絶食系ダイエットに挑戦するときに厳守するべき注意事項

絶食系ダイエットに挑戦するときに厳守するべき注意事項

絶食系のダイエットは、短期間で体重を減らしたいときに有効な方法です。旅行や結婚式などの直前に絶食したことがあるなんて人も多いのではないでしょうか。

最近では、ダイエットのほかに健康維持を目的として、断食を取り入れている人も増えていますよね。でも、絶食系ダイエットは、簡単に痩せやすい分、リバウンドもしやすいんです。

食事は、生きるために必要なこと。絶食は、それを絶つということなのですから、間違った方法で実践すれば、リバウンドしたり健康を害したりなどのリスクが高まります。

せっかく空腹に耐えてダイエットするのですから、食事を戻しても体重をキープしたいですよね。そこで今回は、絶食系ダイエットに挑戦するときに守りたい注意点をお伝えします。



 

絶食系ダイエットに挑戦するときに
厳守するべき注意事項

 

絶食する前に体を慣らしておきましょう


絶食系ダイエットをする前に、「しばらくご飯を食べられないから好きなものを好きなだけ食べよう」なんて思いがち。でも、これをしてしまうと、絶食を始めてからの食事制限が苦痛になったり、体調不良を起こしたりすることがあるので、前日のドカ食いは避けた方がいいんです。

運動をする前って、体を慣らすために準備運動をしますよね。これと同じように、絶食をする前は、「体の準備を整えるための時間」を用意することが大切です。

体の準備を整えておくだけで、ダイエット効果にも差が出てきますよ。絶食前には、次の点に注意しましょう。

・準備期間は絶食期間と同じ時間用意する
・糖分や油分を少しずつ減らす
・高タンパクな食事は避ける
・おやつの量を徐々に減らす
・絶食前日から食事量を減らす
・絶食前日の20時以降から何も食べない

絶食を3日する場合、絶食を開始する3日前から準備を始めます。この場合、3日前から少しずつ糖分や油分、おやつを減らし、絶食から食事量も減らしていきます。

1日だけ絶食する場合には、前日のお昼から食事量を減らしましょう。最終的に、絶食前最後の食事は、いつもの量の半分の量に抑えるのが理想です。

この期間は、少しずつ魚介類や野菜中心の食事にシフトしていきましょう。体の準備を整えておくだけで、ダイエット効果にも大きな差が出てきます。できれば、お酒やタバコも控えてくださいね。

 

水分はしっかりと補給しましょう


絶食は、文字通り食事を絶つことですが、絶食を始めると、水分摂取まで控えてしまう人がいます。でも、絶食ダイエットは修行ではないので、脱水症状を防ぐためにも、水分補給は忘れないようにしたいですね。

消化器の主な仕事は、消化・吸収・排泄の3つです。このうちの消化と吸収は、絶食中にはほとんど使われないので、消化器は排泄だけに集中できます。

これにより、宿便が排泄されるので、お腹周りもスッキリ!1日2リットルを目安に、意識して水分を補給することで、効率がアップしますよ。絶食中の水分は、基本的に常温の水、白湯、ノンカフェインのお茶です。

コーヒーや紅茶などのカフェイン入りの飲み物やジュース類、アルコールは、胃腸に負担がかかるので飲まないでくださいね。

絶食中、どうしても空腹に耐えられないという場合には、1日500mlを目安に野菜ジュースを飲むと良いでしょう。ただし、市販の野菜ジュースは、糖分が多いため、ジューサーやおろし器などで手作りすることをおすすめします。

 

個人的に実践する場合の絶食期間は3日までにしましょう


絶食は、体への栄養素の供給がストップされるということですが、体は命をつなぐために、蓄積されている脂肪を分解することで不足したエネルギーを補います。

これが絶食系ダイエットの簡単なメカニズムですが、急激なダイエットには危険が伴います。おもしろいように痩せはじめると、つい絶食期間を延ばしがち。

でも、期間が長くなればなるほど、次のような症状が起こるリスクが高まります。

・低血糖
・不整脈
・腸ねん転
・胃・十二指腸潰瘍

絶食期間を長くすればするほど、体重は痩せますが、どれだけ痩せても健康が脅かされてしまっては元も子もないですよね。

健康を維持してダイエットするためにも、個人的に絶食する場合の上限は3日まで!それ以上の絶食を考えている場合には、断食を指導している施設を利用しましょう。

 

絶食中は激しい運動を避けましょう


絶食を始めると、日ごろから運動の習慣がなくても、ここぞとばかりに水泳やジョギングなどの運動をして高い効果を期待する人がいますが、絶食中の激しい運動は危険です。

それは、身体機能が落ちるから。絶食中は、何も食べないので、運動機能が6~7割ほどにまで落ちてしまいます。さらに、血糖値が下がっている状態なので、激しい運動をすると、動悸や震えなどが引き起こされてしまうこともあるんです。

とは言え、運動を取り入れて少しでもダイエット効果をアップさせたいですよね。そんな人におすすめしたい運動が、ストレッチや筋トレ、ウォーキングなどの軽い運動です。

空腹を紛らわすことにも繋がるので、運動能力が低下していることを忘れずに、無理のない範囲で行ってくださいね。

 

絶食後は復食を行いましょう


絶食系ダイエット成功のカギを握っているもっとも重要な部分が、絶食後です。絶食を終えて最初の食事。数日間食事を我慢したのですから、好きなものを思い切り食べたい!と思ってしまうもの。

でも、これが失敗に繋がってしまうんです。絶食直後は、ビックリするほど吸収力がアップしているので、このときに添加物を含んだ食事や高タンパク、高カロリーの食事を摂るとすべて台なし。

絶食直後の食事に気を配ることで、痩せやすい体質にすることもできるので、絶食直後の食事には気を配りましましょう。絶食後は、いつもの食事に少しずつ戻していく「復食」が基本です。

すぐにいつもと同じ食事を始めると、胃腸に負担がかかったり、リバウンドしたりします。リバウンドを繰り返していると、痩せにくく太りやすい体質になってしまうので、焦らず慎重に進めましょう。

・復食期間は、絶食期間と同じ日数用意する
・最初は柔らかく消化の良いものを食べる
・1食目はお茶碗の半量が目安
・よく噛んでゆっくり食べる

たとえば、3日間絶食した場合には、3日かけていつもの食事に戻します。最初は、重湯などの胃に負担がかからないものをお茶碗に半分程度、ゆっくりと時間をかけて食べましょう。

少しずつ食事を硬くして、量も増やしていきます。離乳食を思い出すと分かりやすいかもしれませんね。この期間は、肉類を避けて、野菜や魚などを中心に食べると良いでしょう。

 

いかがでしたか。

絶食系ダイエットは、短期間で痩せたいときに取り入れたいダイエット方法ですよね。でも、食事を戻した途端、元に戻ってしまったなんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

実は、絶食系ダイエットは、自己流で行うとかえって太りやすい体質になってしまうので、注意が必要です。絶食系ダイエットは、ただ食事を抜けばいいと思いがちですが、これが失敗の元。

運動前には準備運動をして、運動後にはクールダウンするように、絶食系ダイエット前には、減食をして絶食準備を、絶食後には、少しずついつもの食事に戻す復食を行うことが大切です。

絶食系ダイエットは、正しい方法で行えば、体質から改善できるダイエットです。ここにご紹介した注意点を守って、絶食系ダイエットを成功させてくださいね。

 

まとめ

絶食系ダイエットに挑戦するときに厳守するべき注意事項

・ 絶食する前に体を慣らしておきましょう
・ 水分はしっかりと補給しましょう
・ 個人的に実践する場合の絶食期間は3日までにしましょう
・ 絶食中は激しい運動を避けましょう
・ 絶食後は復食を行いましょう

感情を引き出してモチベーションUP!

その為に今回はたった3分でできる『あなたの感情をググっと引き出す音声』を作りました。あなたの感情を誘導するナレーションが入っているので、音声に従って感情を出してみて下さい。スッキリした気分になりますよ。

こちらの音声は、ダウンロードすることができます。気に入った方は、ぜひ、落ち込んだ時や気分が乗らないときに聞いて下さいね。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント