仕事で失敗した時に始めて解る、とっても大事な9つの気づき

仕事で失敗した時に始めて解る、とっても大事な9つの気づき
誰でも失敗の経験はあるはずです。人間は失敗する事が正常であり、失敗は「勘違い」「判断ミス」「ドジ」など様々です。仕事での失敗の場合、些細な判断ミスが大きなトラブルになってしまう事もあるため出来る事なら失敗はしたくないものです。

しかし、事が上手く運んでいる時には気が付く事が出来ない、失敗した時だからこそ気付ける事も必ずあります。今回は仕事で失敗した時に始めて解る、とっても大事な気づきを9つ紹介します。



 

仕事で失敗した時に始めて解る、
とっても大事な9つの気づき

 

成長の第一歩

誰でもある程度プライドを持っているため、失敗をする事に抵抗はあるはずです。しかし失敗に気が付き、それを認め、反省し、軌道修正する事が出来る人は必ず成長していきます。

逆に言えば失敗したことすら気が付けない人間は成長できないという事です。失敗は成長の第一歩なのです。

 

優先順位の明確化

仕事は「スピード」と「クオリティ」そして「付加価値」がバランスよく揃った時に相手の満足度が上がります。しかし、仕事によってはスピードが最優先されるもの、もしくは時間は少々かかってもクオリティが最優先されるものなど、優先されるものが変わります。

実際、クオリティがおろそかにされて問題ないという仕事はほとんどないでしょう。「クオリティ」と「スピード」が両立されている場合、失敗につながることは少ないですが、そのバランスが崩れた時に失敗が発生します。

自分が任されている仕事では何を求められていたのかを失敗して気がつくことで、優先順位を明確化する事ができます。

 

謝罪の大切さ

仕事で失敗をすると、ついつい言いわけをしてしまいたくなるものですが、きちんと謝罪できるという事は、社会人としての基本的なマナーです。まずはきちんと謝罪し失敗にいたった事情などは、冷静に客観的な内容で報告しましょう。

失敗をしてしまった事を悔やむよりも、その後の対応が重要になります。そこに気が付けた人は謝罪の大切さに気づく事でしょう。

 

自分の実力

失敗が起こってしまう原因のひとつに、自分の実力以上の事を任されてしまい、少々の頑張りでは対応できなかったという場合もあります。

上司が、部下の育成を目的とし、失敗のフォローを大前提に仕事を任せるというケースもありますが、自分の実力を把握されずに任されてしまった場合、任せた方、任された方どちらにも大なり小なりリスクが発生してしまいます。

もしも少々の頑張りではこなす事が難しいなど、自分の実力以上の事を任されそうになった場合きちんと「問題なくこなせる事」「自分の実力では難しい事」を明確にし、あらかじめサポートをお願いするなど失敗を未然に防ぐ事ができます。

それにはまず自分の実力を知っておく事が大切ですが、本当の実力は失敗して初めて客観的に気がつけたりする事も少なくありません。

 

対策をたてる事の重要さ

仕事で失敗の原因が明確になったら、同じ失敗を二度と繰り返してはなりません。そのためには対策を立てる事が重要になります。失敗の経験がない人が失敗をすると、どう取り繕うかばかりを考えがちです。

「自分の落ち度ではない」などと自己弁護にならないように、失敗にいたった原因を潔く分析しましょう。原因がわかれば同じ失敗は防ぐ事ができるため、対策をたてる事はとても重要だと腑に落ちるものです。

 

本当のおもしろさ

対策をたてる事が重要であると気がつくと、次に同じ仕事をする時、今までただの紙切れに見えていた伝票や資料が、大げさに言えば会社を取り巻くあらゆる動向を教えてくれる情報が詰まっている重要なものに見えてきます。

同じ失敗を繰り返さないように対策をたて、問題を発見し、やり方を工夫する事で今までに感じる事ができなかったやりがいを感じられるようになったりもします。失敗があったからこそ、気がつける仕事の本当のおもしろさがあるものです。

 

問題解決能力

何か問題が起こった時、「どうにもならない」とすぐにあきらめてしまう人と、「どうすればその問題を解決できるか」と解決策を考える事ができる人にわかれます。

きちんと失敗を挽回できた経験がある人は、すぐに「どうにもならない」とはなりにくいものです。失敗の経験がない人は、問題を解決した経験もないという事です。問題解決能力も能力のひとつです。

失敗することによって仕事での問題解決能力がひとつ磨かれたと気がつきましょう。

 

本当の人間関係

誰でもスムーズな人間関係でいる方が仕事が進めやすいと感じることでしょう。しかし周りにいる人達は自分の実力を頼りにしているのか、組織内の立場に興味があるのか、それとも任されている業務に興味があるのか、本当の所はなかなかわからないものです。

うまくいっているときは仲間だと思っていた人が、失敗したとたんに離れて行ったり、急に非協力的になったりという事も少なくありません。失敗した時こそ、助けてくれたり、励ましてくれたりする人が本当に信頼できる仲間なのです。

本当の仲間に気づけますか?

 

失敗も経験のひとつであるという事

誰かの失敗談を耳で聞き、自分も気をつけようと心に思う事はできます。しかし人間は頭で理解できても、行動につなげる事はなかなか難しいものです。

失敗を認め挽回できた時、失敗も経験のひとつであると気がつけるものです。

 

いかがでしたか?

「気がつける」という事はとても大事な事です。誰かに教えてもらった事よりも自分で経験した事の方が深く理解でき、身につくものです。出来る事なら失敗は避けたいですが、「気づき」は多くほしいものですね。

 

まとめ

仕事で失敗した時に始めて解る、とっても大事な9つの気づき

・成長の第一歩
・優先順位の明確化
・謝罪の大切さ
・自分の実力
・対策をたてる事の重要さ
・本当のおもしろさ
・問題解決能力
・本当の人間関係
・失敗も経験のひとつであるという事

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント