耳の裏が腫れて痛い!可能性のある病気とは?

耳の裏が腫れて痛い!可能性のある病気とは?
調子が悪いなと思っていると、耳の裏が痛いと感じることがありますよね。身体の不調というのは総じてその人の弱い部分に表れるもので、何度も同じところが痛くなることがありますが、すぐ治るからと放っておくと危険です。

耳の裏が痛いと感じるのも、不調のサインとしてはよくおこる症状ですが、そこから可能性のある病気ということになると、実はいくつも挙げられて、適切な治療をしなければ生活にも影響が出てきます。

頭や首、鼻、口など、耳の裏が痛い症状はいろいろな部分から影響を受け、またそれが他の部分へと影響していきます。腫れや痛みが悪化すれば、食べることも苦痛になったり集中できなくなったりと、かなりのストレスになりますよね。そこで、今回は耳の裏が腫れて痛いと感じるとき、可能性のある病気をまとめてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

耳の裏が痛い場合に考えられる5つの原因と対処法

耳の裏が痛い場合に考えられる5つの原因と対処法
耳の裏が痛いという症状にお悩みの方がいますよね。耳の裏という特殊な部位が痛いという事で、原因として大きな病気が隠されているのでは?と勘繰ってしまう気持ちもわかります。

耳の裏は言ってみれば「脳」に分類される箇所でもあります。耳そのものが疾患なのか、脳の疾患なのか、それともそれ以外の組織でたまたま耳の裏側の部分が痛いのか、原因を知ることで対処法をこうじることができます。

耳の裏が頻回に痛いのか、それとも単発なのか、どのように痛むのか、どのようなときに耳の裏が痛いのか、それらの症状を書き留めてまとめ、以下の5つの原因と照らし合わせてみましょう。

軽症ならば様子を見ても良いのですが、中には軽視できない重い疾患の可能性もあるため、気になる方はすぐに受診してください。では、耳の裏が痛い場合に考えられる5つの原因と対処法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ストレスが原因の病気を予防する健康管理☆5つの習慣

ストレスが原因の病気を予防する健康管理☆5つの習慣

普通に生活をしていても、ストレスは少しずつ溜まってしまいます。そして、ストレスは様々な病気の元になるものです。「病は気から」ともいいますよね。

いくら身体が丈夫でも、精神面での抑圧やダメージが続けば、いずれは身体の方にも悪い影響を与えてしまいます。もちろん、適度なストレスは脳に対する刺激になったり、良い意味でのプレッシャーになったりするので、マイナスな面ばかりではありません。

ただ、明らかな苦痛を感じるほどの強いストレスや長期間にわたるストレスは病気の原因となります。けれど、全くストレスの無い生活を送るのはかなり難しいでしょう。

それであれば、ストレスからの病気にならないよう、日々の暮らしの中で工夫したいですよね。そこで今回は、ストレスが原因の病気を予防する健康管理のため習慣を5つお伝えします。
[ →続きを読む… ]

息苦しいストレスがあなたの命を蝕む9つの理由

 息苦しいストレスがあなたの命を蝕む9つの理由

ストレスから息苦しいと感じたら、息抜き術の腹式呼吸や深呼吸をおすすめしますが、それでも改善されないのは何か病気に発展しつつあるかもしれないので注意しなければいけません。呼吸のコントロールを司るのは脳幹という部分で、ストレスによってここが緊張、興奮しバランスを崩すのです。

ストレスからの息苦しいという状態は実際には取り込む酸素の量が少なくなっています。そのために普段よりも数倍も呼吸をしなければいけなくなり息苦しいと感じるわけです。その場合の原因は脳幹の疲労からの呼吸機能の低下に加え、胸部の筋肉の緊張から肋骨が動かず肺や心臓も動きづらくなり浅い呼吸となるのです。

逆の過呼吸は酸素が多すぎて呼吸困難になります。このようにストレスからくる息苦しさは命を蝕んでいくことにあります。呼吸は人間にとって酸素を取り込み血液中に巡らせ、二酸化炭素を吐き出すという大事な役割があります。このメカニズムが狂うといろんな弊害が出てきますので早期にストレスを取り去ることが一番ですが、病にも進んでいきますので対処法を知っておくことが大切です。
[ →続きを読む… ]

うつ病の原因を突き止める事よりも、まずは行ってほしい9つの事

うつ病の原因を突き止める事よりも、まずは行ってほしい9つの事

もし自分や身近な人がうつ病になってしまったら、あなたはどうするでしょうか。どうして病気になってしまったのか。動揺したり、どうしたら病気が早く治るのかと頭を悩めたり、病気になった原因はなにかと必死にヒントを探そうと思いますよね。

でもそういった行動・考えでうつ病はすぐに治る病気ではありません。ではどうしたらいいのか。原因を突き止める事よりもまず行ってほしい9つの事をお伝えしたいと思います。
[ →続きを読む… ]