孤独感から抜け出したい!ポジティブになれる思考転換術

孤独感から抜け出したい!ポジティブになれる思考転換術
「自分には何でも話せる仲間がいない…」そんな孤独感を感じる方は少なくありません。ふと一人でいるときに、自分には価値が無いのではないかと考えてしまうと、気持ちが暗くなってしまうものですよね。

もちろんそんなことを感じたくはないというのが本音でしょう。友達にも恵まれ、恋人もいて、家族とも仲が良くて…そんな状況であれば幸せだと思うのは普通のことです。

しかし、現実はいつもうまくいく訳ではなく、寂しい気持ちを抱えてしまいます。では、どのようにすればそういった孤独感から抜け出せるのでしょうか。実は、あなたの思考を変えれば良いのです。というのも、普段思っている事や考えている事はそのまま「気持ち」に繋がっていくからです。

そこで今回は、孤独感から抜け出してポジティブになれる思考転換術をお伝えします。

孤独は決して悪いことではない

まずはいきなり矛盾したことを言うようですが、これは矛盾ではありません。孤独と孤独感は似ているようで違います。孤独とは本当に心の通う人が周りにいない状態ですが、孤独感は一人ぼっちと思っている感覚です。

これを知っていただいた上で、なぜ孤独は悪いことではないのかというと、それは人間は元々皆が孤独だからです。

 

人生は皆人それぞれである

今まで気が合うと思った人や好きだと思った人でも、他人には変わりないのです。生まれた時間も育った環境も、そして見てきたことや会った人も全て違います。つまりは自分とは違うという事ですよね。

生まれてから年を取って死ぬまで、ずっと一緒にいることができる人はどれだけいるでしょうか。ほとんどの方が誰もいないと答えるでしょう。親ですらも自分より先にこの世を去ってしまいます。

それは皆が人それぞれの生き方があるということであり、皆が孤独という事を証明づけるものと言えるでしょう。

 

孤独から考えやアイデアが研ぎ澄まされる

自分には頼りになる人がいる、何でも話せる仲間がいるという事はもちろん良いことであると言えます。しかし孤独でいる事にも良いことはあるのです。それは本当に自分にとって良いことを考えることができるということでしょう。

今の自分がどうすれば本当に良いのか、幸せになれるのかという事は、自分しか解らないのです。周りの人はその答えを持っていません。最高のアイデアは周りに人がいると、考えが散漫になってしまい出すことができないのです。

孤独だからこそ自分のことが考えられると言って良いでしょう。このように考えると孤独も悪くないのです。そして寂しいという孤独感も無くなっていくでしょう。

 

孤独感は自ら作っている

孤独感とは先ほども言いましたが、心が通う人がいなくて寂しい感覚です。そのような状態は確かに寂しいと感じるかもしれませんが、その状態は自分自身で作っているとは言えないでしょうか。

「会社には同世代がいない」「周りの友達は皆結婚しているし」など言いながら、わざわざ疎遠になっているのは紛れもなく自分が思考した結果です。自分で「あの人とは合わない」と決めてしまっているから孤独になっていくのでしょう。

何も1から10まで理解してもらおうとしなくても、少しでもお互いの共通するところが見つけられれば疎遠にはならないですよね。ですので、自分から近くにいる方たちと積極的に触れ合えば良いのです。

心を通わせたいのであれば、まずは自分から相手のことを理解してあげることが大事なのです。自分から心を閉ざせば孤独になって孤独感を感じてしまうのは当たり前ですよね。

 

他人は他人である

孤独感を感じるという時は、単に心が通い話し合える人がいないという時だけではないでしょう。周りの人の「友達と旅行に入った話」や「皆でバーベキューをした」というような話を聞いてしまったときにも感じる時があるのではないでしょうか。

特に今はSNSでそのような場面を見てしまうことが日常茶飯事です。そんな周りの人が楽しい思いをしていると考えてしまうと、「自分は何も楽しいことができていない」と思ってしまい、孤独感に繋がってしまうのですよね。

自分には決して友達がいないというわけでもないのに、なぜか他人と自分を比べてしまい孤独感を感じてしまうのです。

しかし他人には他人の生活の流れがあります。たまたま楽しい部分だけを見てしまっているだけで、そんな周りの人だって辛いことや大変な思いをしているわけですよね。一時の他人の楽しい話に影響されてしまわないようにしましょう。

 

孤独感を感じているときは、どんどん自分の存在価値を下げてしまいます。「自分は誰にも相手にされていないんだな」と思ってしまうでしょう。

そのような感覚をぬぐいたいときは、孤独という事をもっとしっかりと理解する必要があります。多くの友達がいたり相談できる人がいたりすることは良いことですが、孤独でいる事にもメリットがあるというのを知っておきましょう。

自分自身の向上や確立のためにも、孤独の時間は必要なことなのです。他の意見の入らない状態であるからこそ、本当の自分にとっての道しるべが作れると言えるでしょう。

人と同じでなければいけないという間違った観念が孤独感を生んでしまいます。元々が人間は孤独なのですから、他人とどこまでも合わせるのは苦痛になる時が来るでしょう。

自分は自分なので、誰かを求めるのであれば自ら動けばよいし、静かにしていたいならそれも自分でそのような環境にすればよいのです。孤独感とは自分でわざわざ心を閉ざしている状態とも言えるでしょう。このような思考を持つことで、孤独感から抜け出せるのです。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました