職場の人間関係を円満に保って業績を今よりアップさせるコツ

職場の人間関係
仕事をしている限り必ずついて回るのが職場の人間関係ですよね。「仕事をやめたい理由」を聞くと確実に上位にあがってくるのがこの問題。

職場の人間関係がよければ多少の無理も頑張れるし、最悪ならば即辞表をたたきつけたくなるといった具合に、「人間関係」とは仕事のモチベーションを左右する大きな要因といっても過言ではありません。

ですが「気に入らない」と職場を転々としていてはキリがありません。あまりにもブラックな環境なら別ですが、この世の中で生きていく以上は稼がねばならないのですから、ある程度の割り切りはどうしても必要になってきます。

そこで今回は、職場の人間関係をできうる限り円満に保って、自分の仕事の効率をアップさせるために覚えておきたい心構えについてお伝えします。

限界を感じた時点で、即座に割り切る

「え、いきなり!?」と思われるかもしれませんが、実はデキル人間ほど、職場の人間関係には一線を引いています。くだらないゴタゴタに巻き込まれて、貴重な時間や労力を無駄に消費するくらいならと、最初からすっぱりと割り切ってしまうのですね。

もちろん職場の人間関係を円満に保つためにやるべきこと(会話や挨拶など)はきちんと行いますが、親しかろうがこじれようが、仕事の間は一定以上は踏み込まず、自分の本分を果たすことだけを考えるのです。

職場は本来仕事をする場所なのですから、この考え方はある意味、理に適っているといえますよね。職場の人間関係に行き詰まりを感じているなら、ぜひ一度は試していただきたい方法です。

 

誰からも100%好かれる必要はないと心得る

職場に限らず、人間関係というものは「100人中100人に好かれる」ことはそうそうありません。逆に「100人中100人に嫌われる」ことも、よほどのことがない限りあり得ないといえるでしょう。

となると、合う人合わない人がいるのは至極当然。社会人たるもの歩み寄る努力は大切ですが、職場での人間関係を必要以上に思い悩むことなんてないのです。

やるだけやってだめなら、その人とあなたは「ウマが合わない」のですから、その人の相手はウマの合う別の人に任せて、あなたはあなたと合う人との関係を大切にしていく方へ思考をシフトしてしまいましょう。そもそも、職場での人間関係自体は、ビジネスライクくらいがちょうど良いものです。

 

挨拶や、報告・連絡・相談は欠かさない

職場の人間関係を円滑にするにしろ、改善するにしろ、すべては「声を出す」ところから始まります。なにはともあれ「挨拶」と「報告・連絡・相談」は必ず自分から積極的に行い、地道に信用度を積み重ねておきましょう。

職場の人間関係が悪い場合は、誰かに話しかけるのも勇気がいることかもしれませんが、最低限ここは頑張りどころです。職場とは本来、与えられた仕事を果たし見返りに賃金をもらう場所。ならばコミュニケーションの基本はしっかりと抑えておくべきといえるでしょう。

そのうえで相手が横柄な態度を取ったり「アイツが嫌だ」「気に食わない」という感情で与えられた責務に支障をきたすようならば、それは相手の人間性に問題があるだけのこと。見ている人はちゃんと見ているものですから、心配する必要はありませんよ。

 

仕事は真摯にこなすこと、他人は客観的にとらえること

誰もが完璧ではありませんから、時には仕事上でミスをすることもあるでしょう。ですが毎回ミスばかりでは信用問題に関わりますし、あなたを快く思わない人に格好の攻撃材料を与えることにもなりかねません。

「期限や約束は必ず守る」「作業は丁寧に行い確認をする」など、仕事はきっちりこなすよう心がけましょう。また、職場の人間関係自体は最悪でも、自分以外の人間を「個人」ととらえて客観的に見てみてください。

「○○の部分はどうかと思うけど、××の部分には秀でているな」「□□の部分はすごいな、△△の部分さえなければイイ人かも」といった具合に長所と短所が見えてきませんか?悪い部分は反面教師・良い部分はお手本として素直に認めてみてください。

人間は自分を好意的にとらえてくれる人に好意を返したくなるもの。あなたが歩み寄ることで相手もあなたを受け入れやすくなり、そこから職場の人間関係が改善されることもあるのです。

 

他人を意識しすぎない

評価・給料・仕事量など、自分と他人を比較してその差に嫉妬するようになると、まず間違いなく職場での人間関係はぎくしゃくします。

自分より良い評価や給料を得ている人に嫉妬したり、見栄を張って実力不相応なことをやろうとして失敗したりとロクなことがありません。

他人と自分を比較することで、自身の成長の糧に変換できるのなら比較も大いに結構ですが、ただネガティブな感情しか抱けないようなら、他人を意識するのはやめましょう。

愚痴や負の感情ほど、他人の耳に早く伝わるものはありません。職場の人間関係を良好にしたいと思うのなら、他人のアラ探しをしたり卑屈になったりする時間を、自分を高めるための「生産性のある努力」に費やす方がよっぽど近道です。

 

さて、お伝えしてきた「職場の人間関係を円満にするために、覚えておきたい心構え」ですが、これさえ守れば完璧!とはいかなくても、これだけ心がけておけば最低限、無難に仕事に集中できる確率は格段にあがるはずです。

生きている以上多かれ少なかれ、人間関係はあなたに深く関わってきます。そしてそれは職場内に限らず、取引先や顧客、同業者など、外とのつながりも含めて完全無視するわけにはいかないものです。

どうやったって他人との関わりはついて回るわけですから、受けるストレスをできるだけ少なくし、なおかつ職場の人間関係に踊らされないためにも、あなた自身がまず明確なビジョンを持ち、ある程度割り切るところから始めてみましょう。



連記事

コメントをお書きください