ダイエットの辛い断食を和らげる9つの方法

ダイエットの辛い断食を和らげる9つの方法
スリムな身体になりたい、体型を若い頃に戻したい、お腹周りのお肉が気になる・・・・年齢を重ねた人だけでなくとも痩身願望は誰もが持っているものですよね。

そして一番手っ取り早いダイエット方法というのはなんといっても食事制限です。食事を断つ、断食という手段は究極のダイエットともいえるでしょう。

そんな断食の辛さを和らげる方法があるとしたら、だれもが飛びつくこと請け合いです。そんな方法をいくつか探ってみましょう。



 

ダイエットの辛い断食を
和らげる9つの方法

 

そもそもダイエット「断食」ってどんな状態のこと?

みなさんは「断食」という言葉からどんな行為を連想されますか?

昔の修行僧が行った修行として食を断つ行為、あるいは試合前のボクサーが自分の出場するクラスの体重制限をクリアするためにひたすら運動して食事を摂らない行為、というのが一般的ではないでしょうか。

ネットなどで検索すると断食(だんじき、英語:fasting)の定義は、自由意志によって、一定の期間中、全ての食事あるいは特定の食物以外の食事を断つ、人間の行為を言う。

―――とあります。似たような言葉として「絶食」という言葉もありますが、この二つは似て非なるものなのです。

ダイエットにおける「断食」とは実は長期間食事を断つことではなく、食事制限を行うことで十分効果が期待できるものなのです。

 

ダイエット以外の効果

断食ダイエットには痩身以外にもさまざまな効果があります。それは一時的に体を飢餓状態に置くことで、体が持つ本来の機能を目覚めさせてくれるということなのです。

まず余分な脂肪が燃焼されます。一般的に空腹時にお腹が「グー」となる時が体内の脂肪が一番燃焼しているときだと言われています。断食=空腹状態なのですから、脂肪は確実に燃焼されることになるわけです。

続いて体内の毒素や老廃物を排出することができます。口からは何も入らないわけですから内蔵の各器官は体内に残っている栄養素などを少しでも吸収しようとしますよね。

つまり、不要になった毒素や老廃物はまさに「カス」の状態で体外に排出されることになるのです。

そして胃腸に休息を与え、免疫力を回復させます。栄養素などを吸収しきった胃腸は、それ以上食べ物が入ってこない状態になることで一時休憩の状態になります。

今までずっと毎日毎日消化という運動を続けてきた臓器がちょっと休暇を取ることで本来の免疫力などが回復する可能性が高まるのです。

さらに血液が浄化され血行が良くなり痩せやすい体になります。これってダイエットの理想ですよね。血液サラサラはいうまでもなく健康の証ですし、痩せやすい体質に変化できれば、断食以降の体型維持も期待できます。

 

まず断食の準備をしましょう

先ほどの定義でも触れましたが、全く食事をしないという断食もあれば、特定の食物は食べ、それ以外は食べないという断食もあります。

人間の身体というのは必要な栄養素を摂らないと逆にからだに悪影響を与えてしまう恐れがあります。自身の身体を断食に耐えられる状態に持っていくことが断食ダイエットを成功させる大きな鍵になるのです。

では、何をするのか?まずは植物性の酵素を1日~2日摂取して内蔵を休ませ、さらには酵素の効果で内蔵の働きを活性化させて置くことが必要です。この期間には満腹を望んではいけません。

消化吸収のよい食材で「腹八分目」を目安にすることで、本格的なダイエット断食への準備ができることになるのです。

酵素はドリンクとして市販されていますが、それなりの値段がします。お金をかけないでダイエットしたい、という方には100%野菜ジュースやヨーグルトでの代用も可能なようです。

こうして体内の準備を終えたところで、本格的な断食ダイエットが始まることになります。

 

どんな断食にするのかを決めましょう

準備が整ったところで実際の断食のスタートです。内蔵が活性化されたことによって、あなたの胃は小さくなっているはずです。

実際の断食の前に、自分に合ったタイプを考えることも断食ダイエット成功の必要条件になってきます。

水分の補給のみで全く食事を数日間しない断食をするのか、1日1食、野菜中心のメニューで残り2食を抜くのか、1日1食だけ抜く方法でも立派な断食ダイエットになるのです。

