鬱の診断を受けて不安なとき、心を癒す5つのリラックス術

鬱の診断を受けて不安なとき、心を癒す5つのリラックス術

心がもやもやしたり、突然涙が止まらなくなったりして自分でもおかしいなと気づいたり、周りの人に勧められて精神科や心療内科を受診する人が増えてます。そんな時は自分でも驚きますが、鬱の診断を受けることもありますよね。

まさか自分が鬱の診断を受けるなんてと戸惑ってしまったり、不安になってしまうでしょう。しかし、早めに鬱と診断されたことで治療もできるし、早期回復も可能なんです。早く鬱と診断されて良かったことだと思いましょう。

しかし、そんなこと言ったって治るんだろうかと不安でいっぱいですよね、そこで今日は鬱の診断を受けて不安なとき、心を癒す5つのリラックス術についてお伝えします。

心がもやもやしたり、悩んだりしたら試してみましょう。また、自分でなくても、家族や恋人、友達が鬱の診断をされたときにでも試してあげてください。きっとリラックスできるはずです。



 

鬱の診断を受けて不安なとき、
心を癒す5つのリラックス術

 

気持ちが落ち着く音楽を聞こう


鬱の診断を受けて不安になっているときは心が沈みがちです。そんな時に無理してロックや激しい曲を聞いても心が癒されませんし、余計に暗い気持ちになってしまいます。

気持ちが落ち着く音楽を聞いて心の不安を少しでも軽くしましょう。小川のせせらぎやオルゴールの音楽、一部のクラシックを聴くと脳からα波が出ると言います。このα波が出るとストレスを沈める効果やリラックスする効果があるといいます。

また、体の免疫力を上げて病気の予防にもなるのです。鬱の診断を受けた時は何もしたくない気持ちになっているでしょう。ゆっくりしているときにこの音楽を聞いて無理しないようにしましょう。

 

できるだけ何もしない時間を作って休息しよう


鬱と診断された人はいままで頑張ってきた人です。むしろ頑張りすぎて体も心もオーバーワークになってしまっているのです。そこで、できるだけ何もせずにのんびりできる時間を持ちましょう。そんなこと言ったって忙しいんだと思うかもしれません。

そんな時は10分間だけなにもせずに目をつぶって心の中を空っぽにしたり、いつもよりすこしだけ早めに寝たり、パソコンや携帯を見ない時間をつくったりしてみましょう。今すぐに変えられないことは少しずつ変えていけばいいんです。のんびりした気持ちを持ちましょう。

 

思いっきり泣ける映画を見よう


鬱と診断された人はいままで頑張りすぎてしまっている人が多いです。そんな場合は心の中にストレスやイライラもやもやした気持ちをため込んでしまっているのです。

自分ではなかなか我慢強く溜め込んでしまっているので、その感情を思い切って外に出してしまいましょう。泣ける映画やドラマをみて思いっきり涙を流すことで溜め込んだ負の感情が涙と一緒に流れていきます。

感情を外に出してもいいんです。無理して笑わずに、負の感情を外に出してリフレッシュしましょう。思いっきり泣いたらすっきりしますよ。

 

思いっきり深呼吸してみよう


呼吸は感情に影響を及ぼしています。鬱と診断された人の多くは深く呼吸ができていない人がほとんどです。イライラしたり、不安な気持ちになるときには人は呼吸が浅く、早くなるのです。そこで、ゆっくり大きく深呼吸してをしてみましょう。

深呼吸をして息を吐き出す時に思いっきり自分の嫌な事を外に出す気持ちで息を吐いてください。不思議なことに気持ちがすっきりします。また、呼吸によって脳に酸素が十分に周ります。脳がリフレッシュすることでもやもやした気持ちを一度リセットすることができます。寝る前に深呼吸を行うとぐっすりと眠れるようになります。

 

家族や友人、ペットなどほかの人のそばにいよう


もしも鬱と診断されたらどうしても他人と接触したくない、一人になりたいという気持ちになってしまうかもしれませんが、それは逆効果です。誰かの傍にいたり、動物と触れ合うことがリラックスになります。孤独になると人はストレスを感じてしまうのです。

家族もいないし、友人も忙しそうでペットも飼えないなんて人は観葉植物でもよいですし、整体やマッサージなど人と触れ合うリラックスできる施設に通っても同じ効果が得られます。

動物園や水族館、ペットショップなどでも癒される効果があります。ただし、外出しようとすると気分が悪くなったり、体調が悪くなる場合は無理して外に出ないでくださいね。

 

いかがでしたか。

鬱は心の病なのでけがや病気などのように自分にも他人にもわかりにくいものです。自分でもなかなか気づけなかったり、周りの人にも気づいてもらえない事が多いのが現状です。しかし、いつもと体調が違うときは早めに病院を受診するようにしましょう。

鬱と診断されてしまっても不安にならずに、今日お伝えしたリラックスの方法を参考にしてください。いままでかかったことない病気で不安かもしれませんが、頑張りすぎてしまった自分のためにもゆっくりと休養をとり、心も体も休めていきましょう。

とにかく今は無理が禁物です。仕事が忙しいと思って無理をしたり、家族がいるから家事や仕事が休めない、家族に悪いなどと思って鬱と診断を受けてもいままでどおりまたはそれ以上頑張ってしまう人がいますが、それは病気を悪化させてしまいます。

欝の診断を受けて不安なときは、無理をせずに、休みましょう。今日お伝えした方法は簡単にできて効果がしっかりとしたものばかりです。ぜひ試してみてください。

 

まとめ

鬱の診断を受けて不安なとき、心を癒す5つのリラックス術

・ 気持ちが落ち着く音楽を聞こう
・ できるだけ何もしない時間を作って休息しよう
・ 思いっきり泣ける映画を見よう
・ 思いっきり深呼吸してみよう
・ 家族や友人、ペットなどほかの人のそばにいよう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント