「別居したい」と言う妻をなだめる3つの説得法

「別居したい」と言う妻をなだめる3つの説得法
妻に「別居したい」と言われたら夫は焦りますよね。いくら将来を誓い合った夫婦とは言え離婚するケースは珍しくないですし、どんなに仲良しの夫婦だって状況次第では妻が別居したいと思ってしまう可能性はあるのです。さて、そんな時夫はどうすればよいのでしょうか?妻の別居したい気持ちが強い以上、ここは話し合うというよりは説得して妻をなだめるつもりで接しなければなりません。

とは言え、ここで間違った説得をしてしまうとそれは逆効果になり、別居したいと告げる妻の決心はより固いものになってしまいます。最も、夫の不倫や浮気などが原因でこの事態を招いたのであれば論外ですが、そうでないなら正しく説得することで妻の考えを変えることが可能です。

一度別居すると修復は難しいため、「別居したい」と言っているこの時点で何とか妻をなだめることを考えましょう。そんな緊急事態の解決を狙うべく、今回は「別居したい」と言う妻をなだめる3つの説得法をお伝えします。



 

「別居したい」と言う妻をなだめる
3つの説得法

 

いつでも別居してよいことを条件にやり直しを求める


何かを決心して行動する時、難しいのは行動よりも決心です。例えば仕事を辞めたいと思った時、辞めることそのものよりも辞める決心をして相手に伝えることの方が遥かに気を遣います。

仕事を辞めると上司に伝えることは気を遣いますし、もし仕事を続けてほしいと説得されたとしてもやはり辞めたくなった時に再び気を遣うのは嫌ですから、説得されてもそれを聞かずに辞めてしまう人がほとんどです。実はこの心理は「別居したい」と夫に言う妻も全く同じです。

だからこそ、説得の時に「いつでも別居してよいからやり直したい」と伝えるのです。そうすれば、妻はやり直した末にやはり別居したいと考えた時も気を遣わず再び別居を提案できますし、だったらもう一度やり直してみようという気になれるのです。

つまり「いつでも別居したい時にしてよい」という環境を妻に用意してあげるのです。これで一旦猶予ができるため、後はやり直しの生活の中での夫の頑張り次第で妻の別居したい気持ちを解消できます。

 

それはできないけどこれならできるという提案をする


妻が別居したいと思っている以上、夫に対して何らかの不満があるのは明白です。そこでまずは何が不満なのかを真剣に聞いてください。この時妻が本音を言えなければ意味がないため、あまり感情的にならずに冷静な態度で妻の話を聞いてあげましょう。

さて、ここで言った妻の不満が即解決できることなら何も問題ありません。問題は解決できない不満を言った時ですが、この時夫はそれに対して否定するのではなく、できるだけその気持ちを叶えるという姿勢を見せることがポイントです。

例えば「仕事ばかりで夫婦の時間が作れない」と妻が言ってきた場合、「それは仕方ない」と言うのではなく「仕事は休めないけど週末は定時で帰る」など、少しでも妻の不満を解消するための提案をするのです。

そうすれば、妻も夫が真剣に考えてくれていると分かるため、一方的に別居したいとは言わなくなるでしょう。

 

恥ずかしいセリフもしっかりと口にする


「別居したい」と言う妻を説得したい以上、夫は妻を愛していることになります。そして実際に説得する際は、そういった愛情を伝えるような恥ずかしいセリフでもしっかりと妻に伝える必要がありますし、そうすることで妻の気持ちをなだめることができるのです。

例えば妻が「なぜ別居はダメなの?」と問いかけてきたとします。ここで夫が「愛しているから」や「妻が大切だから」と正直に言うのと、「食事とか困るから」などと照れて本音を言わないとでは、夫のセリフに対する妻の気持ちは全く変わります。

「別居したい」と妻が本音で言っている以上、夫もまた本音で説得しなければなりません。だからこそ、説得の中で普段言えないような照れくさいセリフが必要な時は、それをしっかりと妻に伝えなければなりません。夫婦生活において愛情は欠かせないですから、それを表現する言葉でしっかりと説得することで妻の気持ちにも変化が起こるのです。

 

「別居したい」と言う妻を説得するには、ここでお伝えした3つの方法の実践が必要です。ポイントは3つのうちどれかを選ぶのではなく、3つの方法全てを取り入れた説得をするということです。具体的にはまず冷静になって妻の話をして、なぜ別居を考えたのかを聞きましょう。何が理由にせよ、妻はここで夫に対する何らかの不満を訴えてくるでしょう。そして次はその不満に対する夫の対応についてです。

まず、内容次第ではどうしてもその不満を解消できないこともありますね。そんな時には無理だと一言で否定せず、その不満を少しでも解消できる提案をしてあげてください。そして説得の中では常に本音で話す必要があるため、例え愛情表現を示すような恥ずかしいセリフでも恋人だった頃の気持ちに戻ってしっかりと言葉にして伝えてください。

そして気持ちが傾いた妻に対して、「もし本当に嫌ならいつでも別居したいと言ってくれてよいからもう一度やり直したい!」…そうチャンスを求めるのです。そうすれば妻も頑なに「別居したい」と言い張ることはなく、夫の気持ちを理解してくれるでしょう。

まとめ

「別居したい」と言う妻を説得する方法

・いつでも別居してよいということを条件に、もう一度やり直してほしいと伝えよう
・妻の要望が実現不可能でも、否定でなく代わりの提案をして妻の不満を解消しよう
・普段言いにくいセリフでも、本音を知ってもらうために必ず言葉にして伝えよう

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント