頭の回転が速いと言われる人が使っている7つの思考展開法

頭の回転が速いと言われる人が使っている7つの思考展開法

世間には頭の回転が速いと言われているタイプの人がいます。多分、自分の周りの人を思い浮かべてみても一人は頭の回転が速い人がいるのではないでしょうか。では、頭の回転が速い人とそうでない人との違いとは何なのでしょうか。それは主に物事を考えるときの考える手段です。もっといえば知識を仕入れる段階で頭の回転が速い人は他の人とは違っているのです。



 

頭の回転が速いと言われる人が使っている
7つの思考展開法

 

相手が納得できるように話すべし

相手が納得できると言っても決して話がうまいとか丸め込むのがうまいという意味ではありません。頭の回転が速い人は知識を人よりも多く、上手に引き出しに整理して持っているのです。なので必要に応じて相手が納得できる知識を出すことができるのです。持っている知識量も半端ないのでひとつのことを語りだすと何時間でも話せてしまいます。

この思想法は一般的にロジカルシンキングと言い誰かに何かを伝えようとしたり、物事を整理して考えたい時に使う思想法で特に頭の回転が速い人だけが使っているわけではなく、一般的な人も自然と使っているものです。ただ頭の回転が速い人は、その時に使う知識量が普通より多く整理するのが上手だということです。

 

新しいアイデアを次々出せる理由とは

一つの物事に対し色々な方向から多角的に見ることができ全く違った見方で結論を出すことができるのです。色々な方向から違う見方で見ることができるので次から次へと色々なアイデアを出すことができるのです。

普通の人は一度決まった方向から物事を見てしまうと、そこに執着してしまいなかなか次々と色々な方向から見ることができないのです。この思考法は一般的にラテラルシンキングと呼ばれています。頭の回転が速いと言われている人は必要に応じて自然とこの考え方ができるようになっています。要は考え方を切り替えることが簡単に出来てしますのです。

 

頭がよくなる思考法とは

クリティカルシンキングといい、たえず物事に対して疑問を持ち思考を巡らせるため最も頭がよくなる思考法と言われています。これを自然に行っているのが頭の回転が速い人です。物事を見聞きしたままに受け取らず客観的、分析的に理解するものです。批判的な思考を働かせ分析し溢れている情報に惑わされることなく自分なりの分析をすることです。

 

広い視野で物事を捉えよう

目先の仕事を片付けることだけに躍起にならず仕事の全体像を見ることができるので目標設定をクリアする過程を組み立てることができ、必要に応じて修正することができるのです。

 

応用ができる理由とは

頭の回転が速い人は応用力がある柔軟な考え方ができます。一つの情報を与えられるとそれを軸にしてその情報を5にも10にも膨らませることができるのです。なぜなら頭の回転が速い人の記憶の引き出しは個別にバラバラに収納されているのではありません。

他の情報と繋げた状態で収納されているので一つの情報を与えられるとそれに紐づく情報が色々な引き出しから出てくるのです。なので同じ数の引き出しを持っている人であっても情報がバラバラになっていると一つの情報は一つのままなのです。

 

要点を見つけるのが上手い理由

複雑に入り組んだ情報を瞬時に整理し、その物事の中枢である要点を瞬時に見つけることができます。普通なら複雑に入り組んでいる情報をまずは切り離し整理し、その上で情報全体を順番に理解していき、全体が理解できて始めて要点がわかります。

これだけの処理を瞬時に出来てしまうのは、普段から脳を鍛えているからです。これができるのは頭の回転が速い人は前頭葉という脳の司令塔の働きが人より良いので同時に複数の処理ができるからだといわれています。脳を鍛えるというのは瞬時にできることではありません。無意識のうちに日常的に脳が活発に働いているのです。

 

臨機応変な対応は引き出しの多さから

頭の回転が速い人は何か不測の事態が起きても臨機応変な思考の変換方法を身につけているのです。これはどの引き出しにどんな情報が入っているかを理解しているからです。なので不測の事態が起きても慌てることなくこの考え方がダメならこれでいこうとスムーズに次の考え方に移ることができるのです。

情報が豊富な分一つの情報から導き出した答えに執着がないのです。だから不測の事態が次々起きてもこれでダメなら次はこれとすぐに切り替えることができるのです。それだけ持っている知識に余裕があるのです。

 

いかがでしたか?

頭の回転が速いからといって普通の人より多くの情報を与えられているわけではありません。皆と同じように10の情報を与えられたとき普通の人はそのうちの4つくらいを重要な情報と考え引き出しに直します。頭の回転が速い人は10の情報を10個の引き出しに全て直します。このとき現状ある情報と結びつく情報があればちゃんと紐付けておくのです。

なので普通の人より記憶の引き出しが多く、情報が孤立せず結び付けられた状態で保存されているのです。なので本人が意図せずとも発想が豊富で検索スピードも速いので周りから見ると、人より頭の回転が速いと思われるのです。なので全ては情報を与えられた段階から違うのです。

 

まとめ

頭の回転が速いと言われる人が使っている7つの思考展開法

・相手が納得できるように話すべし
・新しいアイデアを次々出せる理由とは
・頭がよくなる思考法とは
・広い視野で物事を捉えよう
・応用ができる理由とは
・要点を見つけるのが上手い理由
・臨機応変な対応は引き出しの多さから

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周囲に変化があることを実感できます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、停滞している「今」変えていきましょう!!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント