腰痛を発生させる精神的ストレスを溜めこまない7つの習慣

腰痛を発生させる精神的ストレスを溜めこまない7つの習慣

「腰痛」と聞いて、あなたがイメージするのは何でしょうか?ある日、突然におきてしまう、「ぎっくり腰」や「私、腰痛持ちで…」という、もはや持病のようになってしまっている人、あるいは、お年寄りの方々などでしょうか?

かつては、腰痛といえば、背骨や筋肉、関節などに問題がある場合と、内臓に原因がある場合とされてきましたが、最近では、「ストレスが原因で、腰痛が引き起こされる場合もある」といわれています。

腰痛に限らず、ストレスを溜めると、身体が不調になるということは、誰しも経験していることではないでしょうか。あなたは、慢性的なストレスを抱え込んでいませんか?その腰痛はストレスが原因かもしれません。腰痛を発生させる精神的ストレスを溜め込まない習慣をご紹介します。



 

腰痛を発生させる精神的ストレスを
溜めこまない7つの習慣

 

姿勢や運動不足でも腰痛はおこります


同じ姿勢を長く取り続ける、デスクワークでも、激しく身体を使う、肉体労働でも腰痛は起こります。これは、身体や腰にとって、無理な姿勢や良くない姿勢を、長時間取り続けてしまうためです。

このようなことが、毎日繰り返されることが原因となって、腰痛が引き起こされます。また、「腰痛になりたくない」と、腰をいたわり過ぎても腰痛は起こってしまいます。

腰のまわりの筋肉をほぐすストレッチや、ウオーキングなどは、腰痛の予防に効果的です。但し、現在、腰や膝が痛いという人は、身体に無理のかからない、水中でのウオーキングが良いと思います。

 

内臓の病気が隠れている場合もあります


整形外科で診察を受けても、どこにも異常がない場合、内臓の病気が原因となっている場合もあります。「腰や背中が痛いと思っていたら、腎臓ガンだった」という怖い話も多々あります。

その他にも、胃腸やすい臓、膀胱などの病気や、女性の場合、子宮ガン、子宮内膜症なども背中や腰の痛みを伴います。内臓の病気が隠れていると、腰痛以外にもいろいろな症状がくるので、注意しておきましょう。

例えば、「腰痛を引き起こすような動きではなくても、腰や背中が痛い」「麻痺やしびれ、脱力感がある」「日を追うごとに、腰の痛みが増していく」などです。自分の判断だけでは危険です。この場合、速やかに受診したほうが安心です。

 

ストレスなど、原因不明の腰痛は8割にもなります


全国の、腰痛で悩んでいる人たちのほとんどが原因不明とされています。良く知られている「椎間板ヘルニア」などの病気以外で、原因不明の腰痛は全体の8割にも上ります。

治療としては、「鎮痛薬」などの「薬物療法」や慢性的に続く腰痛には、ウオーキングやストレッチなどが勧められています。ストレスが原因の腰痛には「精神的なストレス」「肉体的なストレス」「環境によるストレス」などが挙げられます。精神的なストレスの中には、仕事や人間関係によるものも多いでしょう。

お金のためだけで自分にとって「働きがい」が無いと感じている場合や、合わない仕事を無理にしていたりする場合など、ストレスはどんどん溜まっていきます。

 

自分流のストレス解消法を見つけてみよう


では、ストレスを解消するためには、どうすれば良いのでしょう。同じようにストレスにさらされているはずなのに、いつも元気な人と、そうでない人の違いは何でしょうか。

これは、ストレスを解消するのが上手いかどうかです。ストレス解消にはいろいろな方法があります。まずは「深呼吸」をしてみましょう。イライラした時、深呼吸してみてください。

少し気分が落ち着きませんか?時間があれば、ぬるめのお風呂にゆっくり入りながらの、「瞑想タイム」もお勧めです。その他、好きな音楽を聞いたり、カラオケに行って、思いきり大きな声で歌うこともストレス発散になります。自分が楽しいこと、好きなことをすることが、ストレス解消には一番だと思います。

 

適度な運動を取り入れてみよう


ストレスが溜まると、全身の血流が悪くなり、腰のまわりの筋肉もコリ固まってしまいます。この時、軽いストレッチなどを行い、腰のまわりの筋肉をほぐすと、腰痛をやわらげることが出来ます。

軽い運動としては、身体を前に倒したり、後ろに反らしたりする「前後屈運動」や腰を左右にひねる「回旋運動」など、身体に負担のかからない程度の運動をすると良いでしょう。

最近は「ラジオ体操」なども見直されてきています。時間を見つけて、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。運動が苦手な人は、近所を散歩してみてください。新たな発見があって楽しいかもしれません。

 

自分の生活習慣を見直してみよう


普段の生活の中で、腰痛を引き起こしていることがあるかもしれません。例えば、いつも同じほうに重いバッグを掛けている、など自分が意識しない習慣が、腰痛を悪化させているかもしれません。

荷物は分けて持ちましょう。また、スタイルを良く見せたいからと、あまりにも高いヒールの靴を履いていませんか?姿勢も悪く、腰に負担のかかる歩き方になってしまいます。

反対に、ペタンコのサンダルも、歩くときに身体に余計な負担をかけています。どちらも、極端になってはいけません。そして、生活習慣で大切なのは「食事」です。

ご飯の代わりにお菓子で済ませたり、ジュースをお茶代わりに飲んでいませんか?カロリーの取り過ぎは肥満を招きます。当然、腰にも負担がかかります。

 

カウンセリングで、ストレスが軽減するかもしれません


あなたの悩んでいる、しつこい腰痛は、実はストレスが原因かもしれません。ストレスを「ゼロ」にするということは、なかなか難しいことですが、自分なりのストレス解消法を見つけて、こまめに解消していきたいものです。

ストレスが溜まって腰痛が悪化してしまい、会社を休むことが増えると、職場の人間関係さえも悪くなってしまいます。そうなる前に、心のケアをすることが肝心です。

自分だけで、思い悩まずに、「心療内科」や「精神科」を受診してみるのも良いと思います。専門のカウンセリングを受けることで、あなたのストレスが軽くなるかもしれません。

 

いかがでしたか。

「腰痛」と「ストレス」この一見何の関係もないような二つのことが、複雑に絡み合って、私たちに襲いかかって来ているように感じます。ストレスは、「百害あって一利無し」と心得て、溜めこまないように注意しましょう。

ストレスフリーになるためには、まず、しっかりと眠りましょう。睡眠不足は良くありません。「明日は明日の日が昇る、明日のことは明日考えれば良いんだ!」くらいの気持ちで行きましょう。

また、自分の好きなことをたくさんやりましょう。今の自分がやりたいことを、やれば良いのです。そして、辛いことがあったら、誰かに聞いてもらいましょう。「誰かに話す」と、いうだけで気持ちが楽になることもあります。解決しなくても、愚痴をきいてもらうだけで、心は軽くなるものです。

 

まとめ

腰痛を発生させる精神的ストレスを溜めこまない7つの習慣

・ 姿勢や運動不足でも腰痛はおこります
・ 内臓の病気が隠れている場合もあります
・ ストレスなど、原因不明の腰痛は8割にもなります
・ 自分流のストレス解消法を見つけてみよう
・ 適度な運動を取り入れてみよう
・ 自分の生活習慣を見直してみよう
・ カウンセリングで、ストレスが軽減するかもしれません

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント