元気が出る食事で厳しい仕事を楽に乗り越える最強レシピ

元気が出る食事で厳しい仕事を楽に乗り越える最強レシピ

肉体労働、デスクワーク、パソコンと睨めっこの事務仕事など、どんなにやりがいを感じる仕事でも心身共に疲れるもの。そこで今日は元気が出る食事で厳しい仕事を楽に乗り越えられる最強レシピを5つお伝えします。

精神的な疲れや体力の限界、目の疲れや肩こり腰痛など職種によって様々ではありますが仕事は厳しいものですよね。どんなに仕事で忙しくても3度の食事は毎日欠かせません。

毎日身体に取り入れる食事で元気が出せたらいいですよね。心身共に元気になって楽しく仕事がこなせると毎日がとても晴れやかになるはず!

仕事を頑張る家族のためにレシピを考える主婦や主夫の皆さん、一人暮らしで仕事と家事を両立している皆さんに試して頂ける、元気が出る最強レシピをお伝えします。



 

元気が出る食事で厳しい仕事を
楽に乗り越える最強レシピ

 

ニンニク風味のスタミナ鍋で元気を出そう


ニンニクを食べると元気が出る!とはよく聞きますよね。なぜニンニクを食べると元気が出るのでしょうか。仕事の疲れを取り、元気を出すための成分がビタミンです。

ニンニクにはビタミンB1を吸収し体内に貯めおくという特性があるので疲労回復が期待でき元気が出るということですね!

ではニンニクの力を理解したところでニンニク風味が美味しいスタミナ鍋の作り方をお伝えします。

スープの味付けは味噌、白だし、にんにくのすりおろしたものだけ。鍋に人数分に適した水を入れ沸騰させます。そこにすりおろしたにんにくと白だし、味噌を適量溶かします。

スープの味が決まったら家にあるお野菜お肉などお好みの鍋の材料を入れ煮立ったら出来上がり!準備から約10分ほどで出来上がります。

びっくりするほど簡単ですが、とっても美味しく体も温まりますよ。材料に豚肉を入れるとさらにビタミンが取れて良いですね。

 

生姜焼き風丼ぶりで元気を出そう


生姜にも元気が出る栄養素がたくさんあることは皆さんご存知でしょう。生姜にはジンゲロールという成分があり、これが血液循環を良くしてくれたり、殺菌抗菌作用、そして免疫力アップといった嬉しい働きをしてくれるのです。

血行が良くなると速やかな疲労回復効果も期待できますね!では生姜焼き風丼ぶりの作り方をお伝えします。

材料は2人分で豚こま肉200g、たまねぎ小1個そしてみじん切りの生姜。調味料は醤油、みりん、酒をいずれも大さじ2、砂糖大さじ⒈5、生姜のすりおろしを小さじ1〜2ほどお好みで。調味料はあらかじめよく混ぜておきましょう。

フライパンに油適量を熱し、生姜(みじん切り)を入れて炒めます。次に玉ねぎ豚肉の順に炒めましょう。豚肉がまだ少し赤いうちに混ぜておいた調味料を加え強火で汁気を飛ばしながら炒めます。照りが出たらご飯にかけて出来上がりです。

 

ネギたっぷりお好み焼きで元気を出そう


日本人にとってネギは味噌汁やうどんなどに欠かせない食材の一つですよね。薬味として使われるネギですが、元気が出る効能がたくさんあると言われています。

ネギにはビタミンやニンニクにも含まれるアリシンという栄養素も。ニンニクと同様ネギに含まれるアリシンにもビタミンB1の吸収をよくしてくれる効果があるため速やかな疲労回復が期待できますね!

ネギがメインの料理も少ないためネギをたっぷり食べる機会はあまりないですよね。そこでお好み焼きの具材にネギをたっぷり入れて食べましょう。

用意するものは2枚分の材料で市販のお好み焼きの粉300g、水300cc、卵3つ、キャベツ適量、ネギたっぷり、豚バラスライス200g。お好みで天かすや青のりかつお節など。

キャベツを粗くみじん切り、ネギは薬味よりやや大きめに切ります。粉と水、卵をよくかき混ぜ切ったキャベツとネギを加えます。

フライパンまたはホットプレートに油を引きそこに流し込みます。片面を焼いている間に豚バラ肉を乗せ、片面が焼きあがったら裏面もしっかり焼いて出来上がりです。ソースをかけて美味しく頂きましょう。

 

ほっこり美味しい肉じゃがで元気を出そう


母の味として肉じゃがを思い浮かべる方も多いですよね。実はジャガイモには疲労回復を促進するビタミンB1に加えビタミンCが豊富に含まれています。

ストレスが溜まると体内のビタミンが失われると言いますが、厳しい仕事からのストレスに耐える為にもジャガイモを美味しく食べてビタミン補給したいですね。

そこで男性の皆さんでも簡単に作れちゃうシンプルだけどとても美味しい元気が出る肉じゃがの作り方をお伝えします。

材料は2人分でジャガイモ3個、玉ねぎ1個、人参小1個、牛肉100g。調味料は醤油大さじ2、砂糖大さじ2のみです。材料を適当な大きさに切ります。鍋に油を熱して玉ねぎ、牛肉、人参、ジャガイモの順に加えて炒め合わせます。

ジャガイモのふちが透明になってきたらコップ1杯よりやや少なめの水を入れます。水をやや少なめに入れることがほっこり仕上げるコツですのでひたひたにたっぷりの水を入れないよう気を付けて下さいね。

調味料の醤油と砂糖も加え落としぶたをしてコトコト煮込んで味が染み込んだら出来上がりです。調味料にみりんやお酒、だし汁などを入れる方も多いかと思いますが、醤油と砂糖と少なめの水でも十分美味しくできますよ。

 

ネバネバ納豆丼ぶりで元気を出そう


納豆が体に良いことは皆さんご存知ですよね。では具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか。疲労回復、疲れを取り除いてくれるビタミンB群、血液循環を良くしてくれるナットウキナーゼ、他にも大豆に含まれるイソフラボンやカルシウム、食物繊維など体に嬉しい元気が出る栄養素がたくさん入っているんですね。

納豆丼ぶりは忙しい朝の時間にパッとできちゃうのでお仕事前に元気を出したい時にもオススメ。温かいご飯に生卵、納豆、キムチ、しらす、刻んだ味付き海苔を乗せるだけで出来上がり。お好みで醤油も。

卵かけごはん、納豆ごはんを一つにしてさらにキムチや海苔を加えて一味違う丼ぶりを試してみましょう。発酵食品のキムチからは酵素を摂取出来ますし、しらすなどの小魚を入れるとカルシウムも取れますね。とても手軽で健康的な元気が出る朝ごはんの出来上がりです。

 

いかがでしたか。

仕事から疲れて帰ってくると、空腹感が満たされれば何でもいいと思ってしまいインスタントや冷凍食品などに頼りがちなんてことが多い方。また仕事前は時間がないから朝ごはんは抜き…という方。

確かにその時は時間をかけずに楽に食事を済ませられた!と思うかもしれませんが、やはり栄養のある美味しい食事を心がけることが元気を出して仕事に励む秘訣になりますよね。

今回ご紹介した元気が出る最強レシピは疲れて帰ってきた時にも短時間で作れちゃう手軽なものばかりです。美味しく食べて元気を取り戻しましょう。

また食材を選ぶ際、疲労回復に良いとされるビタミン豊富なものや精神を安定させるカルシウムやマグネシウムを含むものを選ぶなど少し意識してみるのも元気が出る食事を作る第一歩になりますね。是非今日から元気が出る食事を心がけましょう。厳しい仕事も楽に乗り越えられるようになりますよ!

 

まとめ

元気が出る食事で厳しい仕事を楽に乗り越える最強レシピ

・ ニンニク風味のスタミナ鍋で元気を出そう
・ 生姜焼き風丼ぶりで元気を出そう
・ ネギたっぷりお好み焼きで元気を出そう
・ ほっこり美味しい肉じゃがで元気を出そう
・ ネバネバ納豆丼ぶりで元気を出そう

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずです。

この音声のダウンロード版を用意していますので下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて使って下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント