浮気相手に慰謝料を請求できるケースとは

浮気相手に慰謝料を請求できるケースとは
もしあなたが大切なパートナーに浮気をされて傷ついてしまったら、浮気相手に慰謝料を請求できるのか気になりますよね。

「誰かを好きになってしまう気持ちは止められないから」「多くの子孫を残そうとするのは本能だから」そんな都合の良い言葉を並べられても、信じていた相手に裏切られて傷ついた気持ちには全く響かないでしょうし、出来ることなら自分だけが嫌な思いをするのではなく、浮気相手にもそれ相当の罰を与えたくなるのは当然です。

しかし、感情に任せて浮気相手に嫌がらせをしてしまっては、あなたの心はますます傷つくばかりか、法律に触れてしまいかねません。ですので、合法的に浮気相手に浮気の代償を払ってもらいましょう。そこで今日は、浮気相手に慰謝料を請求できるケースについてお伝えします。



 

浮気相手に慰謝料を
請求できるケースとは

 

浮気前の夫婦関係が破綻していなかった


浮気相手に慰謝料を請求できる大前提として、浮気前の夫婦関係が破綻していないことです。浮気前に夫婦関係が破綻していて、離婚を前提に別居しているような場合には浮気相手に慰謝料を請求することは出来ません。慰謝料というのは精神的損害を受けたことに対する賠償だからです。

ですから、配偶者が浮気をする前には夫婦関係は良好だったのに、浮気相手が現れて関係をもったことにより、夫婦関係に溝ができたというようなケースでは浮気相手に慰謝料が請求できます。

具体的には、同居しているのか、性行為の有無、経済的一体性などを考慮して夫婦関係が破綻していたかどうかが判断されます。しかし、夫婦が別居していても、仕事の関係で単身赴任をしていたり、関係修復のために冷却期間を置くための別居のような場合には夫婦関係が破綻しているとは判断されません。

 

既婚者だということを知っていて浮気した


浮気相手に慰謝料を請求できるポイントで、もう一つ大事なことは、既婚者だと知っていて浮気した、もしくは既婚者だと予想できる状態にもかかわらず浮気をしたのかということです。例えば、配偶者が日常的に結婚指輪をした状態で浮気相手と会っていたような場合には、既婚者だと予想できる状態といえますね。

ただし、配偶者が「自分は独身だ」と偽って浮気相手を騙し交際していたような場合には、浮気相手も被害者となりますので、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

 

不貞行為がある


浮気の捉え方は人それぞれですので、なかには、異性を愛おしそうに見つめただけで浮気だという人もいらっしゃるかもしれませんが、それだけでは浮気相手に慰謝料を請求することはできません。浮気相手に慰謝料を請求するには不貞行為の存在が必要だからです。浮気相手に慰謝料の請求を考えているのであれば、不貞行為の証拠となるようなものを集めておきましょう。

また、不貞行為といっても、頻繁にデートをしていたや、キスをしていただけでも認められる場合もあります。

 

浮気相手の素性がわかっている


浮気相手に慰謝料を請求するには、請求相手がはっきりしていなければ請求することができませんよね。「なんとなく浮気をしている気がする」「会社の同僚の誰かと浮気している」というような漠然としたものでは慰謝料を請求できません。浮気相手に慰謝料を請求したいのであれば、この人が浮気相手だとはっきりわかる証拠を見つけるようにしましょう

 

時効が成立していない


浮気相手に慰謝料を請求するという行為は法律に基づいた請求になりますので時効があります。慰謝料の時効は、二人が不倫関係にあったときから20年間と、不倫の事実を不倫された側が知ってから3年となっています。

この「不倫の事実を知ってから」というのは、浮気相手の素性が分かっていることを意味しますので、何となく浮気しているのではないか、あの人ではないかと漠然とした疑惑の期間は含まれませんので安心してくださいね。

もし、時効が成立間近な場合には、時効を止める方法もありますので、浮気相手に慰謝料の請求を考えるときは弁護士に相談してみることをオススメします。

 

以上、浮気相手に慰謝料を請求できるケースについてまとめてきましたが、いかがでしたか。

信頼していた相手に裏切られて、これ以上傷つきたくない、人と関わることも嫌だと考えてしまうこともあるでしょう。浮気相手から慰謝料を貰ったところで、心の痛みは消えないことも確かです。

しかし、この浮気が原因で離婚となった場合、子供がいたり、あなたが専業主婦(主夫)だった場合には生活が落ち着くまでお金が必要なことも現実です。離婚までは至らなくても、居所を変えることになった場合などには本来であれば必要なかった出費が嵩むことになります。

浮気相手から慰謝料を払ってもらえば全て解決するわけではありませんが、あなたの負担を減らす一つの方法であることを胸に留めておきましょう。

まとめ

浮気相手に慰謝料を請求できるケースとは

・浮気前の夫婦関係が破綻していない
・浮気相手は配偶者が既婚者だということを知っていて浮気した
・不貞行為がある
・浮気相手の素性がわかっている
・時効が成立していない

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

「エレメント・タロット」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「エレメント・タロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント