職場で人間関係をこじらせて孤立した時の9つの修復方法

職場で人間関係をこじらせて孤立した時の9つの修復方法
本人に悪気があるわけでも、能力がないわけでも、性格が悪いわけでもないのに、なぜか正当に評価されず人間関係をこじらせて孤立してしまっている人がいます。

「内面を磨く」ことも大切ですが、そもそも正当に評価されていない人はほぼ100%「見た目」で損をしているのです。まず「見た目」で減点されている行動を変えなければ、周囲の評価は変わらないのです。人は人を「見た目」で判断して評価します。

「やる気のある人」と言われる人は、「やる気があると周りの人から判断される行動をいつもしている人」で、「感じがいい人」と言われる人は、「感じがいいと周りの人から思われるような立ち居振る舞いを続けている人」であって、その人の人間性の問題ではありません。

大事なことは、人に見せるあなたの「かたち」です。あなたが人に見せる「かたち」の作り方を覚え、実践して継続し、自分のものとして自然にふるまえるようになれば、あなたの職場での人間関係は豊かで実りあるものになることでしょう。

では、どうして正当に評価されず職場で孤立してしまうのか、そんな人が正当に評価されるために、どのようなことを意識して行動すればいいのか、あなたに対する職場の人たちの評価を変える具体的な方法をを9つにまとめてみました。



 

職場で人間関係をこじらせて
孤立した時の9つの修復方法

 

挨拶しなければ始まらない

挨拶をしないと相手とのコミュニケーションをスタートさせられず、コミュニケーションを成立させることができません。

コミュニケーションが成立しないと、あなたの職場の上司・同僚・部下から評価を受ける機会を逸してしまい、あなたが好意をもって扱われることもなくなってしまうのです。

 

自分から挨拶して空気が読める人になろう

職場の人と顔を合わせた時、「おはようございます」の一言が無いだけで、相手に対する反発のメッセージを与えてしまいます。

挨拶を自分からしないと礼儀知らずだというだけでなく、状況判断ができない、無能な人だと思われてしまいます。

 

相手に敬意を感じさせる挨拶をする

挨拶は相手に敬いの気持ちを形で伝えるためにするものです。

腰からまっすぐに上体を保ったまま、胸を床に見せる気持ちで表情と声を明るく保ってはっきりと声を出して挨拶してみましょう。

 

指導・指摘された事はすぐその場で実行に移す

指導に対してすぐに着手しないと、指導した相手に対する明らかな反発となります。

「次からやります」「これから気をつけます」ではなく、「すぐやります」「今から改善します」とすぐ返答して、その瞬間・その日から着手する事を徹底しましょう。

 

歩くスピードを上げて早足で移動するようにする

歩くのが遅いと、あなたにその気がなくても「やる気のなさ」や「やりたくない」意思を示す行動になってしまい、周囲の人に「仕事のできない人」「反発している人」の印象を与えるばかりか、職場の士気も下げてしまいます。

できるだけキビキビ動いて仕事に対する意欲を見せましょう。

 

作業時間をストップウォッチで計ってみよう

自分の行動のスピードを客観的に見てみるために、ストップウォッチであらゆる作業時間を計ってみましょう。

自分の作業時間が早いか遅いかの目安は、同じような作業を同僚とした時に、5回のうち3回以上あなたの方が時間がかかっている場合、改善の余地があります。

 

鏡を見て自分の笑顔を覚える

笑顔でいたほうがいいのは当たり前のことのように言われています。ところが、実際に自分の笑った顔をハッキリとイメージできない人は少なくないのです。

自分の笑顔を覚えて自然に笑えるようになるためには、鏡を見ながら笑って自分の笑顔をしっかりとイメージできるようにするしかありません。

これは鏡を見ながら繰り返しトレーニングすることで身に着けられます。「わざわざ笑顔のトレーニングなんて今更必要なの?」と思うかもしれません。

けれども常に相手に笑顔を向けることが大切なのです。なぜなら、笑顔は社会の中で仕事をしていく上で、周囲との和を保つために欠かせないものだからです。

 

出社時から退社時まで、毎日5回は笑顔チェックをする

これはどういうことかというと、会社に出勤する前・お昼休み・午後三時頃・夕方・帰宅前といった仕事の区切りのいい時間に、自分の表情が曇ってきていないか確認すると同時に、自分の笑顔のトレーニングも行ってしまうということです。

朝の出社時は元気よく笑顔ができても、夕方以降て疲れが出たころにはミスやテンションの低下が起こりがちです。

自分のテンションを必要以上に下げず、同僚に嫌な空気を漂わせたり、あなたの表情によって職場の評判を落としてしまわないように、もうひと頑張りして朝も夕方以降もムラなく笑顔でいられるのを目標にしてみましょう。

 

笑い続けるとチャンスがたくさんやって来る

人を判断する時、外見で最もわかりやすいのはその人が笑顔でいるかどうかということです。笑っている人からは拒否感や敵意を感じないので、人は安心して「この人なら仕事を頼んでも大丈夫」と思います。

そして、笑って仕事をしているだけで仕事に喜びを感じている事、仕事を楽しんでいること、職場の人間関係に感謝していることを伝えられるのです。

 

いかがでしたか?

人間関係を築く上でこれまで大切な事として、あなたもすでに知っていることがいくつもあったかもしれません。いつもは当たり前のこととして無意識に行動している自分の挨拶や表情、行動はなかなか客観視できないものです。

当たり前の事一つ一つが相手に与える印象ーを意識することで、ずいぶんあなたの職場の人に与えるイメージも良くなっていくのではないでしょうか。

 

まとめ

職場で人間関係をこじらせて孤立した時の9つの修復方法

・挨拶しなければ始まらない
・自分から挨拶して空気が読める人になろう
・相手に敬意を感じさせる挨拶をする
・指導・指摘された事はすぐその場で実行に移す
・歩くスピードを上げて早足で移動するようにする
・作業時間をストップウォッチで計ってみよう
・鏡を見て自分の笑顔を覚える
・出社時から退社時まで、毎日5回は笑顔チェックをする
・笑い続けるとチャンスがたくさんやって来る

人間関係を円満に!

人間関係を改善して、人生を充実させるためのエクササイズ形式のワークシート、リレイションマップを作りましたので良かったら使ってください。
リレイションマップのダウンロードはこちらから。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント