就職面接質問の基本パターンを知り、的確に練習する必勝法

就職面接質問の基本パターンを知り、的確に練習する必勝法

就職活動の時、就職面接質問でどきどきした経験はありませんか。今日は今、就職活動を頑張っている人にお伝えしたい内容の記事です。筆記試験やエントリーシートを通過してついに就職面接の段階になったとき、ここで失敗したくないって考えますよね。

しかしいろいろ考えすぎてしまうとどうしても就職面接本番で緊張します。そんなときは、はじめから予行練習をしておけばよいのです。就職面接質問はだいたいが決められた質問ばかりです。

また、どんな答えをいうかよりもその答えに対してはっきりと聞こえるように堂々と自分の意見を言えるかなど姿勢も見られています。就職面接質問の基本パターンを知り、的確に練習する必勝法について今日はお伝えします。しっかり練習して合格を勝ち取りましょう。



 

就職面接質問の基本パターンを知り、
的確に練習する必勝法

 

基本中の基本である自己紹介を練習しよう


就職面接質問の基本中の基本である自己紹介をまずはきちんといえるようにしておきましょう。自己紹介は面接会場にいって面接が始まる前、席に着く前に行うことがほとんどです。

集団面接などの時は自分は名前とよろしくお願いしますだけしか言えなかったなんて事にならないようにしましょう。まずは名前を大きな声ではきはきと言います。学生の場合は出身校も言いましょう。今日来るまでに考えたとこや今日の意気込みをいいます。

そして、今日はよろしくお願いいたしますとしめて席に座りましょう。例文です。「○○大学のXXです。今日は朝起きた時から夏らしく太陽がぎらぎらと輝いていました。今日はそんな太陽に負けないくらいぎらぎらとした熱意を見せたいと思います。本日はよろしくお願いいたします。」

 

志望動機は企業研究をしてしっかり考えよう


次に多い就職面接質問が志望動機です。志望動機は給料が高いとか、土日が休みとか、休みが多くて楽そうとか本当のところはそういった部分もあるかもしれませんが、そういう本音の部分は言わないようにしましょう。

また、同業他社でも通じるようなありきたりな志望動機ではじゃあほかの企業でいいじゃないかと思わせてしまいます。そこでしっかりと企業研究をして志望動機を考えましょう。

企業研究はインターネット上で会社のHPを見てもいいですし、社長のあいさつなどが載っている場合がほとんどですのでそこから共感したことをピックアップしてもよいです。

また、その会社に知り合いがいる場合はその人にその会社のよいところを教えてもらいましょう。そして、しっかりと企業研究をしてから志望動機を考えましょう。

 

自分の短所は長所に言い換えて答えよう


就職面接質問でこれもよくあるものですが、あなたの長所と短所を教えてくださいという質問です。日本人は謙虚に発言する事がよいことという認識がありますが、就職面接質問では謙虚さなんんていりません。

どうどうと自分の長所をアピールしましょう。そして、問題なのが短所です。短所を理解しているという事は大切ですが、短所を理解しているだけではだめなんです。

短所だけを伝えるのではなく最終的に長所を就職面接質問では答えなくてはいけません。例えば、「自分の短所はせっかちなところです。しかしせっかちだからといって仕事を雑にしたことは一度もありません。逆に何度も確認して早く正確に仕事を行うことを目指しています。」などと短所をいったつもりで自分の長所を伝えましょう。

 

個性的な答えを用意してみよう


学生時代一番頑張ったことを教えてくださいという就職面接質問もよくされます。この時、だいたいの人が部活やサークルでキャプテンになったという話やみんなをまとめたという話、もしくはバイトでこのような対策をして売り上げを上げたという話やお客さんに信頼されたというような話がほとんどです。

なんども同じような話ばかり聞いている面接官にはインパクトを与える事がでいきません。どうしてもその話をしたいなら自分にしかないエピソードを入れるか、その経験がどう御社に貢献できるかを熱く語るしかありません。

頑張ったことを教えてくださいという質問は頑張ったことを通して、あなたは何を学び、何をこれから当社でやってくれるのかということを聞きたいのです。就職面接質問の意図をしっかりと考えてから答えを作るようにしましょう。

 

最後に質問を用意しておこう


就職面接質問ではないですが、面接では最後に何か質問はありませんかと聞かれる事がほとんどです。何もありませんと言ってしまうのは簡単ですが、これではもったいないことです。ここできちんと質問できてこそ相手の印象に残る面接となります。

しかし、的外れなことを聞いてはいけません。何も思い浮かばなかったら、御社に入る前に勉強していたほうがいいこと事や資格などはありますかと聞いてみましょう。

こいつ受かってもいないのに何をきくんだろうと思われそうだなと考えてしまうかもしれませんが、それくらい勝気で大丈夫です。なにも言わずに帰るより面接官にインパクトを与えることができます。

 

いかがでしたか。

今日の記事で就職面接質問の基本パターンをご理解いただけたと思います。就職面接ではまず、おどおどしたり、声が小さすぎる事がマイナスのイメージを面接官に与えてしまいます。

そこでまずは本番でそんなイメージを面接官に与えないように大きな声ではっきりと自分の言いたいことを伝えられるようにしっかりと何度も面接の練習をしましょう。そして、今日お伝えした就職面接質問の基本の答えを作り、その答えをすらすら言えるように練習をしましょう。

またこの時に作った答えの文章を丸暗記しているとどこかで言葉が飛んだ時にどうしてもパニックに陥ってしまいます。そこで、丸暗記はせずに、キーワードを箇条書きにし、覚えるようにして練習をすることが大切なのです。

 

まとめ

就職面接質問の基本パターンを知り、的確に練習する必勝法

・ 基本中の基本である自己紹介を練習しよう
・ 志望動機は企業研究をしてしっかり考えよう
・ 自分の短所は長所に言い換えて答えよう
・ 個性的な答えを用意してみよう
・ 最後に質問を用意しておこう

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント