鬱の症状かと心配な時に奨める、早期発見と予防のコツ

鬱の症状かと心配な時に奨める、早期発見と予防のコツ

最近気持ちがネガティブになっている、気分転換してもなかなか気持ちが切り替えられない時はありませんか。そんな時これは鬱の症状ではないかと心配になりますよね。鬱の症状が出てきて重くなってからではなかなか病気を治すことが大変になるので、早期発見して予防していくことが重要になってきます。

鬱はどんな人にでも起こりうる病気です。自分は違うと思わずに少しでも心配になったら発見して予防していきましょう。また、友人や家族がそうでないかと思う場合もありますよね。いろんな鬱の症状がすでにでていたとしても本人は気づかないこともあるんです。

そこで、周りの人が気づいた場合には今日の記事を読んで早期発見してあげてください。今日は鬱の症状かと心配な時に奨める、早期発見と予防のコツについてお伝えします。



 

鬱の症状かと心配な時に奨める、
早期発見と予防のコツ

 

急に性格が変わってしまった場合は鬱の初期症状の可能性があります


明るかった人が急に人が変わったように暗くなったり、おしゃべりが大好きで毎日挨拶してくれる人が急にしゃべらなくなったり、また、明るく朗らかな人がイライラして感情を急にあらわにしたりしているときは鬱の初期の症状があらわれているかもしれません。

また、いつもやる気で満ち溢れていた人が急になにもしたくない、なにをしてもやる気がでなくなってしまった場合も鬱を疑う必要があるかもしれません。その日一日だけそんな状態であるならたまたま気分がすぐれなかっただけかもしれませんが、その状態が続くようであれば注意が必要です。

本人は気づいていないかもしれませんが、周りが気づいて病院に行かせたり、少し休養させてあげたほうがよいでしょう。自分でもおかしいなと感じた場合は無理をせずにそのストレスの原因を発見してストレスから少し遠ざかってみましょう。

 

寝る前には嫌な事は何も考えないようにしましょう


最近布団に入ってもなかなか眠れないことがある、または寝ても4時頃に目が覚めてしまい、それから眠れず悶々と考え事をしてしまうことがある。あるい眠っても眠りが浅く、怖い夢や苦しい夢ばかりみているなどありませんか。

これらのことが続く場合も鬱の症状である可能性があります。寝る前に嫌なことやストレスとなる事を考えてもんもんとしてしまいずっとそのことを頭で考えている状態になっている可能性かあります。寝る前にストレスや嫌なことを考えて寝てしまうと寝ている間中嫌だったことを脳がリピートしてしまっているのです。

そうすると寝ていてもリラックスできずにむしろ疲れてしまっていますよね。そんな時には寝る前に運動して体を疲れさせて何も考えないようにしてから眠ってみてください。なにも考えないことが大切です。

 

自己否定ばかりし始めたら自己肯定を心がけよう


もともと自己評価が低く、「自分はだめな人間だ」「周りの人にはいつも迷惑ばかりかけている」といったような自分を否定したり責めたりすることを考えている人は鬱の症状がでやすい人です。軽い段階で自分で気づけたら自己肯定を行いましょう。

また鬱の症状ががすすんでくると、「自分には生きている価値なんてない。」「死んだ方がいい」などと、思いこむようになるんです。そこまで鬱の症状が進んでしまうと取り返しのつかないことになりますので、そこまで鬱の症状が進む前に病院へ行くことやカウンセリングを周りの人がすすめましょう。

もともと明るくてポジティブだった人が急にそんな風に自己否定ばかりしているようになったら注意が必要です。

 

自律神経が乱れる症状が出た場合は無理せず休養しましょう


鬱の症状は心だけでなく体にも出てきます。特に自律神経が乱れ、自律神経系の症状が出やすくなるんです。例えば「口の中が渇いてお茶ばかり飲んでいる」「急に頭が重たい気がする」「今までは普通だったのに便秘や下痢に悩まされるようになった」「耳鳴りがする」「手足の冷えやしびれがある」などの症状です。

また、眠れなくなった場合や食欲がなくなった場合など今までなかったのにこのような症状が現れた場合は鬱の症状がでているかもしれませんので注意が必要です。できるだけリラックスできるような時間を設け、頑張りすぎないようにしましょう。

自律神経が乱れるといろいろな病気を引き起こしやすくなります。つらいのは自分自身ですので、無理をせずに休養しましょう。また、これらの症状が出て病院に行っても原因がわからない時は鬱かもしれませんので、心療内科など専門の先生にみてもらいましょう。

 

何に対しても無気力になった場合は病院へいってみましょう


今まで楽しくやっていたことや趣味が急に楽しくなくなった場合、なにをやっても疲れてヤル気がおきない場合も鬱の症状があらわれているかもしれません。突然の事だと自分でもなんで急にやる気がなくなったのかよくわからないですよね。

周りの人も気づいたら気にかけてあげましょう。自分でおかしいなと気づいたらネットなどで鬱の症状をまとめてあるチェックシートなどがありますのでチェックしてみましょう。

何にたいしてもやる気がでなくなっている場合、鬱の症状が進行していることがありますので、少しでもおかしいなと思ったら休養をとってみたり、思いっ切って病院へ行ってみてください。早期発見と治療が大切です。

 

いかがでしたか

今日は鬱の症状かと心配な時に奨める、早期発見と予防のコツについてお伝えしましたがあてはまることはありましたか。鬱は誰にでも起こる病気です。まさか自分が鬱なるなんて思わなかったという人がほとんどなんです。しかし、何かの拍子でなってしまう場合が誰にでも起こり得るのです。

そんなときには鬱の症状を確認して早期に発見をして治療することが大切です。悩まずにまずは信頼できる人に相談することからはじめてみてはどうでしょうか。

少しでもおかしいなと自分で気づけた場合はネットなどで鬱の症状をチェックすることもできますし、周りの人が鬱の症状にあてはまるものがある場合は休養をすすめたり、病院をすすめたりしてみましょう。鬱の症状が悪化すると治りにくくなってしまったり、本人が頑張りすぎてつらい場合がありますので、できるだけ早期発見、治療ができるようにしましょう。

 

まとめ

鬱の症状かと心配な時に奨める、早期発見と予防のコツとは

・ 急に性格が変わってしまった場合は鬱の初期症状の可能性があります
・ 寝る前には嫌な事は何も考えないようにしましょう
・ 自己否定ばかりし始めたら自己肯定を心がけよう
・ 自律神経が乱れる症状が出た場合は無理せず休養しましょう
・ 何に対しても無気力になった場合は病院へいってみましょう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント