浮気などの慰謝料を増額させる5つのヒント

浮気などの慰謝料を増額させる5つのヒント
浮気をされたら浮気に対する慰謝料が請求できるのはご存知の方も多いですよね。慰謝料は浮気をした夫(妻)とその相手に精神的に苦痛を与えられたとして請求することができます。それであなたの傷は癒えるわけではありませんが、これは婚姻関係を結んでいる人に与えられた正当な権利なので万が一の時に備えて覚えておきましょう。

パートナーが浮気をしていたとわかればそれはショックなことですよね。では、その怒りをどこにもっていったらよいのか分からない人も多いでしょう。そこで、浮気をしたパートナーと浮気相手に苦痛を与えるためにも浮気の慰謝料を支払ってもらいましょう。

大切な人に裏切られてショックですが、せめてお金を支払ってもらえば少しは気が晴れるかもしれません。高額の慰謝料をもらって新しい人生を始めるのも良いでしょう。そこで今回は、浮気の慰謝料を増額させるヒントをお伝えします。ぜひ参考にしてください!



 

浮気などの慰謝料を
増額させる5つのヒント

 

慰謝料ってどのくらい請求できるの?


実は浮気の慰謝料には明確な基準がありません。法律で損害賠償として請求できることは認められているものの、その金額についてはケースバイケースとされかなりアバウトで約100万円〜300万円が相場といわれています。

・慰謝料の相場

離婚せずに夫婦関係を持続する 50万円〜100万円
浮気が原因で別居に至った 100万円〜200万円
浮気が原因で離婚に至った 200万円〜300万円

浮気をしていた期間や浮気によって妊娠、出産をしていたなどケースによって多少変わります。

また、浮気相手にも慰謝料請求することができます。その場合、慰謝料を請求するときにはこちらの狙いによって金額が変わってきます。完全に別れてほしいときには、示談と一緒に100万円の請求をし今後また関係をもったらさらに〇〇万円支払うなどの契約を交わすのが一般的です。

慰謝料の金額よりも浮気相手に対し怒りが強いときには、弁護士を立てて内容証明を送り訴訟も辞さないという意思をしっかり伝えます。この場合は訴訟が起ってもよいように証拠は揃えておきましょう。

 

少しでも高額にしたいなら示談交渉で


慰謝料の金額を調停や裁判で決めると過去の判例に基づいて決められるので相場以上の金額は取れません。それに裁判となると弁護士費用もかかるし報酬金など相場で30万円前後がかかります。

それよりも示談を持ち掛けたほうが高額で取れることがあります。そもそも浮気のことなど当事者以外に知られたくない話ですよね。当事者以外に知られずお金で解決できるメリットから高額でも支払いに応じる可能性は高くなります。しかし、話し合いが上手くいかないなど話が長引く可能性もあるので注意しましょう。

 

浮気を知られたくない心理を利用する


浮気の慰謝料を調停で決めるとなれば他の家族や職場にもバレる可能性があります。浮気をした人間にすれば自業自得ですが、できればそれは避けたいと思う心理が働くはずです。

特に社会的に地位がある人や家庭を壊したくない人はその心理が強く働きます。さらに完全な証拠を握られていれば裁判でも負けるのは確実。その部分をつけば示談のほうが浮気の慰謝料の金額を高く取ることができます。

ただし「バラされるのが嫌なら」などとはっきり言ってはいけません。下手をすると脅迫罪になり兼ねません。あくまでもそういったニュアンスで伝えるのがコツです。

 

掴んだ証拠は最後の切り札にする


浮気をした証拠をつかんでいるときは、その証拠をすぐに出すよりも最後の切り札として取っておきましょう。話し合いの最中に嘘が多かったり反省をしていないとき、示談の話し合いが上手くいかないときに完全なる浮気の証拠があることを伝えると効果的です。

証拠があれば調停で負けることは相手もわかるはずです。嘘をついたり反省がないことを証拠をネタに慰謝料を高額につり上げることも可能になるでしょう。せっかくつかんだ証拠です。自分に有利になるように活用してくださいね。

 

浮気の慰謝料請求に時効はあるの?


浮気の慰謝料を請求できるのは、浮気を誰としているのかがわかった日から3年間となっています。浮気をしているとわかっても相手の名前や住所がわからない時間はカウントされないので注意しましょう。しかし、この3年間が経過しても請求できないわけではありません。

3年経っても浮気をした人間が「時効なので慰謝料は請求されても支払いません」と意思表示をしない限り請求する権利は続きます。また、20年間経過すると様々な法律に関する権利が消滅する除斥期間というものがあります。これは問題を長引かせないための制度として決められているもので、浮気の慰謝料は浮気が始まった日からカウントされるので覚えておきましょう。

 

いかがでしたか、浮気の慰謝料の相場は心の苦痛に反して案外低い金額でしたね。浮気をした側の人間にもう浮気はしないと自覚させるためにも、新たに離婚して新生活をスタートさせるためにも浮気の慰謝料は高額で請求したいものですよね。

しかし、浮気をしたのに反省をする人ばかりではありません。むしろ開き直って逆ギレして怒りをぶつけてくる人もいるかもしれません。お金が絡むと人が変わる人だっています。なによりも大切な人の裏切りに傷つき、慰謝料の話し合いがこじれてさらに傷をえぐられることも…

こんなに傷つくくらいなら慰謝料などいらないという考えもありです。まずはあなたの幸せを一番に考えて下さいね。また、暴力をふるわれるなど身の危険を感じる時にはやはり弁護士を立てて裁判で決めてもらいましょう。

まとめ

浮気の慰謝料を増額させるには

・慰謝料の相場は約100万〜300万
・少しでも高額にしたいなら示談交渉
・浮気を知られたくない心理を利用する
・掴んだ証拠は最後の切り札にする
・浮気の慰謝料請求は3年以内に

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント