うつ病の原因は何?正しく理解してうつを予防する9つの知識

Laying back in a chair

今日では、現代病と言われるほど増えてきている「うつ病」。なんとなく言葉は聞いたことがあったり、身近な人にうつ病の人がいるけど、結局はどんな病気なのか分かっていないといった人は山ほどいます。

家族でさえもなかなか理解に苦しむ「うつ病」。いったい原因はなんなのでしょうか。うつ病にならないためには?といった疑問を解決すべく9つの知識をお教えしたいと思います。



 

うつ病の原因は何?
正しく理解してうつを予防する9つの知識

 

原因は一つではない事を心得る


よく世間一般に言われているのは、「うつ病」と聞くと「怠けているからなったんでしょ」とか「甘えてるからなったんでしょ」とか「努力が足りない」などといった否定的な言葉があります。うつ病の原因は沢山あります。一つの原因だけでは絶対なりません。

いろんな要因が集まり、時期やタイミングなどが合わさったときに、初めてうつ病の初期症状が現れ、徐々に悪化していきます。複雑な病気なのだという知識を最初に覚えておきましょう。

 

ストレスが引き金になるケ-スが多い


一つ目に「原因は一つではない」ということを覚えましたが、発病にはきっかけがあり、本当に些細なことや言動などで発病する場合もあります。ようは「きっかけ」ということになります。

一般的に言われているのが就職や結婚、出産、家庭環境、人間関係のトラブルなどあげるとまだまだありますが、一番多いのが「ストレス」と言われています。ストレスは体の症状や、心の症状、いろんな形ででるので本当に怖いです。その表れの一つと考えても間違いではありません。

 

うつ病になりやすい気質がある


例えば、あまり物事を深く考えない人は、いつも笑っていますし、多少のことも苦痛に思わないのでストレスも溜まりませんよね。そういう人はうつ病になりにくいと言えます。

逆に、とても神経質で細かい髪の毛も毎日拾っているような、家に溜まる埃が気になって気になって仕方ない人は、そのことに集中しやすいので人より疲れやすかったり、イライラしたりしてストレスが溜まりやすいですよね。そういった人は「引き金」になりやすい要因があると言えます。このように、気質・性格が関係しているとも言われます。

 

自己評価が低い人がなりやすい


「自己評価」とは自分のことを信じる気持ちや自信のことなのですが、うつ病になる人はこの自己評価が低い人が多いと言われています。自己評価は自分で作るというよりも家庭環境が関係していると言われています。

小さい頃から自分のことを愛してくれる家庭や親戚、友達、自分に関わる人間関係から培われるものですが、家庭環境がずさんだったり、愛されなかったり、けなされることばかりいると、自分に自信が持てなくなりマイナス感情の方が膨らんでしまって、前に進めなくなってしまいます。自分だけではどうしようもないことも病気に関係しているということもとても大切なことです。

 

脳が働きすぎるとパンク状態になる


刺激は脳を活性化するので、とてもいいことだとされています。現に痴呆にならないように、なるべく脳を使うように提唱されていたりしますよね。ただ、例えば仕事で残業が続いたりすると、朝から晩まで仕事のことを考え、家に帰るのは寝るだけ。

さらに明日のために疲れが溜まらない様にと体は休めるけど、頭の睡眠時間はどんどん短くなっていきます。朝から晩まで、毎日毎日残業で仕事仕事と、刺激とストレスがどんどん溜まっていくと、頭の中で限界が起こりパンク状態になります。そしてある日、突然睡眠障害や、記憶障害などの初期のうつ病症状が現れるといったことが起きます。

 

我慢がストレスになります


これくらいは、いいか!とか、これくらいは仕方ないかと、自分の気持ちを大切にせず、相手を思いやる行為や、仕事の面で自分が思った以上の仕事を引き受けてしまったなど、たいしたことないかなと思われがちな感情も、少しずつ溜まっていき、それがストレスとなって爆発します。

自分の気持ちに嘘をつく行為は後になって自分に返ってきてしまうのです。我慢はなるべくしないようにしましょう。

 

ホルモンバランスの崩れは怖い


例えばイライラしたり、眠れないといった症状があるにもかかわらず、忙しいからなどといって放っておくと、それがストレスに変わっていきます。ストレスは目に見えませんが、体に確実に変化を起こします。

緊張したり、血流が悪くなったり、そうしているうちに、正常に分泌していたホルモンなどがストップしてしまったりしてバランスを崩してしまうと、体にいろんな症状が現れて、どんどん悪化していきます。体に症状がある場合は、体からのサインですので、見逃さずにすぐに対処するように目を向けると防止しやすいです。

 

家庭環境の影響大


先ほど少し書きましたが、自分の力ではどうしようもない原因というのがあり、その一つに家庭環境があります。特に幼少期からの家庭環境は人格を作るうえではとても大切な時期になります。

その時期に家庭が複雑で愛情をもらえなかったり、粗末に扱われたり、「自分はこれでいいんだ」という自己肯定感などを得られないと、自分に対して自信が持てなかったり、すべてを否定的に捕らえてしまいがちです。

また幼少期以外にも結婚してからの生活が人生を一変するような激的変化があったりすると発病しやすいと言われています。いかに自分の近い存在、愛情、人間関係などが大切かということがわかります。

 

怒りや悲しみを貯めないようにしよう


自分の感情をうまく表現できなかったりすると、それがストレスとなって溜まっていきます。また怒りが多ければ多いほど、悲しみが多ければ多いほど、貯金のようにストレスとなって溜まり、最後には爆発して自分に返ってきます。

負の感情はなるべく早めに外に出すようにして早期発見に対処すると、病気になりにくい気質になります。

 

いかがでしたか?

うつ病は病気の発病理由が複雑なため、なかなか理解してもらえなくて、周りに傷つけられてさらに悪化するケ-スが多いものです。また、周りが理解するには本当に時間がかかり、また一緒にうつ病に引きづられてしまうこともあります。

正しい知識さえあれば、誤解もなく、傷つけることなく二人三脚で病気に立ち向えることになります。また、病気の特徴や習性を理解しておくと、予防にもなりますよね。この記事があなたにとってお役に立てる記事であることを祈っています。

 

まとめ

うつ病の原因は何?正しく理解してうつを予防する9つの知識

・原因は一つではない事を心得る
・ストレスが引き金になるケ-スが多い
・うつ病になりやすい気質がある
・自己評価が低い人がなりやすい
・脳が働きすぎるとパンク状態になる
・我慢がストレスになります
・ホルモンバランスの崩れは怖い
・家庭環境の影響大
・怒りや悲しみを貯めないようにしよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント