さる、の原則ですね。

いい思いがしない言葉を言ってしまったら「キャンセル、キャンセル」と唱えてみましょう。心に届くのをシャットアウトするイメージです。

やり直せない事はない。誰だって間違いはあるのですから。そこに気付いてからのあなたの態度を改めればいいのですよ。

 

8.言葉は「タネ」になると認識する

言葉は「種」に似ていると思います。霊的な力を持った「種」。そのまま投げかけて、すぐに芽をだすかもしれない。何年後かに、ふと芽が出るかもしれない。

つまり、それくらい人の心に留まる性質があるという事を認識しておきましょう。

幼い頃に母親からいわれた言葉
幼い頃に友達からいわれた言葉

それが何十年も人を苦しめることだってあるのです。いえ、現代の現象は、そういった言葉の悪い使われ方で心を痛めている状態と言ってもいいかもしれません。

昔の日本人は言葉をしっかり選んで使っていました。今は気軽に、読み直すこともないくらい早くメールができたりするので、なおさら危ないという事も気にかけておきましょう。自分の思いに沿った言葉は見つからない場合は、素直にそう伝えればいいのです。変に慰めたり、下手に誤ったりせずに。それくらい「言葉」の潜在的な「種」の要素を認識しましょう

 

9.言葉に自ら思いを乗せる

言葉には「霊的な力」があるというのがコトダマだとお伝えしました。だからと言って、依存してはいけないと思うのです。

感謝の気持ちや、謝罪の気持ちがあるならば、やはりその言葉にあなたの思いを意識的に乗せるようイメージしましょう。

気軽にいわれた「ありがとう」には力がありません。
簡単にいわれた「ごめんね」には思いがありません。

言葉では伝えきれないかもしれないけれど、本当にありがとう。
どんな表現してもつたえきれないかもしれないけど、本当にごめんね。

そんな心をのせた言葉こと、本当の言霊のパワーを発揮するのかもしれません。

 

いかがでしたか?

古来、言葉をとても大切にする国民だった日本人。コトダマという力を信じている日本人。メールが発達した今だからこそ、もう一度見直してみませんか?

 

言霊で人間関係が楽になる
人付き合いが変わる言葉の魔法9ステップ

1. ありがとう
2. ごめんなさい
3. 大好きです、愛しています
4. マイナスな言葉を発しない
5. 心に響いた言葉を書きとめる
6. 相手にマイナスを発せられた時の対処法
7. 言ってしまったら「キャンセル、キャンセル」
8. 言葉は「タネ」になると認識する
9. 言葉に自ら思いを乗せる

written by セルフハーモニー
心・魂・身体に本気で向き合い、自然との調和を本気で目指すOrganic Therapist
ブログ ⇒ http://selfharmony.blog.fc2.com/

良い癖を身につけよう!

さて、良い言葉を発するようになりたい。でもちょっと難しい、、、なんて思ったひとはこれを使ってみてください。

あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周りも変わることを実感することができます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い言葉と、思考を身につけて、人を虜にする言霊美人・言霊使いになりましょう。

ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

  

 RSSリーダーで購読する

コメントをお書き下さい