また、週末断食といって金曜日の朝食以降は日曜日の昼食まで断食をするという方法もあります。どんな断食をするにしても、大切なのは無理をしないことです。

 

千里の道も一歩から

実践に入る場合も注意が必要です。まうは自分の決めた断食方法を1日だけ試してみましょう。1日じゃあ効果が出ないんじゃないか、とお考えでしょうが、そうではありません。

完全断食を1日やってみる。翌日は軽い食事を3回する。次の日からは2日完全断食、3日目にまた「軽い食事を3回・・・というように徐々に日数を増やしていけば、急激な変化に自分の身体も対応しやすくなります。

1日1回の食事は摂るというタイプならまず2日やってみる。1日2回の食事を摂るタイプならまず3日やってみる。

小さな積み重ねが大きな効果を産むのだということを覚えておきましょう。

 

ハンガーノックには要注意

全く食事を摂らない断食でなければ、適度な運動を組み合わせることで、気分転換も図れますし、ダイエット効果が増すという相乗効果もあります。

ただし、注意しなければならないのはハンガーノックと言われる自分の運動量の限界を超える運動をすることによる「ガス欠」状態です。

食事をろくにしないで、長時間ジョギングをしたり、フィットネスクラブで筋トレをしたりすると、体が運動停止状態になってしまうのです。

1日1食あるいは2色の食事を断つ断食だと、どうしても少し運動をしてその分のエネルギーを発散させたい、と思いがちですが、ダイエット前の運動量よりは確実に軽い運動にしておくことをお薦めします。

 

水分補給は重要

水という物質には、意外に知られていない効果があります。完全断食だからといって、水も飲まないでいるというのは大きな間違いなのです。

人間の体の60%は水分で占められており、この比率が下がることで様々な影響が出てきます。断食中でも水分の補給は重要です。

もちろん空腹を我慢できずに水をガブ飲みするというのは本末転倒なのですが、適度な水分補給は代謝を活性化させ、デトックス効果も期待できます。統計的には1日あたり2~3リットルの水分が人間には必要とされています。

 

リバウントが怖い

断食ダイエットの最大の敵はリバウンドです。実はリバウンド率が一番高いダイエット法というのは断食ダイエットなのです。

先程から胃が小さくなるとか体内の毒素が排出されるという表現をしていますが、これはあくまで断食後の食生活も注意をして「腹八分目」を実践していればこその効果なのです。

軽い気持ちでプチ断食をそて数kg痩せたからといって、そこで満足して元の食生活に戻れば間違いなくリバウンドしてしまうことでしょう。

ストイックになる必要はありませんが、自分の健康維持も含めて長い目で体質改善を目指すという気持ちを持つことが大切です。

 

復食は面倒くさいもの

こうして断食が終わると、その期間が長いほど元の食事に戻す復食は面倒くさいものになります。

最初は重湯から始め、徐々に栄養価の高いものを加えていくことになるのです。でも、一度断食を経験すれば、我が身をもってその効果が実感できるのですから、多少の面倒くささは我慢したいですね。

ズボンやスカートのウエストが3cm縮まったとか、ボタンが弾け飛びそうだったシャツやブラウスが着られるようになった、などという嬉しい声が聞ければ、復食後の食生活もメニューに気を配ったものになっていくことでしょう。

 

いかがでしょうか。

断食ダイエットなんて厳しいし私には無理、と思っていたあなたも、この週末からちょっと挑戦してみる気分になったのではありませんか?断食ダイエットの辛い症状がこの文章で少しでも和らぐことを期待しています。

 

まとめ

ダイエットの辛い断食を和らげる9つの方法

・そもそもダイエット「断食」ってどんな状態のこと?
・ダイエット以外の効果
・まず断食の準備をしましょう
・どんな断食にするのかを決めましょう
・千里の道も一歩から
・ハンガーノックには要注意
・水分補給は重要
・リバウントが怖い
・復食は面倒くさいもの

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて下さい。

そして、諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント