うつ病の原因にとらわれず正しく静養し回復する7つの方法

うつ病の原因にとらわれず正しく静養し回復する7つの方法

「自分はうつではないか?」もしそんな疑念が自分自身の中で生じた時、あなたはどうしますか?そんな時はまずはうつ病が特別な病気ではなく、誰もがかかる可能性のある病気であると認識してください。

現在うつ病の患者数は100万人以上と言われています。毎日のように会い、いつもと変わらぬ様子で会話をしている誰かが、実は表面的に出ていないだけで、実はうつ病になってしまっているということも言える程の患者数なのです。

うつ病の原因は脳内で感情をコントロールしているの神経伝達物質の減少と言われております。なぜ、こうしたことになるのか。その大きな要因として考えられているのが「ストレス」です。

現代社会は便利になった分、仕事や、人との関わりから解放される時間が減り、必然的に多くの方がストレスを抱えて過ごしておりますので、誰もがうつになる要因を持っているといえます。では、もしなったときどう対応すべきか。順番に快方へ向かうための方法を7つご紹介します。



 

うつ病の原因にとらわれず
正しく静養し回復する7つの方法

 

病院に行きましょう


何となくだるい、気力が無い、こんなことで病院に行くのはばかげていると思う方もいらっしゃるかもしれません。確かにこうした症状は誰もが感じることがありますが、その状態がいつまでも解消されない場合はいずれ治るからと高をくくらず、病院に行くべきです。

普通外傷や、内科系の病気の場合、見た目にも衰えが感じられ自分自身でも、また周囲の人からもSOSを感知しやすいのですが、うつの場合、自分自身でもうつではないと否定したい気持ちも働き、周囲にも気づかれないよういつも以上に元気な自分を演じてしまいます。

そうした日々のストレスがうつの症状により拍車をかけ、ようやく周囲が気付くころには重症化し、復帰までの道のりも長くなりかねません。

もし、「この頃の自分はいつもの自分と違う」「何だかか辛い」と気になる方は「今の自分の悩みを聞いてもらおう」という軽い気持ちで心療内科に出かけ自分自身の現状を理解しましょう。まずはここからがスタートです。

 

太陽の光を浴びましょう


お医者様でお薬等処方されたら、有効な生活環境づくりを始めましょう。初めの一歩は、朝起きたらカーテンを開け、部屋の中に朝日をたっぷり取り込みましょう。太陽の光を感じると人は胸の奥に温かさを感じます。

これは、ストレスを抑制する「セロトニン」という物質が脳内で既成されるため。特に朝日を浴びることは効果的です。また、昼間も天気の良い日には、少しでも屋外での時間を作りましょう。

ただし無理や強制は禁物ですので、ちょっと庭先に出る、ベランダに出る程度からでも大丈夫です。太陽の温かさが優しくあなたを包み込み、鬱の原因を緩和させ癒してくれますよ。

 

植物を育てて見ましょう


少し気持ちに余裕が出来たら、植物を育てて見ましょう。日々成長し、花を咲かせる姿は、あなたの中にも活力という名の花を咲かせてくれます。人は他の生き物を育てることで癒されます。

動物によるセラピーもございますが、実際に動物を飼うとなると住宅事情や、ご自身の状況によっては世話を焼くことが余計なストレスになる場合もございますので、まずは静かにあなたと共に生活をしてくれる鉢花がよろしいと思います。

お花屋さんに出かけ室内栽培向きの一鉢を探してみましょう。その一鉢があなたに寄り添い、静かに力づけてくれますよ。

 

今の自分自身を書きだしましょう


ほっとする時間をつくれるようになったら、自分の中に湧き上がる不安と向き合ってみましょう。おそらくあなたは今の状況を人には話していないことでしょう。それは他の人に話しても理解してもらえない恐れがあるため。

眼に見えない痛みはなかなか理解されないのはいたしかたないこと。それなら、まず、自分自身が自分の鬱節した気持ちを理解してあげましょう。

その為にお勧めなのは闘病日記を書くこと。言葉に置き換えることで客観的に自分の状況をとらえることもできます。もし、ペンをとって書こうと思っても書き出せない人はブログでも良いでしょう。

キーボードで打ち込むという作業は想いを言葉に変換し易いものです。その際、はじめのうちはコメントは非承認にし、アクセス数も見ない方が良いでしょう。

そして個人情報や、ご自分であることが推測されるような画像のアップはしてはいけません。あくまで自分だけと向き合い、うつ病の原因が何であるかを自覚するためのツールとして活用してください。

 

軽い運動をしましょう


うつ病の時はなかなか気力もわかず、部屋の中で横になって過ごしたいと思われる方が多いでしょう。でも徐々にお薬の効果が感じられ気分も安定してjきたら、体を起こして日常生活に近づけてください。

横になって過ごし続けると血行も悪くなり、筋力も衰え、身体的な体調不良をより促進させてしまいます。そんな時には軽い運動がお勧めです。

外に行ってジョギングをしたり、スポーツクラブに通ってとなるとハードルが高くなってしまいますので、まずは室内で簡単にできるストレッチや、ヨガ、ラジオ体操などがお勧めです。

少しでも体を動かしますと血流の流れが良くなることで爽快感を感じ、沈み込んだ心を浮上させてくれますよ。

 

外に出かけましょう


気持ちが上へと向かい始めたら、思い切って外へ出かけてみましょう。はじめは自宅周辺を軽く散歩するだけでもかましません。木々の芽吹きや、花の開花など自然界の生命力は力強く、自分の中にも活力を芽生えさせてくれます。

そして、徐々に自信がついてきたら街のへと繰り出してみましょう。様々な音楽、ファッションなどが、あなたの中に新たな楽しみを呼び覚まし、うつ病の原因を克服できるきっかけとなるでしょう。

 

自分自身を誉めましょう


さあ、少しずつ回復へと向かい始めたあなたにとって大切なことは「自分を誉める」ことです。なぜやる気が失せたのか、なぜ自信が持てなくなったのか、様々なうつ病の原因を先の日記を記載する際に記載されたことでしょう。

そしてきっとあなたはその原因を克服しよう神経がダウンするくらい頑張ってきたのでしょう。そんな自分をもっと褒めてあげましょう。結果が出なかった、思うようにことが進まなかった、そんなことは関係ありません。

あなたは一生懸命自分の人生に立ち向かってきたのですから。さあ、大きく胸を張ってうつ病のケージから飛び立ち、新たな人生を踏み出しましょう。

 

いかがでしたか。

うつ病は、回復までの道のりが長くなる病と言われております。そのためこちらに上げさせていただいた方法も、人によってはなかなか実践できないこともあるかと思われます。

更年期が引き起こすうつ病(退行期うつ病)や、頭痛、体のしびれなどを伴ううつ病(仮面うつ病)などの場合、体自体に不快な症状が現れますので、辛い場合は無理をする必要はありません。

また、昨日は出来たのに今日は全然できないという日もあるでしょう。そんな時、「自分はダメなんだ」と否定的な考えだけは持たないようにしてください。ほかの病気でもリハビリの際、うまくいかない日だって有ります。決して焦る必要はありません。

必ず解放できる病気なのだと信じて、ほんの一歩、もし一歩が難しい時はその半分でも全然構いませんから、ご自分のペースでゆっくりと治療の道のりを歩み始めましょう。

 

まとめ

うつ病の原因にとらわれず正しく静養し回復する7つの方法

・ 病院に行きましょう
・ 太陽の光を浴びましょう
・ 植物を育てて見ましょう
・ 今の自分自身を書きだしましょう
・ 軽い運動をしましょう
・ 外に出かけましょう
・ 自分自身を誉めましょう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント