睡眠時のよだれ(唾液)があなたに悪影響を及ぼす9つの理由

睡眠時のよだれ(唾液)があなたに悪影響を及ぼす9つの理由
朝起きたら、よだれで枕が・・・。なんてことはありませんか?睡眠中のよだれは、いろんな症状からの警告サインかもしれません。

今回は睡眠時のよだれの悪影響について紹介します。是非、確認してみてください



 

睡眠時のよだれ(唾液)が
あなたに悪影響を及ぼす9つの理由

 

そもそも唾液がなかったら

唾液は、美味しいモノをみたりするとき以外あまり意識しませんが我々の健康にはなくてはならないものです。唾液は、口の中に混在している柔らかい粘膜と硬い歯とが触れ合っても傷つかないように口の中を潤しています。

もし、唾液がないと食べ物を噛み砕いたり飲み込んだりするときにも潤いがありませんから口の中は傷ついて大変なことになってしまいます。

人間関係で重要なコミュニケーションである“喋ること”も口を動かす運動と言えます。もし、唾液がなかったら話すこともままならなくなってしまいます。

 

口呼吸に注意

寝ている間によだれが通常時以上に出ていたり、喉の奥がヒリヒリする。舌が乾いているなどの症状に心当たりがある方は、睡眠時に鼻呼吸ではなく口呼吸になっている可能性がありますので注意が必要です。

呼吸は鼻でするもの。口で息をしてしまうと、細菌やウイルスを直接体内に取り込んでいるようなものです。(鼻呼吸の場合、細菌やウイルスは鼻毛や鼻の粘膜によって防がれ体内に侵入する確率は下がります。)

風邪などの感染症にかかりやすくなったり(免疫低下)肺炎のリスクも高まります。よだれは、口呼吸により口が開けっ放しになり口内の感想を防ぐために多く分泌される可能性があります。

 

あごの筋力の低下に注意

睡眠時には生命維持機能(心臓や肺や筋肉)を担う臓器以外はリラックスモードに移行します。そうなると、あごの筋肉も緩みやすくなり口が開いて口呼吸しやすくなったりして、よだれが出やすくなります。

また、あごの筋肉や表情筋などの顔の筋肉が衰えても同様の症状が生じることがありますので、確認してみましょう。放置しておくと二重あごになってしまう可能性もあります。

 

熟睡度に注意

睡眠中によだれの多い方は熟睡度を考えてみる必要があります。よだれは、睡眠の姿勢や枕の高さなどにも関係しています。特に枕は重要なポイントアイテムといっても過言ではありません。

高すぎると、そむけの姿勢が辛くなり横向きに寝てしまい、その関係でよだれがでやすくなる可能性がありますし、低いと首や肩の筋肉に負担がかかり寝たにもかかわらず疲労感がとれないという現象を生じさせます。枕の高さを変えてみながら最適な高さの枕を探して見ましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群に注意

よだれの多い人は、睡眠時に口呼吸になりやすい方ですが、同時に睡眠時無呼吸症候群(SAS)を確認してみる必要があります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上呼吸が停止する病気です。起床時に頭痛などの症状がでるときがあります。いずれにせよよく眠れていませんので、昼間に眠気が襲ってきたりして交通事故などの事故を起こすリスクが高まってしまいます。

 

人つきあいに注意①

よだれの多い人は、アゴや口の周りの筋肉が衰えている可能性があり、二重あごになる可能性が高くなってしまうのは紹介したとおりですが、もう一つ口を閉じて噛む力が弱くなってしまいますので“クチャラー”になってしまうかもしれません。

クチャラーとは、食事中にクチャクチャ口の音をだしてしまう方のことです。食事中のクチャクチャに周囲の人は敏感で嫌がる人が多いので人付き合いにも影響してくる可能性があります。

 

鼻呼吸に注意

よだれの多い人は、鼻呼吸ができていない可能性があり鼻に関する病気にかかっている可能性があります。慢性鼻炎や鼻の通り、粘膜障害、花粉症、アレルギー性鼻炎などですが思い当たらない方は耳鼻科などを活用して確認してみるのも方法の一つです。

 

歯に注意

よく、睡眠時は唾液が少ないので食物を食べて酸性になった口内を唾液で中和させることが出来ないので虫歯になりやすい。と言われます。

では、睡眠時によだれが多い人はなんだか虫歯になりにくい。と感じてしまいますが、それは鼻呼吸で従来ブロックされる細菌やウイルスがいないことが前提です。

もともと唾液には殺菌作用があるのですが、口呼吸によって多種多様な細菌やウイルスが侵入してきたり、口呼吸で空気が通る分、口内は乾燥しますので細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

そして、その菌が肺などの内臓に侵入してしまうかもしれません。また、細菌が歯根の奥に入り込み歯周病の原因になる可能性も高くなるのです。

 

人つきあいに注意②

クチャらーが出現するのは物を食べる時だけですが、対人コミュニケーションの中で最も嫌悪感をうむのが口臭です。よだれは口臭に対して高い浄化作用や消臭作用を持っているのですが、口臭の発生装置という反面も持っています。

そのポイントは酸素です。よだれは酸素によって粘りが変化してきます。サラサラな唾液は口臭に対して効果的ですが、ネバネバな唾液は口臭発生の原因になります。

特に口呼吸で口内が乾いたときに発生しやすくなり、口の中には卵の腐ったようなにおいの揮発性硫黄化合物などが生成されてしまうのです。

 

いかがでしたか?

口臭は人つきあいにリスクを生じさせる可能性がありますので注意が必要です。よだれは、万病のもとである口呼吸の警告サインの可能性があります。

口呼吸は百害あって一利なし。口呼吸を改善し鼻呼吸に戻すことがよだれ対策にも有効なのです。

 

まとめ

睡眠時のよだれ(唾液)があなたに悪影響を及ぼす9つの理由

・そもそも唾液がなかったら
・口呼吸に注意
・あごの筋力の低下に注意
・熟睡度に注意
・睡眠時無呼吸症候群に注意
・人つきあいに注意①
・鼻呼吸に注意
・歯に注意
・人つきあいに注意②

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周囲に変化があることを実感できます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、停滞している「今」変えていきましょう!!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント