引っ込み思案を治す為に試す、気軽に話しかける5つコツ

引っ込み思案を治す為に試す、気軽に話しかける5つコツ
性格を変えるのは難しく、特に引っ込み思案を治すのはなかなかうまくいかないものですよね。

内気な性格で損をしているのは分かっているけど、どうやったらこの引っ込み思案を治すことに繋がるのか分からない、という悩みは年齢や性別の隔てなくよく聞かれます。

社交的な人にコツを聞いても、持って生まれた性質が違うためかあまり参考にならなかったりします。でも人見知りが許されるのは子供のうちだけ。「内向的な性格だから」で許されないことも、大人になるとどんどん増えてきます。

周りに迷惑をかけないためにも、引っ込み思案を治すことを真剣に考えなくてはなりませんよね。そこで今回は引っ込み思案克服のためのステップ、気軽に話しかけるコツをお伝えします。

高すぎるハードルを取り払おう

内向的な人は、人目を気にしすぎる傾向があります。「格好悪いところを見られたくない」「嫌われたくない」「いい人と思われたい」など、人からどう見られているかを気にしすぎるあまり、人の目のある所で失敗することを恐れたり、人とコミュニケーションすること自体を恐れたりします。

思い切って他の人と接触してからも「今の自分はどう思われただろうか?」ということが気になって、「あの時こう言えばよかった!」などと些細なことで落ち込んでしまいます。

これではコミュニケーションを取るたびに自分が擦り切れてしまいますよね。この考え方を変えなければ、引っ込み思案を治すことはできません。まず、自分に過度な期待をすることを止めましょう。

流暢に話せなくても、声が裏返ってもいいじゃないか!と失敗も笑って受け止めましょう。自分に高いハードルを突きつけるのではなく、今できることがありのままの自分で、それでOK!と考えられるようにしましょう。

 

あなたの声を待っている人がいることを知ろう

最初に書いたとおり、引っ込み思案を治す方法を知りたい人はたくさんいます。つまり、それだけ「自分は引っ込み思案だ」と思っている人はたくさんいる、ということです。

引っ込み思案のあなたは、自分が声をかけることが苦手な分だけ周りから声をかけられるのはうれしいと思っていませんか?あなたがそう思っているということは、あなた以外の引っ込み思案さんもみんなそう思っているということ。

そして引っ込み思案さんは、あなたが気づいていないだけで実はたくさんいるのです。つまり、あなたが声をかければ、あなたの周りの引っ込み思案さんはそれをとてもありがたく、うれしく思うということ。

あなたの行為は喜ばれこそすれ、疎ましく思われることはないのです。声をかけるときにはこのことを思い出してみてください。きっと勇気が湧き、引っ込み思案を治すための行動を後押ししてくれるはずです。

 

雑談に実りは必要ないと割り切ろう

引っ込み思案を治すコツを知りたい、という人の中には「雑談が苦手」という人も少なくありません。

挨拶の言葉以降、なかなか会話の糸口になりそうなものが浮かばなかったり、「はい」「いいえ」以外の言葉が浮かばなかったりして、耐えがたい雰囲気の沈黙が漂ってしまうという悩みです。

こんな悩みを持つ人はまじめな人が多いせいか、会話には実りがなくてはならないと思い込んでいるようです。ここは思い切って、「雑談には中身はいらない」と割り切ってしまいましょう。

その会話自体に意味を見出す必要はありません。ですから、目についたものを口に出してしまえばいいのです。

「そのメガネ、素敵ですね。」「そのネクタイ、いいですね。ブルーがお好きなんですか?」「今日は暑いですね。汗だくになっちゃいました。」でもなんでも構いません。会話の内容より、会話した、という事実が重要なのです。

 

引っ込み思案になったきっかけを探ろう

引っ込み思案を治す方法のひとつに、引っ込み思案になった原因を探る、というものがあります。持って生まれた性格の場合は変えることは難しいのですが、過去に引っ込み思案になった原因の出来事がある場合は、ある程度考え方を矯正することができます。

まず一つ目は、親との関係です。幼少期に「この子は本当にダメで」「何もできない子で」などと言われ続けると、自分を過小評価したまま大人になってしまうことがあります。

親は謙遜のつもりでも、子供の心はそのたび傷ついていきます。このような記憶があり、自分はダメな人間だと思うことがあるなら、親元を離れてみるなどの行動が必要かもしれません。

また、自分の言動で恥をかいた、笑われたなどの経験があると、委縮して行動を起こすことに恐怖感を持ってしまいます。同じようにいじめにあった経験も恐怖感や人間不信をもたらします。

こういった心の傷は気の持ちようで治せるものばかりではないので、必要に応じてカウンセリングなどを考えても良いでしょう。

 

思い切って新しい人間関係を作ろう

引っ込み思案を治す方法として、成功体験をするのは良い経験です。少々荒療治ですが、これで克服した!という経験談が多いのも事実です。自分に自信がない内気な人は、接客業などは苦手なことが多いものです。

しかしそこを逆手にとって接客業のアルバイトなどで経験を積むのです。アルバイトが無理ならば婚活パーティーやサークルに参加するという方法もあります。人との関わりを避けていては、いつまでも引っ込み思案を治すことはできません。

このままではいけないと思うならば、新しい人間関係を自ら作ることを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

これで、内気な人の考え方の癖やそれらを解消する方法が分かりましたよね。引っ込み思案を治すと言っても、どうしても「失敗したらどうしよう」とか「声を掛けたら迷惑がられるのでは」などの不安にさいなまれてうまくいかないものです。

人目を気にしすぎる引っ込み思案の人は、失敗したときに自分以外の人に自分の印象が悪い形で残ることをとても嫌がるのです。でも、そんな人ほど「みんな他人のことなどさほど気にしてはいない」と思い込むのも効果的です。

こう考えると、うまく会話ができなくてもあまり後悔せずに済みますし次に話しかけるときに過去の失敗を気にしなくもなります。誰でも一度や二度の失敗は経験しています。些細なことは気にせず、どんどん自分から話しかけていきましょう。

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

「マナ・タロット」では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!

連記事

コメントをお書きください